ノンアルコールビール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「ノンアルコールビール」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ビールテイスト飲料」の項目を執筆しています。

ノンアルコールビールとは、酒税法の盲点を付いて利益を確保する為の商品である。

概要[編集]

日本国内において、アルコール含有飲料は全て酒税法の管理下にあり流通においては高額の酒税を商品価格に上乗せする義務が存在する。その為清涼飲料水と同じ容量で小売り販売した場合その値段は倍程度となる[1]が、酒税として計算される金額を除くと利益率はかなり低くなる。利益を確保するとなると価格を上げざるを得ず、それにより消費自体が落ち込み余計に利益が落ちるという構造的なマイナス要因を抱え込んでいるのである。

これは「とりあえずビール」として大量消費されるビール業界も例外ではなく、アルコール含有比率を減らし酒税比率を引き下げた「発泡酒」や「第三のビール」などを世に出したものの、これらも酒税法の網を潜る事が出来ず価格に大きな酒税を上乗せせざるを得なくなってしまった。

そこで業界が起死回生の一打として打ち出したのが「アルコールではないビール」、すなわちノンアルコールビールだったのである。酒税法はあくまでアルコール含有飲料に対する法律であり、ノンアルコール飲料に対して課税することは実質不可能。また日本産ビールの場合アルコール度数は4%程度と元々低いため、アルコールを抜いてもホップの苦味をカラメルなどで再現することが可能であると実証されたこともノンアルコールビール研究の追い風となったのである。

ノンアルコールビールは清涼飲料水としてはやや高額に設定されているものの「ビールとしては安い」という額になっており、また昼間から飲もうが車を運転しながら飲もうが気兼ねする必要がない[2]。またカロリーやプリン体カットも容易であり、健康に配慮しつつも飲酒習慣を維持したい層から愛好されている。

反論[編集]

ノンアルコールビールに対しては、主に酔っ払いを中心にして批判的な意見も強い[要出典]。酒肴研究の第一人者として知られるラズウェル細木氏は自著にて「ビール味の飲料は、アルコール入ってないと美味しくない」「こんなもの飲むくらいなら炭酸水でも飲んでしのいで、夜おもいっきり本物のビール飲む方がいい」と語っている。

また、「アルコールより雰囲気に酔う場合も多い」としてノンアルコールビールにも酒税を課すべきという声も強い。その場合酒税法の拡大解釈に繋がるとして酒造メーカーは反発しているが、既に小売店では未成年へのノンアルコールビール販売が規制されるなどノンアルコールビールをアルコール扱いする空気が蔓延しつつある[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 500ml缶一本辺りで計算。
  2. ^ 本来は酒であれば、たとえ養命酒でも規制対象である。

関連項目[編集]