ドッペルゲンガー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ドッペルゲンガー」の項目を執筆しています。

ドッペルゲンガーは、デスノートに登場する死神の異名である。

ドッペルゲンガーとは?[編集]

ドッペルゲンガーの例

ドッペルゲンガーは様々な所に出現している。そして文学、映画、ゲームにも登場している。つまり人間の頭で思い描けるということは実際にいるのだろう(人間はある程度経験しないと長く書くことができないため)。

頭の固い百科事典によると『自分の「ドッペルゲンガー」現象を体験した場合には、「その者の寿命が尽きる寸前の証」という民間伝承もあり、未確認ながら、数例あったということで、過去には恐れられていた現象でもある。』とのこと。このことからドッペルゲンガーは死神なのである。その証拠は

  • ドッペルゲンガーは周囲の人間と会話をしない
  • 本人に関係のある場所に出現する

の特徴からよくわかる。この二つの特徴はデスノートに登場する死神の設定とよく似ている。このことから死神であることはあきらかである。

またまた、頭の固い百科事典だが第三者によって目撃されるというドッペルゲンガー」の事例を挙げているが、それはドッペルゲンガーの持ってきたデスノートに触れてしまったのだろう。

出遭ってしまったときの対処法[編集]

ドッペルゲンガーに出遭った者は死を迎えるとされるが

  • どんな言葉でもいいので罵倒する。
  • 脳に出来た腫瘍を外科手術により摘出する。

などを行えば助かるとの言い伝えもある。

ドッペル原画[編集]

ゲームなどで、元のキャラクターの外観の細部を変えて別のキャラクターとして扱う手法。ほとんど同じ外観であるのに別のキャラクターとして登場する場合に用いる。

もともとは旧世代のコンシューマーゲームにおいてROM容量の制限を乗り越えるため、多くの容量を必要とするキャラクターのグラフィックを色違いやパーツ違いで別のキャラクターに仕立て上げ、世界観やキャラクターのバリエーションを水増ししようとする涙ぐましい努力を指す。主にアクションゲームRPGで使われる。

例)スライムスライムベスメタルスライム 等

非常に効率よく水増しできるので、容量にほとんど制限がなくなった現在でもよく使われる手法である。前述のとおり、アクションゲームやRPGの分野で使用されていたが、近年では美少女系のゲームやアニメでも使用されるようになり、ベースを変えずに髪型と色と眼鏡などの小物の違いでキャラクターを描き分けるなど安易な使い方をされる事に反対の声が高まっている。死神とはあまり関係がない。

実際にドッペルゲンガーに遭遇した人物[編集]

関連項目[編集]