ハッテン場

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Disambiguation

ここでは、まーそのー……いわゆるひとつの世間様に最も一般的とみなされていると考えられているとされている
ハッテン場につきまして説明している項目です。はい。

アメリカのメジャーリーグに持ち込まれた「ハッテン場」の例。ジム・エドモンズ(右)が実践。

ハッテン場(はってんば)は、女性禁制・男性限定の社交場のことであり、英語で言う「アソシエーション (association)」、フランス語で言う「アソシアシオン(association)」、すなわち地縁・血縁にこだわらずに育成された協同体の一つである。

ハッテンの語源[編集]

「ハッテン場」の“ハッテン”を日本語の“発展”と理解している向きが多いが、それは誤解である。「サンドイッチ」(Sandwitch)や「アールグレイ」(Earl Grey)がそうであったように、もともと“ハッテン”(Hatten)とはイギリスの男性名から採られたものである。ルイス・フランシス・アルバート・ビクター・ニコラス・マウントハッテン卿(Sir Louis Francis Albert Victor Nicholas Mounthatten、1900年 - 1979年、正しくはMounthattenはマンサッテンと発音する)、この人物が「ハッテン場」を創始した人物である(民明書房より)。ちなみにマウントハッテン卿は、日本では“ハッテン卿”の呼称で親しまれており、こちらの方が一般的な表記であるため、以下“ハッテン卿”と記述する。

ハッテン卿の来日[編集]

マウントハッテン卿

ハッテン卿が、駐日英国大使つきの武官として日本を訪れたのは、二・二六事件が収まってしばらく経過した1937年(昭和12年)の春のことである。世情は不安定で、人々の気持ちに暗い影が差し、鬱屈とした気持ちを飲み屋で晴らす、こうした日本の社交のあり方に、ハッテン卿は不満を覚えていた。特にバーやカフェの女給に惚れ込んで、「いっそ、小田急で逃げましょか」と刹那的な人生からの逃避を行う、日本の男性のあり方に大いに疑問を持ったのである。

イギリスでは、オックスフォード大学ケンブリッジ大学などの大学の同窓生の団体、あるいはそれに付属するスポーツ団体、軍隊の仲間を中心に作られた親睦団体などが山のようにある。ロンドンにあるこれらの社交場は、人と会ったり、飲食をしたりする場となっているだけでなく、情報交換の場所にもなっているのである。ハッテン卿は、仕事の場でも、自宅でもない、こうした第三の場が日本にも必要だと考えたのである。もちろん、従来の日本によくあるような、ゲイシャ・ガールズを招いてどんちゃんするようなものではなく、女性の立ち入りを受け付けないもの、そして伝統的なイギリスのクラブに見られる男性中心のものとして、彼は「ハッテン場」を想定していたのである。

「ハッテン」クラブの完成[編集]

かくして、ハッテン卿の肝いりで1938年(昭和13年)、銀座コリドー街で開店したのが「ハッテン」クラブである。すでに銀座には福沢諭吉以来の交詢社が倶楽部の雄として名を馳せていたが、「ハッテン」のクラブは英国流をそのまま踏襲したものであり、女性を徹底的に排除したことで世間の耳目を集めた。ハッテン卿がオーナーとなり、各界の名士を招いた開店パーティーは大変な盛況となった。薔薇の花を惜しげもなく使った会場の雰囲気は、日中戦争がすでに泥沼化している時期のものだとは思われなかったという。

優雅でなく、エレガンスでなく、品位のない者はこの店に入れさせない」。これがハッテン卿のモットーであった。

しかし翌1939年(昭和14年)になると、欧州大戦の危機が迫ったことで、ハッテン卿は英国政府によって召還され、「ハッテン」の経営は他の者に委ねられることになった。

戦後のハッテン[編集]

太平洋戦争の始まりとともに、「ハッテン」クラブの再興は事実上不可能になった。多くの若い男性が兵隊にとられ、降り続く焼夷弾の雨は銀座の街を焼き焦がした。コリドー街も例外でなく、ハッテン卿の愛した品々は競売にかけられただけでなく、罹災し離散してしまった。やがて終戦を迎えた「ハッテン」に昔日の面影はなかった。イギリス流の社交を愛する者などもはや残っておらず、高い格式を誇ったクラブ「ハッテン」も、カストリ焼酎が出回り、パンパンといわれる私娼が米軍兵士と戯れるような、品の悪い店へと淪落していったのである。

しかし、辛酸を舐めつつ戦地から戻ってきた若い復員兵たちは、「ハッテン」開店の時の、薔薇のパフォーマンスを覚えていた。戦地でともに戦った戦友たち、彼らとの旧交を温めたいとの思惑から、有志が集まって「ハッテン」が復活したのである。1952年(昭和27年)の冬のことであった。この「ハッテン」再建のパーティーには、歌手の丸山明宏(後の美輪明宏)も17歳で参加し、自慢のシャンソンを披露したようである。やがてこの店は「クラブ」ではなく「バー」とも呼ばれるようになり、「ハッテン」の「バー」ということで「ハッテンバー」→「ハッテン場」→「発展場」と呼ばれるようになったようである。

ハッテン卿の再来日とその死[編集]

高度成長期以降、公衆トイレもまたハッテン場の範疇に数えられるようになった。

ハッテンの人気は高度成長期も継続し、衰えを見せることはなかったが、東京中央区「銀座」の街の名が、他の馬の骨とも知れぬ地方のさびれた商店街に「○○銀座」と安っぽくつけられたのと同じように、格式を誇るはずの「ハッテン」の名前も、いつしか気安さから、適当な店にポンポンとつけられるようになったのである。新宿二丁目のたまり場にも「ハッテン」、上野駅前のいかがわしい店にも「ハッテン」、挙句には怪しげな男たちがサカる公園にも「ハッテン」と名づけられ、著しく俗化が進んだ。

そこへ折悪しく1979年に、40年ぶりにハッテン卿が日本の土を踏んだ。ハッテン卿は思い出のクラブを訪問できることを心から喜んでいたが、何かの手違いで、某街のいかがわしい「ハッテン場」に連れて行かれてしまったのである。事情を知らないハッテン卿は、その下品な出で立ちやエロエロ満点さのサービス、目の前で繰り広げられる痴態に仰天して、「Oh, Is this...mine...?」(これがわしの店か…)の言葉を最後に心臓発作で死去した。享年79歳。さすがにこの事を聞いた銀座の本店も、ハッテン卿に申し訳ないとの思いから、1980年をもって店の歴史に幕を下ろした。

今日のハッテン場[編集]

以上の経緯から、今日ホモの一部が行っているハッテン場の概念は、ハッテン卿とは一見関係ないようだが、それはそれ、無念のハッテン卿の魂は未だにこの世をさまよっているのではないか、とまで言われている。

また、風俗文化史の研究者らは、「男同士の肉弾がぶつかり合う夜の公園で、ハッテン卿は草葉の陰で泣いているに違いない。だから、人々が『ハァ、ハァ…』や『アッー!』などと見境なく口にする状況はとても看過できるものではない。ましてや、『ハッテン卿』を『ハッテン狂』とか書き換えるなんてとんでもないことである。ともあれハッテン狂の魂よ安らかに眠れ。」といったコメントを出している。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ハッテン場」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ルイス・マウントバッテン」の項目を執筆しています。

関連しない項目[編集]

人物[編集]

企業・法人[編集]

施設[編集]

政治[編集]

経済[編集]

地理[編集]

国際関係[編集]

宗教・信仰[編集]

工学[編集]

交通[編集]

情報・通信[編集]

文学[編集]

書籍[編集]

音楽[編集]

映画[編集]

新聞・メディア[編集]

放送[編集]

マンガ・アニメ[編集]

==アッー♂==