バブル景気

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バブル景気」の項目を執筆しています。

バブル景気(ばぶるけいき)とは、昭和の最末期から平成初期にかけて存在した企業。厳密なところでは1986年12月に昭和裕仁社長が創業し、一時は自社株だけで3万円を超えるなどの大企業であったが、1989年に社長が平成明仁社長に代わると1992年に倒産し、その余波で山一證券なども倒産した。

概要[編集]

昭和裕仁社長(初代社長)は明治睦仁社長、大正嘉仁社長と親子3代にわたって経営されてきた大日本帝国社の最後の社長を務め、その後は高度経済成長社、オイルショック社などを立ち上げてきた剛腕社長である。その初代社長が最後に立ち上げた会社がこのバブル景気社である。オイルショック社が倒産し、次に立てた企業。しかし、初代社長はすでに80歳を過ぎるなど高齢で、実際の業務などは副社長であるのちの平成明仁社長(二代目社長)が務めていた。

1989年1月に初代社長が死去し、副社長である平成明仁が後任社長に就任すると、同年末の自社株は1社だけで3万円を超える大企業に成長していたが、翌年には陰りが見え、さらにその翌年、1992年に会社は倒産した。その余波により山一證券などが倒産し、その後二代目社長が建てた会社(失われた10年社、さざなみ景気社、リーマンショック社、アベノミクス社。いずれも親会社である失われた20年社長も兼務)もあまり長続きせずに低迷するなどバブル景気社の倒産が多大な影響を与えている。

バブル景気社の歴史[編集]

初代社長がバブル景気社を立てる前にアメリカ社など4企業とプラザ合意を結ぶ。その翌年に社を立ち上げると昇り竜のごとく急成長を遂げる。社員は皆クラブやディスコで夜を踊り明かし、威勢よく酒を飲むなど非常に高給料であった。子会社が米国の高級不動産を買うなど異様なまでの資金力であったことも伺える。

しかし、1989年に初代社長が死去する。社はおろか日本全体が暗い雰囲気になり、各々の証券場も取引を中止し、葬儀には100国以上の首相・大統領が参列するなど多大な権力もあった。二代目社長になってからは同年に株価が3万円を記録するなど言葉では語れないほどの企業になるが、翌年の大発会からは株価が急落し、1992年に倒産した。

短い歴史であったが、社のことは日本の歴史として語り継がれている。

関連項目[編集]