バードカフェ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ナニモノかがウィキペディアに「バードカフェ」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました
上が広告、下が実物

バードカフェ(鳥の餌場)あるいはバーカ・ド・フェ横浜市藤沢市にある、腐敗発酵おせち販売業者。グルーポンと結託して自称定価2万円の御節を1万円で500個販売、その中身のインパクトから大評判となった。4人前。社長は水口憲治。

会社概要[編集]

株式会社SURF CAPP(外食文化研究所)
種類 株式会社(非上場)
設立 1999年3月3日(外食文化研究所)
業種 食品関連業
事業内容 おせち料理通信販売、飲食店経営
代表者 水口憲治(2011年1月1日付けで辞任→後に復帰)
資本金 500,000,000,000(Pチーズ)
売上高 350,000,000,000,000(Pチーズ)
従業員数 250人(2010)
関係する人物 堀江貴文井戸実

「毎年同じような内容で飽きるおせち料理に新風を!」というキャッチフレーズで設立された、おせち料理販売業者である。正式名称は「外食文化研究所」であり、本項名である「バードカフェ」は副業で行っている飲食店であるが、その「バードカフェ横浜店」は後述の通り神奈川県内では他に類を見ない人気店でもある。ほか「うる虎」などのDQNネーム飲食店も経営している。

社長やその関係者らがtwitterブログなどで連日業務状況を(時には写真付で)公表しており、機密情報の漏洩顧客へのメッセージ発信を積極的に行っている点も特徴である。

おせち2011年[編集]

バードカフェのおせちは非常にユニークな盛り付けで好評を博した。一見すると、あるいは無教養な凡人からすると犬のおせち以下のクズ残飯にしか見えないこの盛り付けは、おせちを芸術作品として再認識し、そのように取り扱ったものである。ある人はこれを福笑いに見立てたのではないかと推察し、またある人はピカソを真似たのではないかと評している。これらはふらんす亭オーナーも絶賛するなど、飲食店業界からは「おせちの革命児」との呼び声も高い。

なお盛りつけについては、当初購入者を募集した際にはごくありきたりの、やや盛りすぎただけのおせちであった。しかしこれに満足しなかった社長は、箱や仕切り、盛り付け、そして料理の内容までも変更し、芸術作品とも呼べる代物を作り上げた。ただしそのため製作費用が目標(1000円)を大幅に上回ってしまったため、1セットあたりの中身を減らしている。箱については本来は9つに区切られた漆塗りの重箱の予定であったが、あまりに伝統にとらわれすぎているとして、金色の紙箱を凶の形に仕切り4つ(死)切りとした。中身についての大きな変更点は後述する。

たった一日で20万アクセスを達成。

製造[編集]

本来の献立。後に内容が一部変更された。

製造は横浜のバードカフェ横浜店で行われたと言われている。食べログでは神奈川県内の他店舗とアクセス数で10倍の差をつけるほどの超人気店である。製造は主にバイトが行ったが、社長も製造に携わった。管理栄養士や調理師が作業に加わったか否かはお察し下さい。なお、社長の方針(調理も芸術)から、抗菌キャップにゴム手袋、白衣などは野暮ったいとして、好きな髪型、私服(ファーつきジャンバー含む)や素手(寿司屋だって一流店は素手である)での調理を徹底した。また、室内の気温を下げるためにドアを開けて外気をふんだんに取り込んだ。クリスマス直前のこの季節にも関わらず、横浜の最高気温が 17 ℃を記録していて、作業に適していたものと思われる。

さらにおせち料理を厨房ではなく、客席で作るという手法をとっており、「おせちをお店で注文した」という事ではなく、「客も一緒に作った」という雰囲気を提供することによって、姑にグチを言われたくない嫁にとってありがたいサービスになっているという。しかしながら、実際にこれを姑の所に送ったとしたら何を言われるかはお察し下さい。さらに客も一緒になって作ったという概念は、仮に食中毒を起こしたとしても自己責任という判断になる可能性がある。

JAS 法によって、原材料や保存方法を包装に表示しなければならない可能性がある。が、このおせちにはそれがない。おせち担当者が、家族から、手抜きで既製品を買ったという指摘を受けにくくするよう、製造元の気づかいである。

配送[編集]

配送は芸術作品を崩さないために業者を厳選し、なるべく冷めていない御節を届けるためにクール便ではなく常温便で発送した。しかし、配送業者への手付金を渋ったために遅配が生じてしまった。

重箱[編集]

重箱は当初の予定(サンプル)段階でオーソドックスな九つ仕切りとなっていたが、急遽四つ仕切り(四に仕切る:死に死切る)に変更された。これは苦(九)に甘んじる程度なら死(四)を選ぶという武士道の精神を体現したものとして評価が高い。ほか、仕切り板の十字が輸送中にずれ、最終的に「凶」の一字を各重が形成することまで計算され尽くした、まさに随所に神経が行き届いた芸術的な整合性を見せている。

中身[編集]

タイプB。当たり

中身については、ロットによって若干の差がある。プレミアなおもちゃだってロットによって差があるのと同じである。ましてやバードカフェおせちは500個限定である。いまのところ判明しているものとしては

  • エビが1つも入っておらず、パセリもついていないタイプ(A)
  • エビが入っているがパセリがはいっていないタイプ(B)
  • エビもパセリもはいっているタイプ(C)

がある。Bについてはエビの本数にばらつきがあるともされるほか、Cのパセリについては初期ロットには山盛りに入っているとも。なお、品数は33を予定していたが急きょ32になっている。しかし実物は芸術性を重視したため25品程度。また、ごく稀に1セット分追加でサービスされていたことも判明。その確率はアイスキャンデーの「当たりがでたらもう一本」とほぼ同じであると見られている。なお、タイプ(A)については撮影者が邪魔なので取り外したという情報もあり。

一の重[編集]

チーズが素晴らしい

一の重はバードカフェがもっとも力を入れた部分である。献立は本来

  • 国産和牛ロースト
  • 生ハムとカマンベールチーズ
  • 手羽中の醤油煮                    
  • 名古屋コーチンもも肉の燻製
  • フランス産シャラン鴨のロースト
  • 砂肝のコンフィ マスタードソース
  • 肉巻きのロースト
  • 鹿児島産黒豚の京味噌漬け

のはずであったが、鴨は岩手産合鴨、国産和牛は国産牛(乳が出なくなったホルスタインの婆牛や、乳牛用のはずが生まれてきたらオスだったハズレ牛でもOK。もちろん口蹄疫で処分された牛も)、鹿児島産黒豚はアメリカ産豚バラ肉、名古屋コーチンは歯ごたえがありすぎるので普通のブロイラー(卵を産まなくなったレグホンの廃鶏をブロイラーと呼称?)のもも肉になっており、また肉巻きのローストは市販品のチキン八幡巻き、砂肝のコンフィはドブマヨネーズソースに変更となっている。最大の特徴は生ハムとカマンベールチーズであり、生ハムは市販品だがチーズはカマンベールではなくクリームチーズが1切れ(人切れ。人殺しをしろ)入っている。これは8p(ハッピー)チーズという代物で、文字通りハッピーなおせちにふさわしい。また、和牛ローストはたたきに変更されているが、調理ではレアにとどめて配送中に「腐りかけがうまい」肉に仕立ててある。手羽中、鴨も同様の調理方針である。和牛の入っている数は3切れ(身切れ。切腹しろ)でありゲンを担いでいる。鴨はシャラン鴨(腐りかけ)(Canard Challandaise)なのか、シャラン地方の鴨(Canard de Challands)なのか詳細は全く不明。シャラン鴨であれば、日本で数店舗しか仕入れられない月産600羽の超貴重品である。[1]それが本物なら3切れも入れられるという、素晴らしいゲン担ぎをしている。もっとも、実際には前述の通り岩手産のためどっちだろうがまったくもって関係ない。

二の重[編集]

黒豆が芸術的である

おせちにおける二の重はお決まりのものが入ると決まっているため、盛り付けで個性をだしている。やはり中身に変動があり、本来は

  • 海老芋と京人参、小堂院大根の炊き合わせ
  • 彩野菜のピクルス 黒酢風味
  • くわいのバルサミコ風味
  • のグリエ
  • 紅白なます
  • 蓮根の甘酢漬け
  • 丹波の黒豆
  • 紅白嘉蒲鉢
  • 栗金団
  • 伊達巻
  • 数の子の冷製

であったが、お決まりのものが多くやる気がでなかったらしく、紅白なます、栗金団、蓮根の甘酢漬け、伊達巻は市販品、海老芋はすでにカットされている業務用、小堂院大根の炊き合わせは聖護院ダイコンとなっている。ただし、一見市販品に見える紅白嘉蒲鉢(紅白嘉蒲鉾は誤り)に関しては、そもそもかまばちという商品の正体が不明であるため、オリジナルの可能性が鳥おせち学会により指摘されている。 なお、丹波黒豆は中国産のブドウ豆と指摘されつつも、そのあまりに儚げでけなげな一粒が多くの人々の共感を呼び、折れたはじかみが涙を誘うとの指摘もあり物語作品を生み出すに至った。 くわいは日本でいう慈姑(芋のようにねっとりしている。でかくて芽がついてる)ではなく、缶詰の黒クワイ(シャクシャクしている。楕円形で小さい)である。これは中華料理で使われる食材で、横浜らしさを出すための独自仕様。なお、数の子の冷製は塩カズノコであるが塩抜きを忘れてしまった。筍のグリエは水煮のものを焼いただけである。なお、広告には無かったが、市販の叩きゴボウがおまけとして追加されている。ちなみにピクルスは黒酢ではなく通常の酢に変更されているなど、やる気の無さが漂う。

三の重[編集]

右下にあるのがエスカベッシュらしき物体
ホテイウオ(上)とキャビアの代用品であるその卵(左下)右下が本物のキャビア

三の重は魚介が多い。広告ではいくらをしょうゆで煮るなど非常に独創的なメニューであったが、残念ながら変更も多い。本来は

  • 鮑の冷製作
  • 帆立の瞬間スモーク
  • キャビア
  • 鰊の昆布巻き
  • ノルウェースモークサーモン
  • 海老のテリーヌ
  • 田舎作り
  • いくらの醤油煮
  • 〆鯖の棒寿司
  • 人の指垢
  • フカヒレのにごり
  • 蟹爪のフリット
  • 牡蠣のエスカベッシュ
  • 才巻き海老の白ワイン蒸し                     
  • 焼き蛤

であったが、焼き蛤は斜線が引いて消されていた。また、鰊の昆布巻きは他の食材と合わせるためあえて口当たりの軽いワカサギの昆布巻き(市販)に、才巻き海老の白ワイン蒸しは有頭海老(中国産ボイル有頭エビ)の冷凍品に変更されているが、味わいを深めるため常温で保管した絶品。しかしながら、田舎作りは正直に田舎作り(タヅクリ)(市販品)であり、いくらの醤油煮はいくらのしょうゆ漬け(市販)と思われていたがそのままの名を冠する商品の存在が確認され、現在鳥おせち学会に激震が走っているかも知れないしそうでないかも知れない。もっとも、このおせちに入っているのはどう見ても醤油漬けである。

ホタテは瞬間スモークから醤油煮に変更となっている。ただしどう見てもおつまみの燻製ホタテである。鮑(床臥を鮑と偽装)の冷製、サーモン(サケ目サケ科サケ属サケ種か否かは定かではない)、蟹爪のフリット(フライ)は市販品(品名不詳)になっている。フカヒレのにごりは、名前の通り濁っていて中身が判別できないが、少なくともふかひれは見えない。海老のテリーヌはメーカーも判明している素姓の確かなものを使っている。キャビアは本物ではなくランプフィッシュの卵である。これは代用品としてデパートやスーパーなどでも販売されているが、姿は落ち武者の生首のような魚であるといわれている。

そして、一の重、二の重、三の重全てにバードカフェ店内の空気を余すところ無く詰め込んでいる。最近では空気を缶につめて販売するケチな店もあるのに、これでもかというほどたっぷりと空気を詰め込んでくれるのだから、バードカフェがここまで好評価されるのも無理は無い(※スカスカと言う奴はこのありがたみを理解していない)。

評価[編集]

フィギュアにもなりワンフェスでも話題に

一部改善点が見られるものの、材料・調理環境・見た目・仕切りの位置など細部までこだわった「2011年版バードカフェおせち」は当然大好評を博し、同年元旦からインターネット掲示板を中心に話題沸騰。その話題性は現実世界にもすぐに飛び火し、各マスコミが仕事始めの1月4日から一斉に全国報道を始め、共同通信時事通信は全世界におせち記事を打電。それを受けてアメリカNo.1の大衆紙ウォール・ストリート・ジャーナルにも特集記事が掲載され、「日本版フラッシュマーケティング」の最初の成功例として世界中から注目を集めた。この手法は、インターネットマーケティングの先駆者であるライフネット生命保険の副社長からも絶賛されている。

また、2011年から参加資格が厳しくなったエクストリーム・謝罪にも満場一致でエントリーを果たし、バ科ニュースでは一面トップで取り上げられたなど、バードカフェはエクストリームスポーツの大物新人としても注目を集めている。

しかし、これら一連の反響の大きさに社長の水口憲治氏が身体的に耐え切れず、残念ながら2011年1月1日付けで社長を辞任。前社長の父親がバカ息子の尻拭いもとい後を継ぐこととなったが、前任者の生産責任者である「父親」として、息子が基礎を築いた新時代のおせちを更に発展させることが世界的に[2]期待されている。

バードカフェその後[編集]

震災前までの雌伏の時[編集]

一方、店舗としてのバードカフェは有名になりすぎてしまい、そのまま営業した場合盛り上がりすぎて客に対処できない恐れがあるため正月から営業を自粛している。2月になると店舗はバードカフェとしてではなく、横浜店は「THE GRANCH(ザ・グランチ)」、藤沢(湘南)店は「フジサワキッチン」という名前に変えて営業を再開させる予定であったことが判明した。しかし「THE GRANCH」はアルバイト求人情報をインターネットに公開したところ応募や問い合わせで盛り上がりすぎてしまい、「フジサワキッチン」のほうは内装をまったく入れ替えておらず衣替えすら出来てないことがばれてしまったため、このまま営業再開することが出来ずに潰れていくものと思われた。 なお、系列店舗の串焼BAR プクプクは平然と営業していた。茅ヶ崎市ではほとんど話題にならなかったか、アンテナが劇低い人間が多かったようである[3]

震災後の奇跡の復活[編集]

しかし、3月11日東北地方太平洋沖地震が発生して状況が一変。日本国民から「バードカフェ」という記憶が津波と放射能によって流されるという奇跡が起きた。その結果、まず3月中に「フジサワキッチン」が営業を開始し、世の中の自粛ムードにも負けず一定の客層を掴む事に成功。続いて4月になるとバードカフェ横浜店の場所で「THE GRANCH」ではなく「OKANO HOUSE」という店名で営業再開。おせち騒動勃発前の営業状態を取り戻した。まさに「ツイテル!」である。

系列店の力を結集したチキンステーキ

また神奈川県内の他の飲食業者と共に「かながわ11」という経営者団体を結成。4月17日には津波で壊滅的な被害を受けた宮城県名取市で合同炊き出しを行い、一連のおせち騒動の禊を済ませた。社長を辞任してヒラ取締役になった人が何故か社長面して汗を流す姿に当地の被災者の人達も大いに感動したと言われている。

なお、被災地で配ったのは焼き鳥(但し、どんな肉かは公表されていない)である。

さらにおせち提供後沈黙を守っていたTwitterアカウントによる情報提供を4月19日に再開。おせち提供前のツイートは削除しておらず、過去を包み隠さずに受け入れて今後の営業に生かすという企業姿勢が見受けられた。

実際のチキンステーキ

そして2011年5月22日、ついに水口社長はメディアのインタビューに応じ、おせちの問題について「許可を得ないと取材を受けてはならない」という契約をグルーポン側と交わしていた事を被災地で明らかにした。なお、その契約をやぶって口にすると沖縄のホテルで…というのは禁則事項です。その上で水口は、「行政処分が終わった時点で、あの件は終わった。あいつはもう消した。」と説明、謝罪については「グルーポンから購入者リストを頂いて、電話で謝罪。許してもらえない客については、全員"直接出向いて"謝罪した」と話している。さらにメディアに対し「発言を切り取り、一方的に悪者に仕立て上げようとされている」と開き直り、エクストリーム・謝罪大会のポイントを僅かに稼いだ。

そして6月25~26日に横浜公園にて行われた「東北復興まつり」では、系列店舗の総力を結集した渾身のチキンステーキを450円という大サービス価格で提供。外食文化研究所の完全復活を強烈にアピールした。

本店の迷走[編集]

しかし、おせちの仕込み基地であったバードカフェ横浜店のその後だけは芳しく無かった。

先ずは「OKANO HOUSE」が思ったより繁盛しないと見切った所で、今度はその専門知識を活かして店舗を6Pチーズ専門店「チーズ工房カマンブルー」に変貌を遂げた。しかし「やはり8Pチーズじゃないとしっくり来ない」という理由でわずか数カ月で同店を閉店し、今度は2012年1月にイタリア料理店「green+」に変身してイタリア料理に挑戦することになった。この結果バードカフェ横浜店はわずか1年間で4回も店名を変えたことになり、店名変更回数のギネス記録に登録される可能性も囁かれ始めた。

しかしその「green+」も2012年4月時点で営業を停止。これは横浜駅近辺の飲食店に「green」という単語を入れている店が多く、それらの店から「バードカフェと同類に見られたくないからgreenという文字を使うな」という苦情が殺到したためと見られている。

桜木町で本当の再出発[編集]

このような状況が続き横浜駅近辺での営業活動に限界を感じた水口は、鎌倉にある「コモンベベ」(Como’n bebe)というチーズケーキ専門店で店頭販売に勤しむようになる。これは「ケーキに使うはバード(鳥)の原点、そしてこれまでノウハウを蓄積してきたチーズ、この2つを軸に原点回帰つつ発展したい」という水口の思いから来たものである。鶴岡八幡宮近くのロケーションにある店頭でケーキ販売に奮闘する水口の姿を見て、あの高樹千佳子感銘を受けたという。

熟成牛とフォアグラに濃いソースをかけた何かのロッシーニ 1680円

チーズケーキ販売でチーズの大事さを再度学んだ水口は、そのノウハウを活かすため、2012年8月に満を持して桜木町駅徒歩2分という好立地の場所に「COLTS」という居酒屋を開店。これまで培ってきたチーズのノウハウは、同店の看板メニュー「ワンコインピザ」にふんだんに反映した。

このピザが割と当たり、飲食店激戦地の1つである横浜野毛の地で「COLTS」は1年以上生き残る事に成功し、その様子に感銘を受けた外食系ニュースサイトのフードリンクニュース水口の再出発を祝福する記事を執筆した。

一方、もう1つの看板メニューとなるはずだった「熟成肉」系メニューは、下味がまったくない肉を焼いて濃くて甘ったるいソースをかけるだけという残念な調理に終始しており、今では常連客が誰も頼まないという看板に書いてあるだけのメニューに成り下がっていた。値段が高めのメニューを扱うことに関してはまだ慣れてないようである。

関内への進出[編集]

COLTSが2013年になっても潰れなかったことに手応えを感じた水口は、2013年2月に関内への進出を図るべく「炭火串焼&ワイン ヴァンプーレ」を出店。そこらへんの肉屋から調達した鶏肉を「信玄鶏」と名付けた定番の鶏肉系メニューだけでなく、何処かの国が生産した肉を「国産牛の熟成ステーキ」と銘打って売り出すなど、新分野のメニューにも挑戦。何を以って「熟成」と銘打ってるかは不明であるが、賞味期限切れか超高齢牛のどちらかを意味すると思われる。そして鎌倉のチーズケーキ屋で雌伏の時を過ごした当時の屈辱を忘れないために「ひんやりクリィーミー 鎌倉チーズケーキ」というデザートも用意し、万全の体制で関内・馬車道界隈に殴りこみを始めた。

この店も営業が継続できる程度は繁盛し、気づけば横浜・湘南・鎌倉エリアに系列店が13店舗も営業するまでに成長していた。水口は更なる成長を目指すために、会社名を「外食文化研究所」から「SURF CAPP Inc.」に変更。この社名には、サーフィンの街である湘南・鎌倉の恥湘南・鎌倉で産声を上げ、スカスカおせち事件などの荒波にも負けずに乗り越えてきた…という水口のこれまでの想いが込められている。

続いて、2014年には更なる新境地を求め、パンケーキに挑戦。ハワイ発祥のシナモンズというパンケーキカフェの横浜山下公園店のオーナーに就任し、女子会向けの宴会メニュー等を多数提供。一方、オムレツトッピング用チーズを表参道店の半額の100円で提供するという技も見せ、チーズへの拘りは決して忘れなかった。

そして「次はイタリアンバルだ!」の号令の下、2014年6月に鶴見にワインバル ピッツェリア Coltsを開店。もはやおせち事件は過去のもの。後は何処までも伸びていくだけ…と思われた。

食中毒禍[編集]

しかし、2014年7月末、久々に逆風に見舞われる。

系列店で食中毒発生。

系列店の中では古参である「串焼BAR プクプク」で会食した客のうち6名が腹痛や下痢などの症状に見舞われた。これを受けて茅ヶ崎市の保健福祉局生活衛生部食品衛生課が調査を行ったが、原因調査中のまま営業再開を許可。生焼けのまま出した串焼きが多すぎて「原因がよく分からない」ということになったのであろうか。むしろ今までよく食中毒を起こさなかったものである。

雌伏の時を耐えて、今度こそ軌道に乗り始めたと思ったらまた迷走し、もう一度雌伏して再起を図り始めて波に乗ったらまた躓く外食文化研究所改めSURF CAPP。今後の展開から目が離せない。

関連項目[編集]

Wikipedia
ナニモノかがウィキペディアに「外食文化研究所」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ 米ウォール紙から「Better luck next year?」(来年はもっと素晴らしいおせちを!)とパセリハッパを掛けられている。[2]
  3. ^ ただし店舗の写真を撮ろうとすると当時はものすごい目で睨まれた、ついでにブランド鳥の焼き鳥だったものが気がついたらただの焼き鳥になっていた


Dish.png このバードカフェは、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)
阿部ちゃん
流行記事大賞 銅賞受賞記事

この記事は2011年流行記事大賞にて銅賞を受賞しました。
この受賞に阿部ちゃんも思わず興奮。