ハルカ (ポケットモンスター)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ハルカは、ポケモントレーナー及びポケモンコーディネーター。

プロフィール[編集]

人物[編集]

AGのヒロイン。一応準主人公だが。トウカジムのジムリーダー・センリの娘。サトシとは第277話(AG第1話)でピカチュウ自転車を壊されたことで知り合った。カスミと全く同じパターンなのはスタッフの陰謀による。

感情の起伏が激しく短気な面があるが心優しい性格。旅立つ際、家族にはトレーナーになると言っていたようだが、元々トレーナーになりたいと思っていた訳では無く、自分が何をしたいのか分からないでいた。しかし、旅の途中でポケモンコーディネーターの存在を知り、その姿に憧れ自分も同じようにポケモンコーディネーターを目指すようになる。

現在ではポケモンコンテストに参加するとほとんどの場合運の良さで優勝するほどの腕前で、一部では「ホウエンの舞姫」と呼ばれる程に成長したと思われていたが、開催地や受付時間を調べていなかったりアホの嘘のアドバイスで2度も騙されたりと、精神面の成長はあまりしていないようである。これもスタッフの(ry。旅の中でサトシのバトルをずっと見てきたため徐々に彼の戦術に似ていき、カントーのグランドフェステイバルではシュウに勝ったものの、それが原因でサオリに負けてしまう。スタッフ(ry

(ryにより最終回にてジョウト地方を一人旅することを強行採決させられる。 3歳下の弟がいる。名前はマサト。 どっかしらの動画で闇ハルカらしき人物が出てきた。「てめえ」やら「うるさいな」やらがよく聞こえるらしい。 ちなみにこの人、28kgもあるアゲハントを頭に乗せているらしい。あいつのせいか。

スタイル[編集]

10歳のくせにスタイルがよく胸がでかい。いわゆる〝ボン、キュ、ボン〟の体形である。まな板カスミとは雲泥の差である。そのスタイルから、クレオパトラ楊貴妃となんらかの関係があるのではという説も国会内では騒がれていた。 映画には計4作出演しているが、そのうちの3作全てにおいて水着姿を披露しているので、将来はポケモンコーディネーターとしてだけではなく、グラビアアイドルとしての活躍も期待してもいいのかもしれない。 3月10日に衆議院・参議院両院でハルカの身体検査をすることが与党による強行採決で決定したが、結局セクハラだと言う事で無効になった(恋人でデポンコーポレーションの御曹司であるダイゴ・センリがこの事で逆上し、ブチ切れた為)。

カスミによる嫌がらせ・カスミ制圧作戦[編集]

サトシとの関係をねたむカスミによって、さまざまな嫌がらせが繰り広げられている。

これを見かねた防衛庁(現在の防衛省)が対策案を国会に提出し、2005年3月31日付けで可決、2007年1月5日より、自衛隊によりカスミを制圧する作戦が開始された。 検閲により削除

だが、カスミの運動神経はハルカに劣る。


闇ハルカについて[編集]

某架空デュエル動画ではあの外道に負けないくらいのドsに目覚めていた。さらに「ゆ~る~せ~な~いっ!」と闇ハルカに覚醒。どんどんひどくなっている。 更に、2007年。あの闇サトシとただの口喧嘩壮絶なバトルを繰り広げていた。

実力[編集]

上記で示したように、彼女は実力じゃなくて運で優勝している。運も実力の内といってしまえば最強だが、結局運は運である。

その後[編集]

JR西日本の関空特急はるか(281系)およびJR東日本の特急成田エクスプレスE259系)に乗務していたとの情報が入っていることから、ジョウトのコンテストは全制覇していた。 大宮駅からカシオペアでシンオウ地方来たと「テレビコトブキ」の取材で明らかになった。さらに721系電車に乗車していたとの情報が入っている。どうやらシンオウ制覇を始めたと予測されている。しかし、ヒカリは既にホウエン地方への逃亡に成功している(さらにその後イッシュ地方に逃亡している)。 その後ホウエン地方、そして実家のトウカシティに戻り恋人であったダイゴ(シュウ説あり)とめでたく結婚。現在はトクサネで生活をしている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

当局の検閲により削除されました
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ハルカ (アニメポケットモンスター)」の項目を執筆しています。


214.gif この記事、「ハルカ (ポケットモンスター)」は、地球温暖化によって、文字が溶けてしまい、厚みがなくなりました。
あなたたちの1つ1つの努力で、この記事を元の姿に戻しましょう! (Portal:スタブ)