ハイドアンドシーク

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ハイドアンドシーク(英:Hyde and Seek/One five six)は、エクストリームスポーツであり、かくれんぼの一種でもある。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「ハイドアンドシーク」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

ルール[編集]

  1. この遊びは3人以上で、身長1hyde(メートル法に換算すると156cm)以下の者を含めて行う。少なくとも一人がゼルダの伝説シークになり、他の者達はHydeとなる。しかし、Hydeは身長が156cm以下の者しかなれないので、156cm以上の人間は必然的にシークとなる。
  2. Hyde達は、シークに見つけられないよう、何処かに隠れる。
  3. 一定時間(普通は156秒)が経過した後、シーク達は一斉に隠れたHydeを探し出す。シークがHydeを探している間、Hydeはシークに決して姿を現してはいけない。姿を見せてしまえばその人は失格となる。
  4. 15.6分経過してもなお、シーク達がHydeを全員見つけられない場合、Hydeの勝ちである。それまでにHydeを全員見つけてしまえば、シークの勝ちである。
  5. 勝ったチームは、負けたチームの中の一人を身長156cmとして扱うことが出来る。相手に相当の屈辱を味わわせることができる。

※シークの人数が比較的多い場合は、「大石Oishi」と呼ばれる場合がある。

由来[編集]

このスポーツが発案された頃は、ワン・ファイブ・シックス(One five six)と飛ばれていた。ところが、one fiveを早口で言うと「hive」と聞こえる。しかし、これが「hyde」と聞き間違えられたことや、sixの発音が「探し出す」の意味の「seek」に似ていたため、次第に「hyde and Seek」という呼び方が定着していった。

現在では、英単語の「hyde」は「小さすぎて見つけることができない」という意味だけでなく、「行方不明」「隠れる」などの意味でも使われている。

テクニック[編集]

Hyde側は、身長が156cm以下であるため、以下のようなテクニックを使うことが出来る。

  • 寝待ち
横になって隠れる方法。身長が小さいので、いろいろな場所に隠れることが出来る。
156秒間時間が止まる。その隙に隠れることが可能である。
  • 穴掘り
体を完全に地中に埋めてしまう方法。上から踏まれると痛いのが欠点。

逸話[編集]

北京でのエクストリーム・聖火リレーでは、Toach hydeという技が多用された。理由はもちろん聖火防衛のためである。

関連項目[編集]


この項目「ハイドアンドシーク」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)