ノーベル財団

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ノーベル財団」の項目を執筆しています。

ノーベル財団(英・Nobel Foundation)とは、ノーベル賞を管理している団体である。

概要[編集]

ノーベル賞の授与というアルフレッド・ノーベルの遺言を守るために設立された財団である。主にノーベル賞受賞者の選定、授賞式のセッティングや商品・賞状の授与などを仕事としている。

また、活動の一環に新しくできたノーベル賞の周知や寄付の募集、後述するノーブル財団やノーベルクラブの管理などやることは様々である。

受賞者の選定[編集]

受賞者は財団職員や過去のノーベル賞受賞者により構成されるノーベル会議によって決定される。会議ではこの行為はノーベル賞の受賞にふさわしいか、他の受賞者に見劣りしないかなどの観点から真剣に議論し決定する。この会議の議事録は基本的に50年間は公表されないが、財団職員に賄賂を渡すことにより他人に公言しないという条件付で閲覧することができる。

また、賞の新設や受賞対象の変更、廃止などもすべてこの会議で決まる。会議の招集は基本的に年3回行われ一週間ほど議論される。

資金源[編集]

元金はノーベルの遺産である。でも毎年のように多額の賞金を受賞者に与えていれば、それだけでは資金が枯渇してしまう。そこでなどで資金を増やしたり、寄付を募ったりしているがまだ足りない。

そこで、財団では一定金額を払えば貰えるノーベル参加賞の設立や、様々な思惑で賄賂を貰うなどして何とかやりくりをしている。賄賂は財団本体だけでなく財団職員にも支払われている。そのため財団職員は高給で知られている。

ノーベルクラブ[編集]

このクラブはノーベル賞受賞者のみに入会を許されるノーベル賞受賞者の互助会である。会費は年会費のみであり年に賞金の十分の一である。このクラブに入るとノーベル会議に参加することが許されたりノーベル財団の力を使っていろいろすることができる。

また、このクラブでは他にも会員同士のコネやノーベルクラブ会員という名誉も手に入れることができる。そのためお金かかかるが受賞者の大半はこのノーベルクラブに入会している。

批判[編集]

このようにノーベルの遺言の意思を無視するような行動が多すぎるためノーベル財団を何とかしてつぶせという声が定期的に飛び出している。しかし、このようなバッシングに財団はうろたえることなく活動を続けている。ただ、このような批判があっても辞退者はまず発生しない。みんなと名誉が欲しかったのである。そのような人が多数派なので財団がつぶれることはまずないだろう。

影響力[編集]

もともとはすごい人をノーベルの名の下に表彰してきたので価値のある賞であった。それがいつの間にかノーベル財団が与える賞だからすごいという風に変わってきた。それが財団の影響力が強くなる始まりである。

名誉が欲しい人々はノーベル財団にすりよりノーベル賞をくれと賄賂をわたし、それによって財団は賞を与えてきた。当然そのことは徐々に世間に漏れていき世間からはバッシングを受けた。もちろん、真面目な選考もしているからこそ人々から見捨てられなかったのだが、賄賂で汚れた団体ということを知っていてもノーベル賞を辞退する人はほとんどいなかった。仮に薄汚れた賞であっても、自分の研究が認められて富と名声を手に入れことはそれ程に甘美なものだったのだろう。

いつしか、賄賂の種類は金だけでなく土地や株券、財団に都合のいい法律の制定・改正、さらには軍事組織まで財団に送られるようになった。ここまで来ると財団はたいていの団体となら戦えるようになった。そして、今ではノーベル財団の力は国単位でも止められない程になった。いつかはあのエクストリームスポーツ実行委員会の力さえ上回るとされ、利害が対立すれば全面衝突となるだろう。

関連項目[編集]