ノロウイルス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ノロウイルス」の項目を執筆しています。

ウンチウイルスとは、便秘ダイエットに悩んでいる人々に希望をもたらした善玉ウイルスである。ものすごい効き目後遺症がない短期間で効果がわかるといった画期的なウイルスで、便秘に悩む若い子や奥さま方の間で大流行した。

概要[編集]

このウイルスの歴史は古く、1968年にまでさかのぼる。その当時、世界各地の小学生達が集団ダイエットの成功や便秘が治るといった快事件が発生。原因を調べてみるとあるウイルスが見つかった。ウンチウイルス発見の瞬間である。今でこそ世紀の大発見だと思われるが、当時の小学生の間ではそんなにピザ、つまり栄養状態のよろしい子がいなく、下痢気味だった子の全身から水分がやぶれた水風船のように抜けて見れたもんじゃない状態になったので悪玉ノロちゃんと呼ばれ、あまり流行らなかった。

しかし1977年、日本の札幌でウンチウイルスの亜種を発見。金になると睨んだ日本はそのウイルスをサッポロウイルスと名付け製品化を進めた。これにより現在、サッポロウイルスはウンチウイルスの亜種の中でも1,2を争う人気で世界中に認められている。サナダムシより嫌悪感が先立たず、安価ななうえに寝てるだけで痩せられるため奥さま方に受けがよく、現在は生産が追いつかないといった状況になっている。

効果[編集]

ウンチウイルスの効果は折り紙つきで、現在あるどのダイエット食品よりも効果がありどの浣腸よりも優れているといわれている。ウイルスが体に入ると、最初は風邪とよく似た症状が出るが、しばらくすると体から余計なものがどんどん出て行く(治療期間)つまり今流行りの言葉で言うとデトックスである。この症状は1、2日でなくなりその後、特に後遺症無く大幅なダイエット成功になっている(一説では3kg痩せた人もいるという)。

副作用[編集]

このウイルス最大の副作用はその感染力であり、感染者に接触するだけで感染する場合がある。顧客側にとっては大助かりだが、商品売り上げに大きく響いているため、企業側にとっては頭痛の種となっている。そのため、企業側は感染を防ぐために手洗いやうがいを勧めている。

関連項目[編集]

この項目「ノロウイルス」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)