ニダ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 ここでは韓国朝鮮語風の語尾について説明しているニダ。リトアニアの地名についてはニダ (都市)を参照するニダ。

ニダは、日本語などの語尾につけると、それはどことなく大韓民国朝鮮民主主義人民共和国の言葉(韓国語朝鮮語)のように聞こえる一種の魔術である。中国アルヨや日本のですぅーに相当するといえる。

ニダを使用することによって、日本語でも韓国語扱いになり、韓国の人とコミュニケーションをとれるため非常に便利だが、韓国語教室の関係者が、ニダ開発スタッフを相手に訴訟を起こすなど、問題になっている。

主に2ちゃんねらーが韓国人を揶揄する目的で韓国人の発言とするものを表現する際にも多用されるが、ニダは本来日本語の「です」「ます」に相当する非常に丁寧な言葉である。したがって、たとえば韓国人を揶揄する目的で「<丶`∀´> < 謝罪と賠償を要求するニダ」というような一文を記したとしても、「ニダ」を含むと「<丶`∀´> < 謝罪と賠償を要求するですぅー」となり、この時点で揶揄しながら「非常に礼儀正しい韓国人」を表現していることになり、一種のツンデレが成立する。同様に、この「<丶`∀´>」は謝罪と賠償を要求しながらも非常に丁寧な言葉遣いを行っており、これもまたツンデレである。

つまり、「ニダ」という言葉は、「ツンデレ」という文化に非常に関連が深いものであると言える。

韓国語簡易化会議[編集]

ニダは1989年から、拉致問題を解決に導こうと全国の言語学の教授らが集まり、行われている韓国語簡易化会議により2004年に制定したものである。韓国語の簡易化は以前から議論され続けられていた。

第1回では語尾に「ハムニダ」をつけると、それはどことなく韓国語に聞こえるということで落ち着いていたが、これを実際に使用した日本人が、韓国人に殺害される事件が多発したため、再び議論されることになる。

第2回では前回の失敗や韓国人の脳波も視野に入れ検討し、語尾に「ジョンイル」をつけると、それはどことなく韓国語に聞こえるということで落ち着いたが、これを実際に使用した日本人が、ジョンイルに拉致される事件が多発したため、再び議論されることになる。

第3回では前回の失敗や正日の脳波も視野に入れ検討し、語尾に「ハセヨ」をつけると、それはどことなく韓国語に聞こえるということで落ち着いたが、これを実際に使用した日本人が、韓国人に挨拶されまくり、ノイローゼうつ状態に陥るケースが多発したため、再び議論されることになる。

第4回では前回の失敗や2ちゃんねるも視野に入れ検討し、語尾に「ニダ」をつけると、それはどことなく韓国語に聞こえるということで落ち着き、いまだにニダによる負傷者や拉致被害者はでていない。

ニダ使用例[編集]

  • 謝罪と賠償を要求するニダ!
  • 今日から給料半分、残業二倍!あいつはオニダ!
  • パンにハムはさむニダ!
  • 1+1は?……ニダ!
  • こんなこと書いてて…時間のニダ!
  • 噛むさハム、ニダ!
  • 2+2は?……ヨンダ!
  • 今日の晩飯はカニダ!
  • 私の名前はダニダ!

ニダが含まれる名言[編集]

「おい助けろニダ!」
ニダ について、フルハウスの赤服の人
「僕の勝ちだ!ニダ!!」
ニダ について、夜神月

ニダの正体[編集]

朝鮮で使用されているのはニダではなくムニダである。ちなみにニダは古代朝鮮語で「行く(現代朝鮮語ではカダと言う)」という意味でありアクセントが変われば「葺く」というい意味になる。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

日章旗 【拡散希望】この項目「ニダ」をこのまま放置してしまうと、内容が反日左翼によって韓国北朝鮮中国の都合のいいものに歪曲されてしまう危険性があります。愛国者の皆様の加筆・修正日本特定アジアの魔の手から護りましょう! (Portal:スタブ) 旭日旗