ドグラ・マグラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ドグラ・マグラ」の項目を執筆しています。

ドグラ・マグラ』は小説家夢野久作の代表作と呼ばれる小説である。分類上形式的に推理小説に区分されることが多いが怪奇小説や幻想小説的な要素も持ち合わせており、事実そのように分類される事もある。

概要[編集]

本作の最大の特徴は常軌を逸した作風であり、発売時の帯には「本書を読破した者は精神に異常を来たす」とまで書かれている。しかしあくまで小説である。科学的に考えてみても、所詮束ね合わせた紙にインクをある程度の規則的配置を保って染み込ませただけのものであり、いくら小説を読んで恐怖や感動を覚えることがあろうとも、それは読んでいる一時の話であり、その後もずっと尾を引いて精神になにがしかの変化をきたし続けるということはありえようはずもない。

あくまで本作品の文学的要素を高めるための売り文句として見るのが正しい。そう思えばこの一文は非常に優れたものであるが、同時に多くの弊害をも生んでいる。すなわち本当に精神に異常をきたさないか、を心配して売り上げが減少する、という弊害である。

嘘だ、と思われるかもしれないが世の中には本当にこのようなことを真に受ける心臓の弱い人もいるものであり、事実ネット上には子供が読もうとしているが大丈夫なのかなどと質問を投げかける人が多数いる(一人の人が様々な場所で大量の質問をばら撒いている可能性を除いては)。

これは単に出版社だけにおける問題でもない。あくまで本作は精神がイカれることこそないものの、三大奇書にも選ばれているぐらいの傑出した名作であり、これをただひとつ「本当に気が狂ったりしないだろうか」という不安のためだけに読むのをためらう、ついにはやめてしまうのは、人類智の観点からもよいとはいえない。

あくまで本作は読んでも気はくるうことはない。重要な事なので再度念を押して言う本作を読んで気が狂ったりする事はありません。なんせ角川夏の百冊にも選ばれたことあるしね。

かくいう筆者も(無論この記事の解説を書いていることからして)ドグラ・マグラを読了した事があるのだが、ご覧の通り狂ってはいない。感想?「まぁ容疑者1人しかいないから、犯人は君に決まってるよね」

あらすじ・設定[編集]

スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、セブルス・スネイプは二重スパイであり裏切っていないことや、先生はとても長い遺書を残して自殺することや、スメルジャコーフは父殺しをイワンに自白して縊死することや、カムパネルラは川に流されて行方不明になることや、オリエント急行に乗り合わせていた乗客全員が犯人であることや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、初版本を手放さないようにしてください。

あらすじは余りにもすごい作品なので要約する事は出来ない。事実ウィキペディアでのドグラ・マグラのページも声高らかに以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が明かされています。と注意喚起しておきながら、結局まともに要約することは到底不可能な奇書としている。あのユーモア欠落症患者をもってしてこれだけ矛盾した文面になっているのだから、ましてアンサイクロペディアンでまとめることはできない。

しかしこれにうろたえてはならない。裸のランチフィネガンズ・ウェイクスなど要約不可能な作品群はこれだけではない。むしろたくさんある。ただ要約が不可能だというそれぐらいの理由で「やはりこの本は読むと精神に異常をきたすんだわ」などと思ってはならない。再度言うが、この作品を読んで気が狂うことは決してない。しつこいかもしれないが、本当に心配してこれを読まない人が世の中には驚くほどいるのである。どうかあなただけでも読んで欲しい。

さてあらすじの要約は難しいが設定ぐらいならばまとめる事が出来る。設定さえもまとめる事が出来ない作品があるのを思えばそれだけでもこの作品が正常であることがわかると思う。

まず時間は大正15年頃の話である。実はというのが重要でこの作品が主題とする内容がいつ起こったものなのかも実は定かではない。しかし、ただなんとなく春を舞台としているんだな、とか、とりあえず中世ヨーロッパらしいな、とかぐらいの情報も得られない作品もよく考えたら多いのであり、時間が多少ぐらついているからといってうろたえてはならない。むしろ大正15年頃とわかっているだけまともな作品なのである。

場所は九州帝国大学医学部精神病科の独房である。この情報だけに限った事ではないのだが、これらの設定・あらすじは全て本当に当たっているか分からない。場所に関するこの情報も記憶を喪失した主人公に若林鏡太郎が教えたものであり、結局最後まで嘘なのか本当なのか主人公による幻覚・幻聴なのか、は分からないのである。しかしよく考えたまえ!これも時間の例と同じでよくよく考えたら何も異常なことではない。なんとなく日本内のどこかなんだろうな、ぐらいの場所の設定しかない作品は掃いて捨てるほどあり、場所がよく分からないから「やっぱり読むのやめとこ・・・」というのは決してやってはいけない。

次に登場人物についてまとめる。しかしこれも一発目でぶちあたる。主人公の名前が定かではないためである。しかしこれぐらいでうろたえてはならない!よく考えても見れば一人称小説で「私」とずっと言ってるだけの作品も多いし、また故意に名前を伏せている場合も多い。ライトノベル界最後の大物と称されている作家など、自身の作品群のなかで主人公がわざと自分の名前をまわりの人に伏せたまま話を進ませ、結局なぜ主人公が自らの名前を伏せているのか、という伏線が回収されないまま終わるのである。 その点本作品はただ無闇に隠しているのではない。主人公が結局誰なのか、が作品の重要なポイントであり、話はそれを軸として進むのである。フーダニットと思えば何の問題もない。だから読む事をためらってはならない!もっとも結局最後まで主人公が誰なのかはわからない。しかし前述の作品と同等とみなしてはならない。F・R・ストックトンの『女か虎か?』に代表されるようなリドル・ストーリーと思えばいいのだ。前述の作品は話の本筋と関係なく謎を出し、しかも回収しないという後味の悪いものだが、これは作品の重要な主眼点をぼかす、という深い余韻を味あわせる巧みな手法なのである。やはりこの作品が決していかれたものではないということがわかるだろう。

しかも目星がついていないわけではない。主人公は呉 一郎というではないか、というのが有力なひとつの説としてあるのである。この呉一郎というのは、呉 モヨ子という婚約者との結婚式の前日の日にその婚約者を絞殺ししかもその姿を絵に描こうとしたという変態犯罪者なのである。と、これだけ肉付けのされた作品なのである。どうだ、意外に普通な作品であろう。

他に本作品に登場する主要人物では正木 敬之若林 鏡太郎がいる。正木敬之は主人公が長い昏睡から目覚めたその一ヶ月前に死んだ九州帝国大学精神病科教授である。しかしこれも作品中になぜか登場してくる。しかしこれもなんら他の作品と一線を画するに足る要素ではない。死んだ、と思ったら実は生きていた、というだけのことである。

若林鏡太郎も九州帝国大学法医学教授である。正木敬之とは学生時代の同級生であり、正木敬之が行っていた実験を引き継いでいる。ここで「あれ、正木敬之生きてるんでしょ?」とつっこんではいけない。それが本作品の最大の重要点のひとつだからである。

以上がおおまかな作品のあらすじ・設定の説明である。先にも言ったがまともに要約・説明する事は不可能であり、あくまで主要な点をおおまかに説明したものである事に留意してほしい。

それでも信じられない人へ[編集]

それでもまだ本作品を読む事をためらってしまう人も中にはいると思う。しかしこれを読まないのは絶対に損である。あなたも損であるし書いた作者も損だ。人類智の観点からも損だ。しかし読むのをためらう、のは仕方あるまい。なぜならキャッチコピーで「気が狂う」と言ってしまっているのだから。それを拭うには少々興ざめだが気が狂うことはない、という現実を突きつけるしかない。全然読む事にためらいを感じていない人は読む前に以下の文面を読むと多分に興がそがれるので読んでほしくないのだが、決して気が狂うことはない。

なぜか?単純である。再三再四いっているが私はもう読破している。それも一度や二度ではない。しかし気は狂っていない。 決して気が狂うことはない。皆さんはこの記事が狂って見えるだろうか?見えないはずだ。なぜなら書いている人が正常だからだ。狂った人が書いてここまで正常な記事が書けるだろうか?とても書けないだろう。だからこの本を読んで決して気が狂うことはない。あくまでキャッチコピーなのだ。囚われてはいけない。この本を読んで決して気が狂うことはない。三大奇書のも奇怪という意味ではない。傑作を意味するきわだってものすごい、の意味で奇なのだ。だからこの本を読んで決して気が狂うことはない。よくよく考えてみたまえ。作者自身は当然この本を読んでいるはずだ。なのに作者が気が狂ったという話は聞いたことがない。だからこの本を読んで決して気が狂うことはない。作者は読むどころか推敲して頭の中で案を暖めたり膨らましたり、と読者以上にその世界観にしかも10年以上浸っていた。でも正常だ。だからこの本を読んで決して気が狂うことはない。私も読んだ。だが狂っていない。だからこの本を読んで決して気が狂うことはない。私は正常だ。だからこの本を読んで決して気が狂うことはない。私が書いたこの記事も正常だ。だからこの本を読んで決して気が狂うことはない。この本もゆえに正常という結論が導き出される。そう、この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。無論100%気が狂うとはどこにも書いていない。だからもしかしたら私が相当神経が図太く狂わなかっただけかもしれない。だとしてもこの本を読んで決して気が狂うことはない、と思うのだがそれ以前に以下に調べ上げてもこの本を読んで気が狂ったという例は出ない。だからこの本を読んで決して気が狂うことはない。そんな例があったらすぐに精神病の研究家たちと出版社界の間で話題になるはずだ。だからこの本を読んで決して気が狂うことはない。だってそうだろう。だからこの本を読んで決して気が狂うことはない。それが本当なら出版社は当然出版するわけにはいかないし。だからこの本を読んで決して気が狂うことはない。それに精神病について非常に特異な例として発狂者は研究者たちの間でたらい回しされるはずだ。だからこの本を読んで決して気が狂うことはない。でもそんな話は出ない。だからこの本を読んで決して気が狂うことはない。どの科学論文にものってない。だからこの本を読んで決して気が狂うことはない。都市伝説としてもない。だからこの本を読んで決して気が狂うことはない。つまり結論はひとつだ。この本を読んで決して気が狂うことはない。100%の確率では狂わせられないどころか100%狂わないのだ!そう、この本を読んで決して気が狂うことはない。

このようなことにはならない。貴方も読んでみよう。大丈夫、精神に異常をきたしたりなんてしない。

だからあなたも読む事をためらってはならない。なんなら今目の前のパソコンで調べてみるといい。少しもそんな事例は挙がらないはずだ。だからこの本を読んで決して気が狂うことはない。そうだから心配性のアナタもすぐに本屋に言ってこれを買おう!なぜならこの本を読んで決して気が狂うことはないのだから。気が狂うことはないと言っているのになぜあなたは信用しようとしないのか?気が狂うことはない。その証拠に私は気が狂ってなどいないのだからこの本を読んで

この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。この本を読んで決して気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。気が狂うことはない。奇が狂う小 とはない。奇が狂うことはない。奇が狂うことはない。奇が狂うことはない。奇が狂うことはない、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、キガクルウコトハナイ、ききがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、きがくるうことはない、がくるうことはない、きがくつううこちおはない、きがくるうことはない。奇が狂うことはない。奇が狂う故てゃない。奇が狂うことはない。奇がくるうこてゃない。きがくるうことはない。気が狂うことはない。器楽売る事はない。きがくうるうこてゃない。きがくるおてゃない。きがくるつこはないあ、奇が来る通小てゃない、気が食うtルt個とおアはないア、奇rはガクr等魚おてゃないア末期が来るツ子音はないア、きtがくつつころんはがない、奇が狂うことはない、奇が狂うtこてゃないきがkル打つt個穴会いt区アg化r来る津コア議案内g木々アjるんrないあおgかいgないあおggくぎみゅう好き奇がくる器楽打つt所とy内秋が現コアtgはないきがjtくつrtこいあなじゃがいきたはtくつうことはないきがkるうrとうおよはないうことはないきがくるうこがないきはおかおとゆおあんばいあ奇がkるうつ居オアはないキガクルウコトハナイキガクルウコトハナイ器楽ルツ子と鼻息がkル打つコアがない器楽ルツ子等穴あきが来るツ子ア具とオアg派に秋tが来る津t個とかな灰アkグラオghなアキイがk留津お子てゃないあきがkるうつことあはないきがkるうつことはないきがくつつことはないきhがkつつうrことはないきがkるつうtyことはない奇がkル打つt個とはないキガクルウコトハナイ器楽ルツ子とはないきがkるううtことはなおやっぱりくぎみゅう好ききがくるうこてゃない奇が繰るつつこおてゃなイキがッ来る津kと尾花イキが来る津tことは尚ッ機kが来る津古とは内規が食うッとおてゃない器楽tるうと小てゃないキガクルウコトハナイ器楽るつことはないきがくるつことはないキガクルウコトハナイ奇が狂うt事はない器楽ルツ子とは鼻息が狂うt事はないk偽悪打つt事はないイキが繰るt個々てゃないきがかgくつるうtこてゃないくぁwせdrftgyふじこlp木がくるうこてゃな息がkるうつkとは内規が奇がくるうこてゃなイキが狂うt個乙は内規が来るとことは内規がkるうつ個とはない器楽ルツ子おてゃな域が狂うkと尾はないk偽悪ルツ子てゃないkギアkル打つ事鼻危機がkるうt子おてゃないg階r食うッとお子と穴イキが来る宇土とはないkギア降るtなうイキがくるつおとはないきがくるうとはない奇は狂う小th内規が狂うとは内規がくるとはないkギアkるうと花井g回がくるt子はないkがk利器がkがkるうと鼻息がkるうと戸はない井垣r来ると尾はないkギアkるうと音はないkギアk留津音は内規がkるうととはないkがいrくうとおはないkるうつt事はない気がkるうtこてゃないkがいがつうtこtなうわおまえなんだやめr器楽ルツ子てゃなイキが来る筒小てゃなイキが繰る討つことは内規が来る通小てゃないきがくrつうtことはないだめだやっぱりくぎゅうへの愛が止まらん器楽ルツ子てゃなイキが来るツ子はない器楽るつことはないきがkるうつこおはない...ブウウウ…………ンン…………ンンン…………。