ハイディウム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ハイディウム(Hydium)
一般特性
名称, 記号, 番号 ハイディウム, Hy, 156
分類 金属
族, 周期 3, 9
密度 15.6 g/cm3
灰色
原子特性
原子量 304 amu
原子半径 156 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。

ハイディウム(Hydium)は、原子番号156ネオ元素。ネオ元素記号はHy

発見[編集]

[いつ?] から15年と6ヶ月前、とある低身長で音楽好きな博士は、音素の化合物に未発見の元素を発見した。 その元素はラテン語で『隠されし(Hide)もの(um)』を意味するハイディウム(Hidium)と名づけられたが、嬉しさのあまり「Hydium」とスペルを間違えて書いてしまった。博士がそれに気付いたのは1週間後であったが、既に様々なメディアにおいて「Hydium」というスペリングが普及してしまったため、変えることが出来なくなってしまった。

その後博士がいろいろなデータを取ってみると驚くべきことに、全てにおいて156の数字が出ていることに気づいた。 ちなみにHydeとは何も関係が無いそうだ。

性質[編集]

156Hy[編集]

157Hy[編集]

  • 半減期:15.7

化合物[編集]

音化ハイディウム(Hy2Ph3)

導電性がよく、直流の電流を流すと1秒間に156回振動する。また、耐熱性等にも優れ、精密機械の部品などに使用されている。

過化ハイディウム(Qu1Dp5Hy6)

156人しか住んでいない村だけにあるとても珍しいネオ化合物

キリバン化ハイディウム((Hy156Kb100)

絶対に人工的に作れない。

鉄化ハイディウム(Hy5Fe2)

絶対に分離できない。

ハイシキドグレードム(Hy156)

研究中

注意[編集]

156があまりにも揃っているのは、ただ人類が偶然156という数字に気づかずに単位を定めてしまったからなのです。 もし、世界が少し変わっていたら、ハイディウムから156という数字は消えていたでしょう。

ネオ元素表[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「156」の項目を執筆しています。
この項目「ハイディウム」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)