バスガス爆発

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「バスガス爆発」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

バスガス爆発(ばすがすばくはつ)は、日本での代表的な名字である。また、その名の通りバスガス爆発してしまう事でもあり、エクストリームスポーツの一種である。 戦車装甲車などに破壊されたのでもなく、対戦車バズーカで壊されたり驚異的天才スナイパーに給油口を狙撃されたのでもなく、なぜかガス爆発したのである。 ちなみに、言いにくい早口言葉でもある。ばくすばくはつ…がすばくは……あーもう!

ちゅどーん!

概要[編集]

通常、バスが爆発するケースの原因のほとんどがなんらかによるガソリンへの引火や運転手の自爆もしくは中国製のバスを気温30度以上の環境で使用したことが原因であり、まずガス爆発が起きるケースはない。しかし乗客がカセットコンロ用のスプレータイプのガスを持ち込みそれに火をつけ自殺することでガス爆発が起こる。周囲の多くの人に迷惑のかかる困った自殺のやり方だが、死ぬ前に一花咲かせたいという人も多く、依然として人気は高い。

件数としては少ないが不慮の事故のケースとしてスカンクを持ち込みおならへの引火や放置した糞尿から発生したメタンガスに引火してしまうなどが考えられる。

また、あたりに火の気がなくても静電気や直射日光、乗客同士の目線の火花など些細なことで引火してしまい、火のもとを完全に断つことは困難を極める。そのためガスを持ち込ませないように全国のバス会社は努めているが、なかなか徹底までには至っていいない。

内部からズバババーンと大爆発するバスはいろんな意味で美しいものである。見たいときは一昔前変な指導者がいた国や、ユダヤの国とかに行くと上記のような不慮の事故ではなく、それを専門に行うエンターテイナー達(テロリストと呼ばれる)がおり、毎日その技術を磨いている。しかしプロとはいえ失敗することもあり一般市民に死者が出ることも珍しくない。 日本では近年ネオプラン社製ボディーを装荷したメルセデス・ベンツがこの競技に参加している。おもな開催地は透明高速道路相良牧ノ原サービスエリア付近である。

その他、近年ではエコ思想の推進によりまさにそのCNG(圧縮天然ガス)がもてはやされており、それを利用したガスバス(CNGバス)を日本国内でも見ることが出来る。 なお、韓国ソウルではCNGバス(ソウルでは「走る時限爆弾」と呼ばれている)が日常的に爆発しまくっており、一部の有識者が「東京ガスバスガス爆発」(東京ガスの所有するバスがガス爆発したという意味)という早口言葉を「ソウルガスバスガス爆発」(ソウルのガスバスがガス爆発したという意味)に改めるべきだと主張している。これに対して反対派は都内で石原の所有するガスバス(CNGバス)をガス爆発させ意味を「東京(都)のガスバスがガス爆発した」に改めて従来の「東京ガスバスガス爆発」の正当性を主張しようとしている。

エクストリームスポーツとしてのバスガス爆発[編集]

元来、バスガス爆発はエクストリームスポーツでは無かったが、#概要で述べたソウルでの功績が認められ、エクストリームスポーツに認定された。

このエクストリームスポーツに参加するにはCNGバスの所有が条件となっているが、バス事業者でなくても良く、バスヲタもCNGバスを購入すれば参加可能である。また、ガス協会(通称:ガス協)はハイブリッドバスを目の敵にしており、そのためハイブリッドバスも所有する事業者は参加出来ない。

参加条件としては、

  • ナンバープレートを取得していること
  • 不正な改造をしていないこと
  • 点検を怠らずに実施していること
  • 最低でも5万km/年は走行していること
  • 購入から2年以上経過していること
  • 飽くまでも過失のガス爆発であること


が求められている。

点数は被害総額と被害者人数により決まり、被害が大きい程評価が高い。 また、いわゆるガス協仕様と呼ばれる、米粒型テールランプなどのガス協会推進の仕様の車両は最終得点が1.5倍にされるため、非常に有利である。

現在、日本国内でガスバス(CNGバス)を製造販売しているのはいすゞ自動車だけである。同社はハイブリッドバスは製造販売しておらず、ガス協会との密接な関わりがあることが知られている。

なお、ガスバスを導入する事業者は「CNG車はエコロジーだ」という名目で(場合によっては補助金を得て)導入しているが、クリーンディーゼルとエコ性能は同等であり、それを知る有識者の「エコ目的ならハイブリッド車を導入すべきだ」という声に負けてハイブリッドバスを並行導入して失格となった事業者も多く存在する。例えばフジQとか。 また、山梨交通は旅客輸送よりもバスガス爆発に力を入れており、自社発注の新車は全てCNGバスである。山梨交通はガス爆発の実績こそ無いものの、CNGバスおよびバスガス爆発の普及に貢献しているとしてガス協会より特別賞を受賞している。

この他、ソウルではバスガス爆発が非常に盛んで、ガスバス(CNGバス)が「走る時限爆弾」と呼ばれている程である。

関連項目[編集]


ExSport.png この項目「バスガス爆発」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)