ナンパ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ナンパの対象として最もナンパの成功確率が高いとされる人間の特徴

ナンパとは、公共の場で面識のない者を拾ってどこかへ連れていく行為のことを指す俗語である。

概要[編集]

20世紀末に大流行したとされている。面識の全くない人とも親睦を深めるという新しいコミュニケーションスタイルであるとして、マスコミュニケーションメディアでも大々的に取り上げられるようになり、大きな流行を呼んだ。

しかし実態においては、誘拐との意味の違いがほとんどない。ナンパの定義において、ナンパ実施者が実施対象の連行を実行する際に対象者の合意があったか否かは全くもって問われない。そして、広辞苑における定義からも同様のことが読み取れる。これに対して、日本ナンパ振興協会は強く抗議して反対意見を述べたが、最近は対象者の合意がないまま連行に至りそのまま乱暴に至る種類のナンパが広く流行していることが統計でも明確なので、この意見に一切の説得力は認められなかった。

最近では、自動車を用いた合わせ技で用いられることが多い。主な順序は、ナンパ実施者が車に乗った状態で対象者に近づき、これを車に乗せて発進した後にしばらく移動してから一目の付かない場所で停車し、そのまま車内で性交して、性交が済んだ対象者を山中で降車させた後に車を発進させて帰還するというものである。山麓で女子をかっさらって山中へ飛ばし、バコバコセックスしたまま素っ裸で山中に放置してそのまま凄まじい勢いで下山するというその様は、六甲山系から吹き降ろす豪勢な山颪のようで非常にCOOLな登山スタイルであると敬意を示され、一部の阪神タイガースアンチによって六甲おろしと名付けられた。

流行[編集]

繁華街の「スタバ併設」のツタヤ近辺などで行われることが多く、2008年代後半のリーマンショックの頃には、職業安定所がその実践の場として東京に住む妊婦好きの一部に流行した。

2011年ごろから都内の大学生を中心とするナンパブロガー集団が渋谷で有名になった。要するに、ナンパは20代が自身の性的魅力をアピールする道具となったのである。しかし、ナンパブロガーがブログで掲載しているナンパ相手の写真は、それが被写体となる本人の合意に基づいて掲載されたものであるとは限らない。掲載されている写真は、もしかしたらブログ著者の性的魅力をアピールしているのではなく、性犯罪加害能力をアピールしている可能性も高いのである。

2012年後半からは池袋を中心にスイーツ (笑)DQNからのナンパ師狩りという侵略が見られるようになった。ナンパをする人間の集まる場所は、ナンパ待ちの集まる場所でもあり、有名な場所はそういった両者の社交場と化していたが、現在は、女子力を測るためにわざと通るものも多い。

道頓堀心斎橋をつなぐ戎橋はナンパ師がその場で相手をナンパすることから「ひっかけ橋」とも呼ばれていたが、2005年頃から、ナンパ待ちとみせて無視するという、文字通りナンパ師を「ひっかける」という意味に転じている。

2014年ごろからプロナンパ軍団が現れ、大々的にナンパが世にでてくる。その存在は全国区で有名となりナンパする者としてはも憧れの的となる。

情報商材[編集]

ナンパ情報商材は、恋愛商材の中でもアフィリエイター注目されていた。何故なら商材購入者のごく一部しかナンパを実施しないからである。このため返金要求も非常に少ない。誰でもナンパが成功するという幻想を見せて「ひっかける」というのが大半である。可愛い子、美人との輝いた未来を想像させられた実施者は夢の中で彷徨う。

実施者の素顔[編集]

Jizou.jpg

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ナンパ」の項目を執筆しています。