バズワード

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避
パスワード」とは異なります。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バズワード」の項目を執筆しています。

バズワード(英: buzzword)はバズワードの一種であり、また典型的なバズワードである。

概要[編集]

バズ(英: buzz)はがやがやという騒音やハチの羽音などを指す英単語であり、バズワードはバズとワードを組み合わせて造られた言葉である。

バズという単語やそこから派生したバズるという言葉はバズワードになっていないが、バズワードは海外からバズワードという概念が輸入されたのちに国内でバズったため、結果としてバズワードという言葉そのものがバズワード化するという事態が発生した。

バズワードがバズった場合、バズった方が強く上書きされ一般的にバズワードとして見られなくなる事もあるが、そのバズワードがバズる前から使用していた人によって再度蒸し返されて再度バズワード化するケースも存在する[1]

バズったワードが必ずしもバズワード化するわけではないのだが、バズったワードはバズワードとなると同時にバズワード化する事が多い。

パスワードとの関連[編集]

パスワードはバズワードではないが、狭いコミュニティの中で一種のパスワード的な役割として新たなバズワードが生み出されることがあり、その言葉がバズワード化してバズワードとなる事がある。このようなパスワード的用法がバズワード化した場合、バズワードはパスワードとしての役割を失うため、発祥のコミュニティ外でのバズワード化を進行させる傾向にある。

また、バズワードをパスワードとして使用するのは危険である。文字数の多いバズワードは一見覚えやすくセキュリティ面でも強固に見えるが、バズったことのあるワードは一単語としてワード登録されているケースが多く辞書型の攻撃に弱い。そのため、ワード長が長いからといってバズワードをパスワードとして使用するのはあまり良くない。

注釈[編集]

  1. ^ バズワードというワード自体が比較的このケースに近い。