ドラメートル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索


ドラメートル(どらめーとる、通称ドム)とは、長さをあらわす単位129.3センチメートルで1ドラメートルとなり、記号はdmまたはdom。補助単位の「デシ」と紛らわしいという意見もあるが、誰も気にしない。最近はdomと書き、ドムと読むのが主流らしい。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「ドラメートル」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

由来[編集]

ドラえもんの内部構造を研究していた天才児童出木杉英才が、ドラえもんの身長が129.3センチであることを知った時、研究論文にまとめやすいようドラメートルという単位を作ったのが由来。その後研究論文発表の際にこの単位が広まったとされる。

1ドラメートルと同じ長さ[編集]

  • 129.3cm
  • 1m29cm3mm
  • 1293mm
  • 0.8288hyde

用途[編集]

1ドラメートルは129.3センチで、その中途半端さから殆ど役に立たなかった。これを作った張本人もドラえもんの身長と胸部をあらわす以外に使い道を思いつかなかった。しかし、偶然この単位の存在を知った教育委員会が正式に単位として採用、教科書出版社にドラメートルを使用した問題を作るよう要請した。

現在の算数では、小数の計算がでてくる3年生の算数で登場し、立派な一つの単元と持っている。

何故採用したか[編集]

教育委員会によると、ドラえもん大好き児童にとって129.3という数字が特別な数字であるため、これを使ってその児童を洗脳させやる気を出させる効果があるという。また、小数があることによって面倒な計算を要求される為、小数計算の学習に一役買っているという説もある。

関連項目[編集]

Suneohatsugen.JPG 悪いなのび太。この「ドラメートル」は3人までしか見れないんだ。 ま、のび太はドラえもんに頼むのがお似合いだけどね。 (Portal:スタブ)