ドライバーズポイント

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ドライバーズポイントDrivers Point、略記:DP)は、エクストリーム・ドライビング審査員が、優秀な行動をとったドライバーに対して発行するポイントである。ドライバーは、得たポイントによってさまざまなサービスを受けることができる。

概要[編集]

ライセンスを発行されたドライバーが、運転中に行ったアクションを審査員がチェックし、その場所での行動に応じてポイントを発行してくれるという制度である。エクストリーム・ドライビング自体はライセンス無しでも参加可能であるが、ポイントの受給を希望する場合は必ずライセンスが必要となるため、注意が必要である。制度の歴史は古く、昭和43年(1968年)から実施されている。
通常、多くの競技場には審査員がおらず、アクションを起こしてもポイントをくれることは少ない。しかし、おばちゃんドライバーは競技年数の割に高得点をたたき出すなど、審査員の注目の的になっているようだ。

審査員がドライバーの優秀行動を認定した場合は、そのテクニックに応じて1, 2, 3, 6, 12, 13, 19, 25ポイントが与えられる。各点数についてはこちらを参照のこと。より難しいテクニックをアピールできたドライバーには高いポイントが与えられ、またアルコールブーストが効いた状態であれば、さらにポイントを大量に獲得できるチャンスがある。
また、エクストリーム・ドライビングを人に仕掛けてから、スマートにその場を立ち去る高等テクニック「ヒット・アンド・アウェイ」は、超高得点プレイヤーを目指す上では必須の技術となり、日々ドライバーがドライビングテクの向上に励んでいる。

ただし、発行には所定の金額の手数料を納める必要がある。ポイント発行料と呼ばれるこの手数料は決して安価ではないため、ポイントの稼ぎすぎは危険である。

誤解[編集]

しばしばこのポイント制度は減点法であると誤解されることが多いが、制度としては全く逆である。経験の少ないドライバーは、経験が足りないということでポイントが与えられておらず、審査員にアピールすることで、ポイントを積み重ねていくという制度となっている。言うなれば、ポイントを稼げば稼ぐほど、優秀な行動を多く取ったドライバーとして認められるのだ。

競技場[編集]

次のような場所が競技場として選ばれる。

  • 高速道路や郊外のバイパス道路
  • 見通しはいいが、やたら制限速度の低い直線道路
  • 見通しのいい交差点
  • 踏切
  • 市内中心部
  • 検閲により削除

使用される機材[編集]

審査員は、よりドライバーにポイントを与えることを目指し、さまざまな機材を配備している。

基本的にはパトカーなどが利用されているが、影からこっそりとドライバーの得点を計算するために、一般車そっくりな車両で審判する審査員が高速道路などでよく見受けられる。また、一度に多数のドライバーにポイントを与える必要がある場合などは、見通しのよい道路に速度を測定するレーダーを設置して、まとめてポイントを与えることができるような仕組みをとっている。
特筆すべきは、空と陸との共同作戦が行われる点だ。北海道の峠道では、地上のパトカーとヘリコプターが協力して、峠道で車を抜かしながら駆け抜けるドライバーにポイントを与えている。

もらえるポイント[編集]

道路交通法と、その関連法令で詳しく記されている。そっちを見ろ!

サービス[編集]

おおよそ、次のようなサービスを受けることができるとされる。

審査員とのふれあい(1pts以上~)
滅多に乗れないパトカーや警察のバスに乗ることができ、市民とのフレンドリーな会話に対応してくれる。白バイも極めて近くで見ることができる。また、指紋を押したり、自分のかっこいいサインを練習する機会を提供してくれる。覆面パトカーの後部座席には滅多に乗れないことをわかっているドライバーは、しばしば高速道路でエクストリーム・ドライビングを行っている。
自動車学校でドライビングテク自慢大会(3pts以上~)
ライセンス取得後1年未満の新人ドライバーが、出身自動車学校で日頃鍛えたドライビングテクニックをパフォーマンスできる貴重な体験が可能となる。別に受けなくてもよいのだが、ハートマン軍曹のような免許センターの試験官が乗った車で一発試験と同じ試験を受けなければ、自動的にライセンス剥奪となることは要注意。
競技者集会への招待(ポイントの取得具合による)
数多くのポイントを取得できた歴戦のプロドライバーを集めて、明日のプロドライバーを育成するための集会が開かれる。この集会でも運転技術の披露を行える機会があり、また頭の体操を行えるチャンスがある。この集会も一部のプロドライバーに人気があり、頻繁に足を運ぶ者がいる。
ドライバー休暇
ポイントを多く稼いだ日頃お疲れのプロドライバーに対して、一定期間車を運転しなくてよくなる制度が設けられている。短いものでは30日、ベテランに対しては180日というものもあり、場合によってはそのまま競技ライセンスを取り消してでも休暇をさせるという、ドライバーに対してきわめてやさしい措置がとられている。こういった優しい点はトヨタなども見習うべきである。
法のしくみお勉強教室
司法の仕組みを身をもって体験できる、これまた貴重な制度である。サインを練習する練習帳が赤い紙の、優秀なドライバーへの特別サービスである。この教室での成績により、ドライバーが非常に優秀であると判断された場合は、宿泊費無料の専門の宿泊施設へ招待されることがある。

実情[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ドライバーズ・ポイント」の項目を執筆しています。


Syazaai.jpg この項目「ドライバーズポイント」はエクストリームスポーツに関連する書きかけ項目である。この項目へ加筆すれば、君もエクストリームスポーツへの出場が優遇されるのである。ただし、出場しても命の保障がないから気をつけろ! (Portal:スタブ)