ネタ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ネタとは、一般的には題材や素材などの意味で解釈されているが、正しくはやったという状態を表す用語である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ネタ」の項目を執筆しています。

概要[編集]

「お前、もうネタ?」中高生位で流行するこの話題、早熟な子にとっては自慢なのかもしれないが、奥手の子にはちょっと鬱陶しい質問である。そんなネタなんてどうでもいいのだ。知りたいのは誰がネタとかそういう情報ではなく、どういう手法を取ったのか、どこでやったのか、そこはどんな状況だったのか、どんな形をしてるのか、気持ちよかったのか、なのである。

ただ、ここで白状してしまえば楽になるのだが…つい妄想の話をしてしまい、虚飾がバレてしまって一言「ネタだよ、ネタ!」

主なネタ[編集]

  • ソース、情報源
  • 食材(特に寿司などで常用的に使用される)
  • 創作的な冗句混頭などの為の筋書き、手品などの仕掛け(種)のこと
  • 苦しい言い訳
  • 寝た

諸説[編集]

  • 今日はどことなく上の空。なんせベッドには憧れの彼女。まだ気持ちも初々しいから、一緒に風呂なんて恥ずかしくてできない。彼女に先にシャワーを浴びて貰って、自分は後から…。丹念にあんな所やこんな所を綺麗に洗って、もう何処をどう臭っても石鹸の匂いしかしないぞ、念には念を入れて十分に湯船に入り直して…。
    気が付いたらいつもの5倍もの時間を掛けて風呂に入っていたらしい。ふとベッドを見ると、彼女は動いていない…。
    「ネタかな?」
    目を閉じたままにっこり微笑む彼女を確認し、今宵は大人にこんにちは。
  • つきあい始めて早ン年。学校も卒業し、共に社会人になって…。
    とある朝の通勤時、非常に混雑した電車の中、前に立っているオヤジの整髪料の匂いを強制的に嗅がされ続け、仕事で失敗をした為に上司にこってりとお小言を頂戴し、そのミスを取り戻す為に終電になるまで無賃残業をし、帰りの電車でも酔っぱらいの発するアルコール臭を嫌と言うほど堪能して丁度帰宅した所で彼女から電話。
    電話に出て一言「頼む、今日はもうネタ事にしてくれ」
    互いの気持ちがすれ違う事もこの頃増えてきた。
  • そんなこんなの腐れ縁もいつしか実り、気が付けば俺も一児の父親に。彼女はもちろんたまに愛している。
    今夜も互いにどこか気分が落ち着かない、こんな日は早く子供を寝しつけるに限る。もう夜も寝静まった頃にそっと子供部屋の前を見て、電気が消えてるのを確認。
    「OK、もうネタようだ」
    夜はさらに更けていく。
  • 「光陰矢のごとし」とは良く言ったもので、髪も残っているものはすっかり白くなり、すっかり老いてしまったようだ。
    長い人生だったような気もするが、そうでもないのかもしれない。充実した人生であった気もするし、やり残した事がある気もするが、最近はそんな事はどうでも良い気がする。今朝はなんだか起きるのが辛い、でもなんだか気持ちが良い。
    回りの迷惑にならないように、このままネタ方がいいのかも知れないな。
    ありがとう、さようなら。

関連項目[編集]

この項目「ネタ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)