バンバン☆キッズ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

バンバン☆キッズは、2009年にハドソンより発売されたWiiウェアである。

概要[編集]

本作は、幼女に水や黄みを帯びた粘液をぶっかけて服を透けさせその様を視姦する対戦型FPS、つまりエロゲである。
全年齢対象(エロゲが全年齢対象になるという他に類を見ない事例である)とは思えない過激な表現、エロゲとしては斬新な内容が特徴。
対象年齢に関しては、CEROとスタッフがギリギリの戦いを繰り広げた結果と思われる(延期にはこの辺の問題が関係していたらしい)。
多彩なフィールドやルールの中で、いかに精力を持たせ、活かす事が出来るかが重要である。
水やアレな液体をぶっかけるために様々な武器を使用する事も有る。
また、Wi-Fiにより最大で同時8人プレイが可能。

ルール[編集]

割と色々なプレイがある。

  • バトルロイヤル
基本ルール。最後まで陵辱されずに逃げ切った者の勝利。
3枚有る服を全て何らかの理由で無くすと、強制的に全裸にされ、周囲から空気扱いされてしまう。
チーム戦では味方にまで空気扱いされてしまう。
他の者を調教してしまえば自分が被害に会う可能性は減るが、引きこもっていた方が無難。
おそとは危険がいっぱいだ。
  • デスマッチ
最も速く10回レイプした者の勝利。早撃ちマックが得意とするルール。
勿論だが、相手の調教が完了するまでぶっかける必要が有る。
チーム戦では徒党を組んで20回もアレしなければならない。はっきりいって多い。
数の少ない相手を複数人で嬲るというハードなイベントが高い頻度で視られる。
  • トレジャーボックス
相手チームが所持する万札入りの金庫を強奪するルール。
金庫は非常に重く、これを抱えているとジャンプ力が落ちる。
グダる。
  • アサルト
本当に存在するのかすら疑問視されている幻のルール。
選ばれし者のみがプレイすることが可能などと噂されている。
  • ベース
野球。
  • スタンプラリー
鉄道を乗り継ぎ、各駅毎に配置されたポイントで手持ちのカードにスタンプを押していくルール。
全て集めようが早く集めようが別に勝ちにはならない。

武装[編集]

様々なプレイを堪能するのに欠かせない頼もしい道具達。
丸腰でいることは即ち死を意味する。
全裸だと空気扱いされる。

主な武器[編集]

  • ウォーターピストル
初期装備の拳銃。チクチクネチネチと服を濡らすマニアックな装備。2丁持つ事でさらにチクチク。
この銃だけで戦うとガンマンの称号がもらえる。
この銃3丁で戦うとレボリューションの称号がもらえる。
リロードが非常に早く、レボリューションである。
  • ウォーターサブマシンガン
誰も2丁持とうとしない悲しい銃。1丁ではお話にならない。
  • ウォーターマシンガン
最速のぶっかけ速度を誇る機関銃。じわじわと服を濡らす。
  • ウォーターショットガン
近距離ではかなりの火力を誇る散弾銃。
そのため必然的に顔射する形になる。
  • マグナム
男性プレイヤー専用の銃。デフォルトでねんえきだんを装填している。
非常に威力が高く、ヘッドショットを狙えば女性が相手なら一撃で倒すことも可能。
ただし、一部を除き発射にかかる時間が長く、リロードが非常に遅い上、服を濡らす効果はあまり期待できない。
また、この銃自体を撃たれたり、殴られたりすると即死となる。
  • ウォーターバズーカ
威力は高いがランチャーが有るので別に要らない。
リロードが遅い。
  • ウォーターランチャー
威力の高い水爆弾を射出する兵器。ものの数発で頭から足の先までびしょぬれに出来るので人気が高い。
バズーカの存在意義を消しにかかっている質の悪い武器。
  • ウォーターライフル
威力だけは非常に高いスナイパーライフル
スコープを搭載しており、ズーム操作が可能。
スコープが有るものの、相手を直接間近で見られない事に不満を持つ者が多く人気はあまりない。
  • アンチマテリアルライフル
最強の威力を誇る対物銃。スコープ搭載。
他の武器に比べ少々重いので、装備すると移動速度がやや低下する。

オプション兵装[編集]

  • バケツ
多量のローションで満たされたバケツ。
思いっきりぶっかけることでその粘性で相手の機動性を削ぐ。
ついでにアレがアレして相手の闘争心がやや低下する。
こちらの欲は有る意味上昇する。
  • 水ばくだん
小型の水素爆弾。使うとマップごと吹き飛ぶ。
  • かさ
何の変哲も無い傘。ゲーム中ではエクスカリバーと呼ばる打撃武器で、基本的には剣のように使う。
また、グリップ部分を相手の股間に引っ掛ける一撃必殺法が有る。
  • コルク
使うとプレイヤーの耳に一定時間栓をする。これは耳に水が入って嫌な感じになるのを防ぐためである。
  • クレイモア
使用すると地面に対人地雷を設置する。
設置された近くを通ると爆発、ボールベアリングを飛散させる。
  • バナナ
踏むと強制的に地面から3mm浮き、自分の意志と関係なくホバー走行してしまう。この間はいたぶられ放題である。
決してスリップしている訳ではない。
3個セットや5個セットは決して存在しない。
  • ペットボトル
恐らくは只の水が入ったボトル。所持している武器に水を継ぎ足すために使う。
女性プレイヤーのみ飲用が許可されている。
  • 汚水
薄汚れた水で満たされたボトル。
相手に与えるダメージが通常の3倍になる。
  • ますいだん
発射する水に麻酔効果を付加する。
ヘッドショットすれば一発で眠らせる事が可能。
眠らされた側は、起きるまでの間完全に無防備となる。
  • ねんえきだん
誰が何のために入れたのか、やや黄みを帯びた粘液で満たされたボトル。
どういった液体なのかは明らかにされていないが、
これをぶっかけられた者は男女問わず著しく闘争心、気力が低下し、足に力が入らなくなり移動速度が低下する。
ぶっかけた男性プレイヤーは恍惚した表情になり俄然気力が上がるらしい。
  • バスタオル
プレイヤーが身ぐるみを剥がされ全r丸腰になってしまった時など、主に緊急時に身体に巻いて使用する。
通常の服より水を含みやすく、その場しのぎにしかならない。
男性プレイヤーの場合、巻く範囲が狭いので余計に意味が無い。
  • ローラースケート
一定時間高速ホバー走行が可能になる特殊な靴。
これを履いて走っている時は必ずバズーカを持たなくてはならない。
同じチーム3人で同時、かつ1列に並ぶように使用すると、ハンマーによるシールドを一撃で破壊する事が可能。
  • ゴールデンハンマー
ピコピコハンマーの外見をした最新鋭の攻撃兵器。
使用者の周囲に偏向シールドを発生させ、物理攻撃を無効化する。
しかし、スターファイターのレーザー砲など、強力な兵器には耐えられない。
また、軽く相手を殴打するだけで一時的に意識を飛ばしてしまう恐ろしい兵器。
何度もたたくと相手は死ぬ。
  • 聖衣「KAPPA」
どんな哀れで貧弱な生物も、一度纏えば神になれる可能性を秘めた神秘の衣。
目映い光に包まれフィールドを駆けるプレイヤーには美しさを通り越して猛烈な鬱陶しさすら感じる。
しかし、短期間の内に何度も使用すると脳がやられ人格崩壊する副作用がある。
なんか滅茶苦茶蒸れる。
  • どくさいスイッチ
ブラックアウト!

戦闘エリア[編集]

  • 公園
遊具の中に水飲み場が当然のように設置されている欠陥公園。
そこら中にキノコが生えており、管理の杜撰さが伺い知れる。
  • ビーチ
水着など無い。
あまりにも場違いな灯台が存在する。
海で泳ぐと死んでしまう。
  • 広場
地球温暖化による浸水が懸念されている街。
  • 自然公園
どの辺が公園なのか全く分からない荒れ果てた土地。

関連項目[編集]