ドームラン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家たちが「ドームラン」の項目を執筆しています。
「東京ドームでのホームランの打ち方をよく分かってますね。ホームランというかドームランとよく言うんですけどね」
ドームラン について、桑田真澄
元巨人・桑田も認めた事実

ドームランとは、読売ジャイアンツの選手が東京ドームで打ったホームランのことである。

概要[編集]

読売ジャイアンツの選手は、何故か本拠である東京ドームホームランをよく打つ[不要出典]。これは長らく、選手たちのスキルの差だと思われてきた。

しかし最近になりとある野球専門家が、「読売ジャイアンツの選手の異常なまでの東京ドームにおけるホームランの多さの秘密は、実はその東京ドームにある」という説を提唱しだした[不要出典]。この説は多くの専門家に支持され、いつしか専門家間での通説になっていった。

この通説により、「秘密のある東京ドーム」で巨人の選手が打ったホームランを「ドームラン」と呼ぶようになったのである。

東京ドームの秘密[編集]

専門家によると、ホームランを量産させる東京ドームの秘密はいくつかあるという。たとえば、

  • ドームが狭いから、大した事ない打球がスタンドに入る
  • ドーム内の空気の流れを調節することによって、大した事ない打球をスタンドに入れる
  • そもそもボールが違うため、大した事ない打球でも勝手にスタンドに入る

等である。

この節では、これらの「秘密」を一つ一つ検証していく。

「ドームが狭い」説[編集]

ここでは仕様として見ていく。

東京ドームは両翼が100m(64.1hyde)、中堅が122m(78.2hyde)だが、左中間および右中間の膨らみがないため、他のドーム球場と比べれば若干狭いと感じられる。もちろん、ドームが狭ければ狭いほどホームランが出やすくなるのは言うまでもない。しかしフェンスの高さは西武ドームの方が低いなど、東京ドームにホームランが出やすい要素全てが揃っているわけでもなさそうである。そこで登場するのが次の説である。

「空気の流れを調節」説[編集]

これは空調説と呼ばれ、専門家の中では現在最有力とされる説である。

そもそも東京ドームは気圧で屋根を膨らませている球場であり、このときドーム内の気圧が高まることによってボールが飛びやすくなる(ウィキペディア等、一部「気圧が高いとボールは飛ばない」との記述があるサイトもあるが、これは悪質なデマである)。

さらにそこへ、球場内に待機している「空調班」がドーム内の気流を微妙に調節し、ボールがスタンドに入るようにする。専門家もこの「空調班」を目視したことはないと言うが、専門家が言っているのだからおそらく本当である。

3階席にて試合を観戦していると、虚塵の攻撃中に、何となーく後方から涼しい風が吹いてきたような感覚に陥るのである。

しかしこの説にも問題が生じる。東京ドームでの巨人の選手のホームランについてはこれで説明がつくし、他のドーム球場においても、ナベツネの圧力をもってすれば「空調班」を設置することなど楽勝である。しかし、屋根のない球場では気圧も気流も調節するのは難しい。ましてや強風の吹くQVCマリンフィールドでは、気流を調節するなどほぼ不可能に近い。

一般的な専門家は、屋根のない球場で巨人の選手がホームランを打つのは「仕様説」が関係(球場の広さが東京ドームとほぼ同じ場合など)していて、これも一種のドームランであるという。これは最初の定義である「巨人の選手が東京ドームで打ったホームラン」と矛盾する気がしなくもないが、専門家が言うことだから誰も気にしないのである。

それでも、もう少し合理的に説明するために考え出されたのが次の説である。

「ボールが違う」説[編集]

ここでは統一球説として見ていく。

2013年、日本野球機構(NPB)は、前年まで使用されていた飛ばない統一球仕様を変更し、より飛ぶようにしていた事を正式に発表し、謝罪した。確かにこの年はシーズンの最初からホームランが出まくり、ファンからも「ボールが飛ぶようになったのではないか」という指摘が出ていた。

しかし専門家は、実は巨人の選手だけはこの「飛ぶボール」を以前から使っていたというのである。東京ドームではもちろん、ナベツネの圧力によって他の球場でも巨人の選手の打席だけは「飛ぶボール」が使われていたらしい。もちろん相手チームの攻撃時には普通の「飛ばないボール」にすり替えられていた。

この説によれば、強風逆風のQVCマリンフィールドでも簡単にホームランが打てる。以上3つの説によって、巨人の選手がなぜホームランを多く打つのかが解明された[不要出典]

巨人以外の選手の場合[編集]

以上、読売ジャイアンツの選手がいかに姑息な手段でホームランを連発しているかを見てきた。しかし当然、ホームランを打つのは巨人の選手だけではない。他球団の選手はどうやってホームランを打っているのか。専門家の意見はこうである。

虚塵以外の球団の選手は、日々地道なトレーニングを積み重ね、その結果としてホームランが打てるようになる。そういった努力の結晶がホームランのあるべき本来の姿であるのだ。」
ホームラン について、野球専門家

専門家の総括[編集]

ここまで、読売ジャイアンツの選手たちが何食わぬ顔で連発している卑怯な手段、ドームランについて見てきた。しかしこのドームランを説明する手段に矛盾が生じると主張する人もおり[要出典]、真相の解明はナベツネの圧力がある限りうやむやにされていきそうである。そこで、まとめに代えて、ある専門家の見解を掲載し、総括とするものである。

「見ればわかるように、ゴミ賣虚塵軍は、姑息な手段を使ってしかホームランが打てないザコの集団である。こんなナベツネ愉快な(笑)仲間たちが日本プロ野球の汚点になっているのだ!虚塵軍は永久に不潔だ!!死ねええええええええ!!!
ドームラン、そして読売ジャイアンツ について、野球専門家
注意
以上はすべて専門家の意見並びに見解ですが、必ずしもそれが正確であるとは限りません。
あなたが専門家の部類に入らないのであれば、この内容を鵜呑みにしないことをお勧めします。

関連項目[編集]