バカ女

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

バカ女とは、常にバカな行動選択をとる女のことであり、必ずしも頭の悪い女の事ではない。

しかし、バカバカな行動をとる可能性は濃厚であり、多くの場合バカな女はバカ女である。

特徴・生態系[編集]

共通特徴[編集]

  • 道を譲らない
  • 人が歩いているとわざわざ道を塞ぐように歩いてくる
  • 声がデカイ
  • 好きな食べ物は親のスネ(又は息子のスネ)
  • 早とちり・思い込み
  • 行動選択は全てノリに支配されている
  • 一時の感情が重要な瞬間最大視聴率重視(⇔平均視聴率重視)
  • 自分の周囲が世間一般だという認識を持っている。
  • 「バカ」「死ね」「キモい」と決め台詞のボキャブラリーは原始的
  • 褒める場合は何でも「かわいい」で済ませる
  • 二枚舌・三枚舌

その他の特徴[編集]

  • 下品なバカ女はギャル系ファッションをしやすい傾向にある。が、ギャル=バカ女だと思わないで欲しい。

 真面目にギャルをやっている人(こう自称する奴はバカ女確定だが)にとって大変な風評被害である

  • 以前はフェミニズムという権威を振りかざし横暴を振るうインテリバカ女も多かったが今はインテリが取れている。

行動例[編集]

  • すぐに「死にたい」と言う
  • 言い訳に「バカだから分んない」というが、バカと言われると腹を立てる
  • 20日を「にじゅうにち」と読む
  • そのくせ二十歳はちゃんと「はたち」と言う
  • 「マジ」→「マヂ」「一応」→「いちよう」「雰囲気」→「フインキ」 とワザと書いてるうちに正しいのが分からなくなる
  • ワザとじゃない人間もいる
  • 全く面白くない話でも、とりあえずノリで爆笑
  • 飲み会で完璧にマスターしたコールを披露

人生[編集]

  • 誕生:まだ無限の可能性を秘めている
  • 幼少時代:チヤホヤされてたら赤信号、男勝りは黄色信号。イジメなんかやってたらもう将来は約束されてます。
  • 学生時代:学校に通わないと赤信号。群れで行動する事に慣れ集団心理に行動を委ね出すと赤信号。クラスで2人くらい隠れファンがいるタイプは青信号
  • 成人:この時点での経験人数でバカ女度数をとりあえず測定可能(人数であって回数は関係なし)
  • 結婚:モンスターペアレントに進化可能
  •    :同時にクレーマーへの道も開けてくる
  • 老後:行動の軽率さから熟年離婚の脅威あり
  •    :息子のスネをかじりだす

以上述べた通りだが、バカ女は完全なる後天性の病気である。

この事に関してヴォーヴォワールは著作『第二の性』において「人はバカ女に生まれるのではない、バカ女になるのだ」と述べている

バカな女とバカ女[編集]

冒頭で述べたがバカな女=バカ女ではない。

例を出すとヘキサゴンに出てるおバカタレントである。彼女らはクイズの回答から判断すると知識が乏しく、問題理解能力も低い。 しかし、彼女らはバカ女ではない。バカ女になりきることで正解しているからだ。さらに本当にバカなだけなのかもしれないが「バカ女になる」ことによって自分の本来のバカさをカモフォラージュしているからだ。 これは「能ある鷹は爪を隠す」よりも高度な「脳なし女がネイルで爪を隠す」というものだ。 彼女らのような職業としてバカ女をやっている人と単なるバカ女を比較して20世紀最大の社会学者のM・ウェーバーは著作『職業としてのバカ』において「バカである事によって生きるもの」と「バカであるために生きるもの」と区別している

魅力[編集]

バカ女の真の魅力は逆説的なものだ。バカ女なのが魅力なのではない、バカなのにまだ魅力的である凄さにあるのだ。それほど他の部分に魅力がある人間だということなのだ。なぜなら、ぬるま湯に入れてもらえる人間しかバカ女にはなれないからだ。これは生態学のハンディキャップ理論によっても立証されている。

関連事項[編集]


この項目「バカ女」は男損女誹の主観に基づいてまとめられた報告書です。被害妄想を抱いているぺディアンがいれば、見つからないように加筆協力お願いします。 (Portal:スタブ)