ドンキホーテ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では駆除用品について説明しています。痛々しい主人公で有名な小説についてはドン・キホーテを参照してください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ドンキホーテ」の項目を執筆しています。

ドンキホーテとは、アース製薬が製造販売しているDQNの駆除用品。他社製を含めた粘着式DQN駆除用品の総称として用いられることもある。

安全性[編集]

DQN誘引材はネオンライトであり、殺虫剤の成分を含んでいないことから、薬剤の使用に敏感な子供がいる地域にも広く普及した。しかしDQNそれ自体が騒音を発生するため、騒音による公害が発生しているとの指摘もある。

粘着後の処理方法[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ドン・キホーテ放火事件」の項目を執筆しています。

焼却処分が一般的である。ドンキホーテの特徴として通路を問わず所狭しと商品を置く圧縮陳列や、延焼のし易さ、避難経路確保の困難さなどが挙げられる。通常これらは消防法上の問題点となるため態と行われるようなことは稀であるが、焼却処分中にDQNを逃がさないために態とこのようなことをしている。まさに逆転の発想である。

歴史[編集]

ルネサンス期のヨーロッパで、ミゲル・デ・セルバンデスによって考案された。当時個体数が激減していたもののそれ故に強い存在感を持っていたナイトと称するDQNを駆除するために開発された。

その後、ポルトガル種子島経由で戦国時代の日本にもたらされ、一向宗門徒として自らを正当化するDQNの駆除に、大いに役立てられた。 天下泰平の世を経ることで完全に存在が忘れ去られていた。しかし、戦後のいつかに川越市の土蔵から偶然再発見される。

その後の経緯は以下のとおりである。

  • 1980年 設立
  • 1998年 東京証券取引所市場第2部に上場
  • 2000年 東京証券取引所市場第1部銘柄へ指定変更
  • 2004年 「浦和花月設置所」と「大宮大和田設置所」の2箇所で火災など、DQN粘着後の焼却処分が相次いだ

他社の粘着式DQN駆除用品[編集]

  • ビデオ店の駐車場

実用例[編集]

横浜市A区のF駅周辺では古くからDQNが山を荒らしたりバイパスで暴走するなど非行を重ねていた。しかしそんなときF駅にあったNというスーパーがDQNを駆除するためドンキホーテが設置された。するとドンキホーテには初日から多くのDQNが誘き寄せられた。DQNたちは溢れかえるほどの老人軍団により壊滅状態となった。その後もなんと近隣の横浜市瀬谷区や東京都町田市、大和市、相模原市、厚木市などからも大量のDQNがGのごとく集まり、またしても老人軍団により壊滅的な被害を受け、とうとう日本一の害虫駆除数(売上)を記録した。しかし大和警察署の巡査部長が電車での乗車態度が悪いという理由でDQNを殴り、問題となった。


この項目「ドンキホーテ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)