ノーベル独裁賞

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「ノーベル独裁賞」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

ノーベル独裁賞( - どくさいしょう)とはノーベル賞の一つである。賞の性格上極めて特殊な位置づけがなされており、国家における独裁、民間における物など、ごく一部の者が受賞している。しかし、本人が独裁だと気づいていないケースも多々あり、受賞者に賞を授与できないケースが多い為に、5年ごとに授賞式を開いている。(5年ごとの授賞式の際に該当者がおらず、その翌年に該当者が現れても、予算の関係上、次の授賞式に持ち越される。)

歴史[編集]

ダイナマイトで有名であるノーベル氏の遺言によって創設された「ノーベル賞」の一つである事は言うまでもない訳だが、なぜ作られたのかは謎が多いのである。そもそも、ノーベル氏は独裁とは全くと言っていいほど、関係ないはずである〜と思われがちだが、ダイナマイトを売る際、爆弾市場を独占し、ダイナマイトの値段をつり上げまくっていた。 このことの知名度が低いのは、彼の情報統制だのためといわれる。よって、彼は紛れもない独裁者といえる。 この情報統制の一貫として、ノーベル独裁賞が生まれたと言われる。

しかし、ノーベルに洗脳されて頭がパーンとなったクズ共は彼の助手の一人である、ド・クサイスキーというロシア人が関わったといっているが、その名前から分かるように、頭がパーンとなるどころか-273℃になって凍り付くようなしょうもないジョークである。結局、誰が作ったのかは謎である。

選考基準[編集]

政治家は勿論、政党・人でも受賞は出来る。場合によっては家畜・動物・ミジンコであっても独裁が認められれば、受賞は出来るのである。

政治家や政党では、いかに国民の自由を奪い、粛清言論弾圧ジャイアニズムの実行ができたかが選考の基準とされる。

しかし、ここ1980年代以降は、赤い国を始めとした国の民主化が進んでおり、受賞者が減りつつあったが、2000年代を境に増えつつある。

また、レアアース石油といった世界的需要の多い物質の貿易を制限したりして、いかにして国際社会を引っ掻き回したかということも選考基準になる。

ノーベル独裁賞受賞者[編集]

歴代受賞者[編集]

自分のものは自分のもの、他人のものも自分のものを何とも思わず独裁を行う英雄たちのリスト。

受賞者 所属国 受賞理由
1841年 イギリス東インド会社 大英帝国 清朝にアヘンを大量に輸出し清朝を占領。戦争まで起こし、会社をなくすまでに至るが、その我が儘っぷリは子供のようである。
1858年 タウンゼント・ハリス外交官 アメリカ合衆国 不平等条約である日米修好通商条約を江戸幕府と締結。日本の商業の多くを独占した。
1905年 帝政ロシア政府 左に同じ 1905年の血の日曜日事件により受賞。
1909年 伊藤博文 大日本帝国 朝鮮総督府による、朝鮮支配により受賞。ただこの年に彼は暗殺され、受賞式に出席できず、葬式でノーベル財団の代表が受賞の旨を伝えた。
1910年 帝国政府 大日本帝国 理不尽な理由で大逆罪を適用し色々な人物を逮捕したので受賞。
1919年 シドニー・ローラット委員長 大英帝国 英領インドにおける、ローラット法の施行でみごと受賞。この年に起こった五・四運動や三・一独立運動において粛清を行った、大日本帝国のW受賞とはならなかった。
1925年 帝国議会 大日本帝国 1920年からの治安警察法からの飛躍で治安維持法が制定されたのが授賞理由。
1928年 ベニート・ムッソリーニイタリア王国首相 イタリア王国 世界で初のファシズムを展開させ、独裁体制建築に成功。ヒトラーの登場を助けたのも理由に受賞。
1933年 アドルフ・ヒットラー総統 ナチスドイツ ナチ党が、ドイツを一党支配し、他の政党を排除。ナチスに従わない場合には逮捕、拷問、死刑が適用されたのが主な理由。
1940年 大政翼賛会 大日本帝国 大日本帝国の政党をすべて投合し、共産党は排除させ、ドイツ・イタリアに継ぐ独裁体制を完成させ、日本臣民を戦争へと遂行させたのが受賞理由。
1945年 GHQ アメリカ合衆国 ドイツの分割占領、日本全土を占領し、沖縄、小笠原など太平洋の島々を占領した。大日本帝国は絶対悪であるという名のもとに、日本人の洗脳を開始したのが授賞理由。
1951年 毛沢東 中華人民共和国 1950年~1951年にかけてチベットを進行、占領。チベット人は中国人であるという洗脳教育を始めたことによる受賞。
1958年 中国共産党 中華人民共和国 大躍進計画による政策の失敗、国民の貧困加えて、共産党の独裁主義が評価され、受賞。
1966年 中華人民共和国 左に同じ。 文化革命の開始。
1969年 大学生 日本国 安田講堂での学生運動により日本人大学生全員に受賞。
1977年 ボカサ1世 中央アフリカ帝国 20世紀も中盤を過ぎたにもかかわらず「帝国」を名乗る国家を設立し、自ら皇帝に就任して全世界の失笑を買った功績により受賞。
1987年 剛田武 日本国 のび太のものはおれのもの、おれのものもおれのものと傍若無人な振る舞いが全世界に知れ渡ったため受賞。
1989年 ヨシフ・スターリン ロシア ソヴィエト崩壊により、故人スターリンが行ってきた多くの独裁が評価され受賞。
1994年 金日成将軍 朝鮮民主主義人民共和国 北朝鮮での独裁政治を行ってきた功績。
1998年 ポル・ポト カンボジア 多くの独裁政治に対する評価。
2001年 オサマ・ビンラディン アフガニスタン 2001年、アメリカ同時多発テロの主導者であるがゆえに、アフガニスタンをアメリカに侵攻させた功績。
2002年 ウラジーミル・プーチン ロシア連邦 ソ連崩壊以後のチェチェン、グルジア侵攻が評価される。
2008年 胡錦涛国家主席 中華人民共和国 チベット、東トルキスタンでの聖火リレーを行うために軍を出動。また、世界各国での聖火リレーを行うために、世界中に中国人をばらまいたことが評価される。
2010年 中国政府 中華人民共和国 2010年のノーベル平和賞を中国の民主活動家、劉暁波氏に授与すると決定したことに対しノルウェーに抗議し、内部の独裁が見えたため。
2011年 カダフィ大佐 リビア 反乱軍に対し、葬式や休眠中すら爆撃を行い大量の死者を出したため。死後受賞となった。

特別受賞者[編集]

受賞候補[編集]

評価・エピソード[編集]

この賞を受賞する組織・人々は受賞する少し前からもらえるかもしれないということを知ると、その喜びと不器用さあまりに、ノルウェー・ノーベル委員会に圧力・挑発を掛けるというツンデレっぷりを発揮するのが特徴である。しかしいくら喜んでもらえるとは言え、爆弾を放りこまれたり、紛争の原因になったりするかもしれないので、ノーベル委員会を務めている人はある程度図太い神経をもっていないといけないとされる。

ノーベル殺人賞の顔触れとよく被ると言われるが、それは独裁国家には粛清が尽きものだからであろう。またそれでも、独裁賞の場合は殺し屋テロリストが含まれず、一方殺人賞の場合はネトウヨのような向こう見ずの言論組織が含まれないという違いがある。

関連項目[編集]


この項目「ノーベル独裁賞」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)