ドレディア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ドレディア」の項目を執筆しています。

ドレディアとは、ポケットモンスターの一種である。

概要[編集]

ドレディアの発生はほぼ自然界では起こらない。しかし、幻想郷及びアメリカでは個体の存在が確認されたと言われている。

見た目は完全に少女そのものである。しかも不定形少女ゴスロリと違い♂はいないので完璧である。頭の花はどこぞの異臭ポケモンとは違い、相手をリフレッシュさせる甘い香りを放つとされる。

女性や中高生からの人気がとても高く、可愛らしい。

…だが、「花の命は短い」という言葉があるように、次作のポケモンが発売される頃にはもっと可愛らしいポケモンが登場するか、あるいはドレディアの容姿を「可愛い」とはみなさない風潮が出来上がり、見向きもされなくなる可能性も十分ある。現に、同期のもふもふの方がそっち方面からの支持が大きいとされている。

高めの戦闘力をもつため、チェリムキレイハナと違い、普通に連れて歩くことにもなんの抵抗も感じることがない(花粉症の人間を除く)。

しかしながら最近このポケモンは心が黒い人物の目の前には決して現れないのではないか、という仮説が出始めている。ドレディアには見た目通りの打たれ弱さがあり、そのため悪の気を持つ乱暴な者には近づこうとはしない。

嫉妬してか、キレイハナが集団で1匹のドレディアにリンチをしかけようとしたが、『めざめるパワー』で返り討ちにされたという逸話も残されている。

そんなドレディアの名前の由来は「奴隷」+キク科の植物ガイラルディアである。奴隷とは勿論肉奴隷を意味する。何とも哀れである。

覚える技[編集]

  • レベル1:種まきの極意を身につけ、農園や花壇の手入れが自力でできるようになる。
  • レベル10:ダンスのテクニックを習得。
  • レベル28:のように舞い、のように刺すことができるようになる。
  • レベル46:日本舞踊を嗜む

関連項目[編集]


こんな感じに捕まえてください。
WANTED ドレディア

この「ドレディア」は、研究中に逃げていきました捕まえてくださるハンターまたはトレーナーを求めています。よろしくお願いします、そこのあなた!
モンスターボールを持って、捕まえに行ってください。賞金は無量大数円です。 (Portal:スタブ)