ハイジのブランコ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ハイジのブランコエクストリーム・スポーツの一種。アルプスの少女ハイジが始めたため、この名称になったと言われている。
安全基準を満たしていない絶叫マシン。

概要[編集]

高い山に登り、崖からブランコを行う。競技人口は北欧 が中心。

目的[編集]

  • 高い山に登ることで山の澄んだ空気が味わえる。
  • ブランコによって風を得、爽やかな気分になれる。
  • ブランコから落ちたら、命は無い。スリルを味わえる。
  • 口笛を遠くへ届かせる。
  • 雲が待っているので行く
  • おじいさんに訊く。

遣り方[編集]

用意するもの
  • 高い山
  • 大木×2
  • 凧糸
  • 爽やかさ(特にやましい考えとかを一時的にでもすてる。)
実践
  1. 高い山に登る。
  2. 大木に凧糸を結わえ付ける。
  3. 凧糸を板に念能力で付着させる。
  4. 手に油を塗る。
  5. 乗る。
  6. あとは思う存分ブランコを楽しむ。
  7. 手が滑る。
  8. 凧糸が切れる。
  9. 落下。
  10. お察し下さい

創始者の言葉[編集]

「みんなブランコで爽やかな風を感じてね。上級者は板ナシでやってみてね。」
ハイジのブランコ について、アルプスの少女ハイジ

関連項目[編集]

崩壊753.jpg 待て!貴様が今見ているこの項目『ハイジのブランコ』はまだ書きかけ項目だ。つまり、ただの執筆者には興味がない。それが分かったら、その命、神に返せ!ハハハ…ボタン… 俺のボタンだ!! くっ!? 離せ! 俺はバウンティハンターの名護啓介だぞ!! (Portal:スタブ)