ドメスティックバイオレンス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ドメスティックバイオレンス」の項目を執筆しています。

ドメスティックバイオレンス(domestic violence, DV)とは、ツンデレのツン要素が大きすぎたときに起きる様々な問題のことである。主に近親者の間で起きる。

概要[編集]

近頃話題のツンデレであるが、これはそもそもツンとデレが絶妙なバランスを保っているために成立する、強力な萌えパワーである。しかしこの二つのバランスが崩れてしまうと、たちまちエネルギーは暴走を始める。その結果、相手には多大のダメージを与えてしまう。

かつてはツン要素の過多はあまり問題にされていなかったので、ドメスティックバイオレンスの問題もあまり知られていなかった。しかしAVエロゲーの発達により、「近親者のあるべき姿」というものが変わっていったため、問題が表に出るようになった。またツンデレの広まりによりツンとデレの比率の重大性も広まってきているのも大きい。

エネルギー暴走によるおこるものであるが、デレ要素も僅かながら残るため、相手からすると別れるに別れられなかったりする。そして洗脳されていく。更に、ストレスが大きくかかったりして精神崩壊を起こし、凄惨な事件も発生している。

なお、エネルギーの爆発により普通の人には悪影響を及ぼすが、ドMに限っては好影響を与える…かもしれない。

ドメスティックバイオレンスの影響[編集]

ドメスティックバイオレンスによって、様々なダメージを与える。

身体的ダメージ
殴る、蹴るはもちろん、靴下を近づける、素足を顔に近づけるといったことで身体的なダメージを与える。
精神的ダメージ
罵ったり無視したり羞恥プレイさせたりすることでの精神的ダメージ。ストレスを与えることでダメージが蓄積する。お前と別れたら死ぬとわめく死ぬ死ぬ詐欺も精神的ダメージ大。ただしここで「だったら私が殺してあげる(はぁと)」と笑いながら包丁を持ってこちらに歩いてくる可能性があり、そうなればもう殺人一直線である。
性的ダメージ
無理矢理ちんこぶち込んだり、勝手に中出ししたりして与えるダメージ。
その他のダメージ
その他にも、お小遣いをあげなかったりするといった方法でダメージを与えることがある。

これらのダメージは前述の通りドM以外は好意的に受け止めないため、関係は悪化してそのまま別れるように見える。しかしここで僅かのデレが相手への萌えパワーを通常の3倍に引き上げ、あっという間に洗脳することができる。そのために関係は続いていく。

男性差別の現状[編集]

日本ではドメスティックバイオレンスはが受けるもの、という認識があるため、男性が受けた場合どうしようもなくなる。ドメスティックバイオレンスはよくないことというのが一般的であるが、男性に限っては「男は女より強い」「なじられて快感を得る変態な生物」といった偏見も多いため、追い込んでしまうこともある。

イスラム圏における状況[編集]

イスラム圏では、ドメスティックバイオレンスは聖典コーランにより許可されている。そのため日常茶飯事である。反抗的な女は寝床に追いやって懲らしめたり打擲することも許可されている。よってドメスティックバイオレンスはイスラム圏では何の問題にもならないし、そもそも起こらない。

しかし、そこまでツン要素が過多になるクソでちんちくりんな男性がいるわけがないという意味だという意見もある。

関連項目[編集]


この項目「ドメスティックバイオレンス」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)