バリバラ〜障害者情報バラエティー〜

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
バリバラから転送)
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バリバラ〜障害者情報バラエティー〜」の項目を執筆しています。

『バリバラ〜障害者情報バラエティー〜』は、NHKで放送されている障害者をテーマにしたバラエティ番組・情報番組である。 某テレビ局某番組に強烈な当てこすり問題提起を行ったことで有名になった。

概要[編集]

「日本初の障害者のためのバラエティ番組」と銘打ち、障害者自身が(時には自らの障害をネタにして)笑わせることを目指した番組である。様々なタブーにも障害者の目線からまっすぐに挑戦し、時には障害を持たない視聴者がドン引き驚くようなあるあるネタが飛び出したりしている。

2016年のスペシャル放送[編集]

この番組を一躍有名にしたのは2016年(平成28年)8月28日の放送(生放送)である。『検証!「障害者×感動」の方程式』と題して、障害者の頑張っている姿を『感動の対象にする』番組制作の手法を、ステラ・ヤングのTEDで述べた「感動ポルノ」という言葉を用いて、その是非を問う番組を放送したが、当日は同時間帯にあの放送局例のアレが放送されていたこともあり、バカ発見器で大きなクソリプ合戦議論を巻き起こした。

「笑いは地球を救う」という番組のロゴや、出演者が黄色いTシャツを着るなど、敢えてアレのパロディと取られる様な演出も行われたが、某テレビ局コメントを出していない