ネットカフェ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ネットカフェ」の項目を執筆しています。

ネットカフェ(ねっとかふぇ)とは、インターネットしながらお茶を飲める空間である。喫茶店でネットが出来る店でありながらコンビニさながらの24時間営業の店舗が多く、その上、冷暖房完備で、個室だったりフリードリンクやシャワーなどの設備まであるため、実質的に宿泊も可能という、その使用料金の割には、ぱらいそのような場所といえる。現在若いホームレスの住居としても利用されており、住民票を発行してくれるところもある。最近は漫画ばかりを中心に書籍類も置くようになったことから、漫画喫茶とも呼ばれる。

概要[編集]

県庁所在地や、商業の中心地、利用者数の多いなど交通の拠点となる施設の周辺には必ずといっていいほど置かれている。 その名の示す通り、紅茶珈琲、その他ソフトドリンク類を気軽に飲める環境を提供することで利益を得ているのだが、それだけでは先行者との競争に勝てないため、オマケでインターネットも使える様にしてみたらこれが大成功。かつてのインベーダーブームにおける喫茶店経営と同じようなものだと思っていただければ説明の手間が省けて誠にありがたい。

気軽にお茶が飲めることを前面に押し出しているためフリードリンク制をとっている店舗が多く、特に夏場は冷房もあって元が取りやすい為、このことが人気の理由の1つでもある。ここ数年では、競争の激化からサラダやスイーツなどの軽食もフリー制を取り入れている場所も目立つ。どうみてもメタボの原因です。本当にありがとうございました。インターネットも使い放題なので、自分の痕跡をたどられたくないインフラ整備の遅れからネット環境に恵まれていない一部の方々に大変好評を得ていてリピーターも多い。後に多くの店舗が24時間営業を取り入れたことで爆発的に利用者が増加。近年では夜間に入ってから空き部屋を探すことが困難であるほどの盛況ぶりであり、入店できなかった人が外に溢れたことからネット難民という言葉も生まれた。

簡単な流れ[編集]

前に多く設置されているのはあまりにも有名。最近は国道沿いにも出店しているとの事である。

中を見ると、そこには受付がある。そして、自分がどれくらい利用したいのかをまず伝える。たまに部屋の種類やパソコンの種類を聞いてくるが、詳細は後述する。

たいていはドリンクバーが使えるが、中には別料金を徴収する店もあるので事前によく確認することである。

不都合な真実[編集]

宿泊が可能なネットカフェの設置、その本当の目的は国内の宿泊施設の不足に対する苦肉の策である。消防法などの改正により、宿泊施設に関しては、旅館は元よりビジネス/カプセルホテルに至るまで、重箱の隅をつつくような細かな規定が設けられてしまった。これがゼネコンからの賄賂献金を目的としたぴーの陰謀であることはいうまでもない。これにより条例に違反しない為の建築や備品設置にかかる費用は上昇。その上、タカリ根性丸出し正義感と使命感に燃える公務員が検査の際、あからさまなほどに袖の下入念な確認を求めてくる為、更に費用は嵩み、施設の立て直しや僻地への参入ならいざしらず、需要の見込める地域への新規参加はコスト的にまず不可能になってしまった。

この法の抜け穴をかいくぐるべく考え出されたのが24時間営業のレンタル個室だった。これらの個室は一つの例外もなく天井が筒抜けであり、かつ入り口に鍵を掛けることができず、貴重品は添え付けの金庫へ入れるか店員へ預ける。これなら、個室を8~12時間前後、個人に貸すだけのことであり、表向きの目的が必ずしても宿泊でない以上、法令や条例にひっかかる束縛されることはない。また個室のレンタルが長時間に及んだ場合、もしかしてぴーしているのではないかといういらぬ疑惑をかけられる前の言い訳として、あくまでお茶を飲みながらインターネッを楽しめる環境の提供という表看板を設置し、巧みに法だけではなく世間の目までもかいくぐったわけである。しかし、安価で宿泊利用が可能なネットカフェの存在により、結果的とはいえ多くの人間が救われたのだから、その存在や目的を安易に非難すべきではない。むしろネットカフェという存在に支援されているには関わらず、年末、公共建築物の前の広場が開拓されて村ができてしまう様な国を作ってしまったぴーこそ非難すべき対象である。

漫画喫茶、ネットカフェに1日いるだけでプロの漫画評論家という職業になれる、これは無職フリーターではない、このプロの漫画評論家という職業でのメディア出演は可能だがそれをやった人物は今のところ一人も存在しない。 猷逸、似た行為を堂々と行った人物は2ちゃんねる運営で有名な東京Kittyさん、TBSの番組において似た行為を行った、この行為にプロの漫画評論家一同は見習わなければいけない。

関連項目[編集]

この項目「ネットカフェ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)