ノルマン現象

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ノルマン現象(-げんしょう)とは、かつて存在すると言われていた週刊少年ジャンプ上の都市伝説。

発端[編集]

ノルマン現象という言葉が使われ始めたのは、西暦2000年頃だとされている。当時連載していた『ノルマンディーひみつ倶楽部』が、明らかに同時期の連載作品に比べてレベルが落ちるにも関わらず、打ち切りの憂き目にあわず丸一年もの長きにわたって連載を維持した事がその切っ掛けである。多くの糞漫画評論家は「作者の師匠・和月伸宏の七光りではないか」と分析したが、同じく和月組のがぎん兄さんらがあっさりと切られていることからそれは否定された。また作者が編集にケツを差し出して連載枠を取ったとも噂されたが、同時期に女性作家が何人も打ち切られているのを考えると、それは無理があるとしてこれも否定された。

そして「周りにもっと酷い出来の漫画が多かったから、そっちを先に切ったのではないか」という説が一般化していった。が、中には頑なに「糞漫画愛好家が熱烈にプッシュした結果、編集部が動いた」という都合のいい話を信じる者もいた。ネットや同人で盛り上げれば糞つまらない漫画でもなんとか生き残れるという、とんでもない都市伝説「ノルマン現象」が生まれた。

実証[編集]

ところがぎっちょん。その後多くの糞漫画愛好家が箸にも棒にも掛からぬ糞漫画を戯れにプッシュし続けたが、そうやってうまく生き残った作品はごく少数。中にはアンチによる熱烈なプッシュで短命に終わる、という逆ノルマン現象が起こるケースもあった。初恋限定。とかな。そして何とかノルマン現象が起きたごく少数の作品も、死刑台に上る日が僅かに伸びただけという有様のまま低空飛行し結局誌面から消えていった。むしろこいつらが犠牲になったおかげで『NARUTO』『BLEACH』のような長期連載組がダラダラ生き残れたんじゃないか、とまで言われた。

また「糞つまらない上にまったくプッシュされない糞漫画」が何故か生き残るという珍事件も起きた。そう、私立ポセイドン学園高等部である。まだ見どころがあり信者も芽生え始めていた『MUDDY』や『K.O.SEN』を踏み台にして「トガシ枠確保」という名目で全国の読者を苦しめたこの超ド級の糞が生き残る、という展開に「ノルマン現象など存在しない」「どうせプッシュなど無意味」と糞漫画愛好家が膝を屈したのは言うまでもない。

アンサイクロペディアにて[編集]

さてこのアンサイクロペディアでもかつては大まじめにこの現象が語られ、長期にわたり観測を行っていた。んが、途中から延々と短期打ち切り作品の墓穴を掘り続ける「週刊少年ジャンプ打ち切り漫画の一覧」と化していた当該記事に、ついに当時の管理者が激怒し「何一つ面白くないのに延々と編集され続ける有害記事」として削除すべしとの声を上げた。そして「こんなもんに関わった連中も全部荒らしじゃ」とばかりに書き込んでいた連中は次々粛清を受け、一旦更地となっている。「LTAの砂場」という言葉が相応しいか。他にもつまらない記事はあっただろうに、ノルマン現象の記事にノルマン現象はやはり起こらなかったのである。合掌。

関連項目[編集]

キャプテン翼の例のアレ.jpg ノルマン現象 は、漫画関連の書きかけ項目です 」

「 書きかけとかつまらないとかはどうでもいい、ノルマン現象加筆するんだ! 」 (Portal:スタブ)