ニーソックス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ニーソックスとは、以下の意味がある。

膝丈の靴下「ニーハイソックス」、膝上丈の靴下「オーバーニーソックス」、ふともも丈の靴下「サイハイソックス」だが、多くの場合は「ニーソ」と呼ばれ「オーバーニーソックス」、「サイハイソックス」を指す言葉として使われる。

種類[編集]

「ニーソックス」には上記の三種類の長さがあるが、「ニーハイソックス」はあまり人気がない。 上記の画像を見れば一目了然だが、「ニーハイソックス」は膝丈という中途半端な長さなためダサく見える上に、足が短く見える。それに対し「オーバーニーソックス」、特に「サイハイソックス」はふともも全体を覆う事で足のラインがより綺麗にみえる事がわかる。そのため漫画・アニメ・ゲームなどでは「ニーハイソックス」ではなく、「オーバーニーソックス」、「サイハイソックス」(まとめて「ニーソ」と呼ばれる)を履いている事が多く、萌え要素の一つでもある。

また、指先が空いているトレンカや柄物、「ニーソックス」と「ストッキング」が合体した「ニースト」等は、「ニーソックス」の魅力(下記参照)が無くなるため男性受けはあまり良くない。

魅力[編集]

ルイズの脚.gif
  • 素肌と違う色のニーソを履くことによって足のラインが強調され、わずかに腰に近い部分のふともも【絶対領域】が見える事により自然にそこに目が魅かれる。
  • また絶対領域は【ミニスカートの丈:4】:【絶対領域:1】:【ニーソが覆う太もも部分:2.5】=4:1:2.5とされている、このことからニーソの長さは膝上15cm以上が目安!
  • ニーソの履き口のゴムがふとももに食い込む事によって生まれるムッチリ感。
  • ズレてきたニーソを直すしぐさ。
  • ニーソに包まれた指先。
  • またここで述べたニーソの魅力を発揮できるのは、膝までしか隠れない「ニーハイソックス」ではなく、ふとももまで覆う「オーバーニーソックス」、「サイハイソックス」を履かなければ上記の魅力は発揮されないので注意!

[編集]

ニーソにはいろんな種類の色があるが、黒が圧倒的に人気である。

  • 黒ニーソ>>白ニーソ>縞ニーソ>その他

呼称[編集]

靴下の種類500×408.png
ニーソ丈.png

ニーソ」と「ニーハイ」の違いは以下の通り。

ニーソ
主にオーバーニーソックス、サイハイソックスの事を指す
ふとももまで覆うため絶対領域がつくれる
ニーハイ
「ニーハイソックス」の略
短いため絶対領域がつくれない

また、店などで注文する場合は正式な名前で呼ぶ事をおすすめします。

ニーハイソックス[編集]

ニーハイソックス

一般的に「ニーハイ」と言う呼び方が浸透しているが、ニーハイとは「膝丈、膝までの高さ」という意味なのでソックスかブーツかわからないためあまりよくない。そのため膝上丈以上の靴下をまとめて「ニーソ」と呼ばれる。

ファッション[編集]

最近一般的にもファッションとして取り入れられ、ニーハイソックスを履いている女性が多く見られるが、なぜニーソではなくニーハイソックスを履いている女性が多いのかというと、足が短い人が多い日本人には、下着が見えそうな極端に短いミニスカートを履かなければならず、ふとももまでの長さのニーソだと食い込むお肉を気にする人が多いため(本来はそれが良いのだが…)膝丈までのニーハイソックスを履いている人が多い、だがそれでは魅力は半減してしまう。 ニーソックスの魅力を発揮できるのは選ばれた女性か、二次元に限られてしまうのが残念である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ニーソックス」の項目を執筆しています。
Bouncypotato.gif
この記事「ニーソックス」は何故か「ニーソ」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
その国土の長さから「南米のニーソ」と呼ばれている。