バイナリィ・ポット

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バイナリィ・ポット」の項目を執筆しています。

バイナリィ・ポットとは、近未来に起こり得る事件などを表した、オーガスト製作のエロゲである。黒歴史と言われることも多いが、ちょっとリアルすぎただけの話である。

概要[編集]

オーガスト処女作。近い将来に起こりうることをエロゲにした作品である。オーガストが同人サークルから商業化して初めての作品であるが、最近の作品と違って作りがいろいろと荒く、あまりいい話は聞かない。しかし、それはリアリティを追求した結果であり、元々萌えとかそういうのは追求していないので、そこを指摘するというのは野暮というものであろう。それじゃエロゲじゃないという見方もあるが。

あまりにもリアリティを追求しすぎた結果、あれこれが出てきてあまりにも生々しくなってしまったり、その割に中途半端なのだが…それが最も表現したい部分ではないので問題は無いと判断したようだ。

あらすじ[編集]

コーヒー好きの親父とパソコン好きの母親が作ったネットカフェ「バイナリィ・ポット」。ところが何かあって成金になったので主人公に店をあげてさっさと南のどっかの国に飛んでいってしまった。ってことで店を任されたヘタレ主人公と店員との関係が進んでいく…。

用語[編集]

ワールド
簡単に言えばバーチャルリアリティ。あと50年もすれば実現しそうなシステム。[email protected]を更にリアルにしたような感じ。
名前が中二病臭い気がするのは自分だけだろうか。
ハンター
自警団あるいは警察官のようなもの。ってかそんな重要な役割を誰とも知れぬ一般ユーザーにやらせていいのだろうか…。
バイナリィ・ポット
タイトル名でもあるが、主人公が店長のネットカフェ。社会人となって間もない人間に経営を任せるあたりが素晴らしい。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

登場人物[編集]

芦原洋一(あしはらよういち)
主人公。何故か両親に店長を押し付けられ、その後店長となった。ちょっとヘタレ。毎朝、優希にフライパンでボカボカと殴られて起きる。
店長なのにたいした特技とかがない。
羽根井 優希(はねい ゆき)
メインヒロイン。コーヒー担当。幼馴染
洋一をよーいちと呼ぶ。ベタ惚れ。フライパンを使った戦闘能力に特化している。その技術でよーいちを毎朝死の淵に追いやりつつ優しく起こす。
「ワールド」を心から嫌っている。というわけで彼女がワールドで活動しているわけがない。ありえない。
諏訪 奈都子(すわ なつこ)
洋一の後輩。ちょっと小さいを含めて。
変な粉をぶちまけたところ、とたんにビッチになったが、流石に不可抗力だったと思われる。
ワールド内ではナツコというそのまんまの名前。
川中島 里美(かわなかじま さとみ)
やっぱりちょっと小さい。奈津子の同級生。
殺人シェフとまではいかないが、病院送りにする可能性はある。扱いに注意。
ワールド内での名前はサトミ。やっぱり捻りが無い。
白濁液まみれにされちゃう可哀想な人。
吉野 佳澄(よしの かすみ)
主人公が店長になる前から働いているベテラン。老けてるとか間違っても言ってはいけない。
一応、おっぱい担当だろうか。パソオタ
停電したときにちゃっかり店長に抱きつく大胆さを兼ね備えている。
小津 千歳(おづ ちとせ)
ロリ担当。そのくせパソオタ。寡黙。こいつなら某漫画の主人公を越えられるかもしれない。
っていうか引きこもりNEETと言えなくも無い。
ミリィ
ロリ担当。実年齢2歳。ワールドのNPC
こいつに恋をするということはエロゲアニメのヒロインに恋をするようなものだが…科学の発展により現実世界でも会えるようになりかけている。
ミニスカにすればいいものを、リアリティを追求した結果、短パンにしたので萌え度激減。萌死の抑制に貢献した。
ミキ
ワールド内で派遣としてどっかの会社で働いている人。近々派遣切りでネット難民になるだろう。
ちょっとおっぱい担当。
触手によるクラッカーの確保システムを作ったというあたり相当のビッチかもしれない。
カーマイン
ハッカー。本来の意味で。
老けてる…って聞かれたら殺されるだろうな、きっと。
触手で犯されちゃう可哀想な人。店長ご乱心。

世の中への影響[編集]

エロゲながらもリアリティを追求した作品だったが、エロゲだったことと、エロゲとしては完成度が低かったおかげで全然売れなかった。というわけで、世の中への影響はなーんにもなかった。

しかし、そのリアリティとそれなりに良いシナリオは八月信者には人気である。逆を言えば他には理解されていないわけだが。

その他[編集]

  • リアリティを追求しすぎた結果、全てにおいて中途半端になってしまったので黒歴史として有名である。
  • 一部では主人公の親父はワールドを作った会社の社長という説があるが…やればわかるが、そうだとしたらキチガイの可能性が高い。

関連項目[編集]


Ronjeremy mario.jpg このゲーム「バイナリィ・ポット」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)