ハンス・フォン・ゼークト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ハンス・フォン・ゼークト」の項目を執筆しています。

ハンス・フォン・ゼークト (Hans von Seeckt, 1866年4月22日 - 1936年12月27日)は、ドイツエロゲーマーである。第一次世界大戦欧州国家アメ公日本[要出典]に寄ってたかって叩きつぶされたドイツを萌えによって再建した人物である。ちなみにどれだけドイツが萌えに頼り切っていたかは、森鴎外の『舞姫』あたりに詳しく記載されている。ドイツが二回も焼野原にされる原因を作った人物でもあり[1]、大日本帝国海軍メイドさん事件の犯人でもある。

組織論[編集]

ゼークトの『組織論』(原題は『理想の論』)はすべてゼークトの妄想満載の猥談から始まった。現在では拡大解釈につぐ拡大解釈で組織論としても使われることがある。一部では「プロイセン流人事術」などと呼ばれることもある。ちなみに日本はプロイセンに軍制を習ったが、この原則については戦前・戦中・戦後・現代の企業にいたるまで守られていない。

1・有能な働き者は参謀にして全軍のために働かせろ。

お兄ちゃん、起きて起きて!もう7時だよ!今日はお兄ちゃんの部隊が総攻撃する日でしょ!お兄ちゃんが寝てるから私が朝4時に起きて、お弁当と朝ごはんの用意と軍服アイロンかけと情報の収集と作戦の立案とロジスティクスの手配と野戦将校への作戦の伝達と海軍への援護の艦砲射撃要請と全将兵への訓示までやっちゃったよ!ほら、早く早く!早くしないと召集に遅れるよ!」

2・有能な怠け者は野戦将校にしろ。

「お兄ちゃん、うちの部隊が、うまい具合に敵の死角を見つけて運良く一番乗りだよ!敵は部下に私の的確な指揮と死ぬ気で突撃させたから壊滅させられたよ!エッヘン!」

3・無能な怠け者でも権限のない連絡将校ぐらいはできるだろう。

「やだやだぁ、戦場なんて行きたくないよぉ。他の人のことなんてしたくないの!え、『前線で頑張ってる別の妹にお弁当を持って行け』?『行ったらすぐに帰って来い』?(私が居ないと寂しいのかしら?お兄ちゃんってもしかしてシスコン?)えー、しょうがないなぁ、でもおにいちゃんの為だからそれぐらいならやってあげるよ…もう、お兄ちゃんは私が居ないと何にもできないんだから!早く彼女ぐらいつくってね!」

4・無能な働き者は即刻軍服を脱がせろ!

「ふえーん、敵に突撃させようとしたら部隊が大損害を受けちゃったよぉ。でもお兄ちゃんの為に頑張らなきゃいけないと思って、部下に喝を入れてもう一回突撃させたら今度は部隊が壊滅しちゃったよぉ。でもでも、お兄ちゃんに笑われちゃうと思って…もう補給も途絶えてる状態で疲弊しきった部下に精神論につぐ精神論を叩き込んで突撃させたらもう側近以外全員戦死するか敵の捕虜になっちゃったよぉ。お兄ちゃん、私にもう一回チャンスちょうだい!今度はもっともっといっぱい頑張って突撃するから…ちょ、お兄ちゃん何するの!?やめてお兄ちゃん、軍服破かないで!やだや検閲により削除ひ、酷いよお兄ちゃん、お前は性欲処理以外の何の役にも立たないだなんて…ひぎ検閲により削除

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ つまりてめえ自身が、軍服を脱がせて然るべき、無能な働き者って事じゃねえか! オラオラ! てめえなんかズボン脱がして検閲により削除して検閲により削除して検閲により削除してお前の尻に俺の自慢の検閲により削除をぶち込んで(以下略)


ツンデレ ……見ての通り、この記事「 ハンス・フォン・ゼークト 」は書きかけなわけだけど…、はぁ!?何言ってんの?勘違いしてるんじゃないわよ! べっ、別に加筆して欲しいわけじゃ無いんだから!まぁ、アンタがどうしても加筆したいって言うのなら、加筆させてあげてもいいんだけど…… (Portal:スタブ)