ドクトル・ジバゴ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ドクトル・ジバゴДоктор Живаго,英語:Doctor Zhivago)は、ソ連の作家ボリス・パステルナークの小説。ロシア革命そっちのけで不倫に走る、男女の姿を描いた。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ドクトル・ジバゴ」の項目を執筆しています。

ノーベル賞受賞と辞退[編集]

ドクトル・ジバゴは本国ソ連においては「ロシア人という民族が、空気読まずに不倫ばっかする連中だと認識されるのはまずいだろ」と判断され、禁書指定にされた。一方でイタリアでは「不倫は文化だ!!すばらしい!!この作品は不倫の哲学に深く言及している!!」と、絶賛され、刊行され、この作品とソ連の幹部たちが危惧したステレオタイプは世界中に知られることになった。翌年には「不倫のすばらしさを記した」という理由でイタリア人の文学識者が、「ロシア人の本性を見事に暴いた」として資本主義国の識者たちが、それぞれノーベル文学賞に推薦し、パステルナークは同賞を授与されることになった。しかし、ソ連共産党が辞退を強制した。そりゃそうだ。

そして、ソ連の共産党は「ドクトル・ジバゴは不倫が人類の進歩と幸福に必ず寄与することを証明しようとした無謀な試みである」と非難した。このような、ソ連の正当な非難もむなしく、この作品は現在も支持され、世界中で愛読されている。

登場人物[編集]

ユーリー・ジバゴ
この物語の主人公。職業は医者。医者になった理由は、女の子とか、人妻とか、幼女とかに、あんなことやこんなことをしたかったからである。第一次世界大戦の際には、対ドイツ軍の前線基地に飛ばされ、むさい兵士の治療に追われて、精神的ににならざるを得なくなっていた。そんな中で、美人で若くて不倫経験のあるラーラが看護師としていたもんだから、飛びつかずにはいられなかった。挙句の果てに、子持ちの人妻のラーラに自分の子供を孕ませるにいたる。しかし、そんなラーラをかつての浮気相手のコマロフスキーに献上。まさに鬼畜である。
ラーラ
ティーンの頃から不倫をしていた、不倫の達人。しかもその相手を殺そうとする昼ドラ的行動を実際に起こした点も評価に値する。ティーンの頃に不倫をして、それをひどく後悔したのにも関わらず、あっさりユーリと浮気してしまう尻軽っぷりを発揮することなどから、彼女の評価は「すばらしいビッチ」とする評価と「学習しない電波女」とする評価に分かれる傾向が強い。最終的にユーリの子を孕むが、そのユーリとも別れ、モンゴルへと旅立った。
トーニャ
主人公であるユーリの妻。幼い頃からユーリと一つ屋根の下で生活し、幼い頃より彼の性的嗜好に忠実に従ってきた。彼が医学生のころには、患者のまねごとをして、ユーリが医者になったときのためのロールプレイングにも協力していた。夫が浮気した際には、夫の浮気を見抜きつつ、気づかないふりをするなど、彼女の貞淑ぶりは良心を持ち合わせた読者の涙を誘う。最終的に、身勝手な夫に耐え切れず、ユーリを一人ソ連に残し、家族と一緒にパリに旅立つ。
パーシャ
ラーラの夫。恋人の頃から、ラーラの浮気や珍行動に悩まされてきた。なんだかんだで結婚するが、結婚後も、彼女がいつ浮気や珍行動に走るかという不安に悩まされ、ストレスがたまった結果、電波キャラに変貌。目の前を走っていった電車に希望があるという謎の精神疾患に取り憑かれ、ラーラを残して、電車を追いかけ失踪する。その後、軍人として出世し、赤色に染まった人物として登場する。しかし、まもなく失脚。ストレスを一人で抱えすぎた挙句悲惨な最期を遂げる人物として描写されている。
エフグラフ
ユーリの義兄弟。登場人物注最もまともな人物である。そんな彼も、ラーラとよい仲になりたかった。どんだけ~
ヴィクトル・コマロフスキー
ラーラの初めての浮気相手。職業は弁護士。ラーラがティーンの頃手を出したことから、ロリコンの可能性が強い。ソ連成立後は、法務大臣に出世する。その後、ラーラをユーリから引き剥がそうと色々工作を練ってくるいやらしい人。

関連項目[編集]

面白くなさすぎる.jpg 先生、ドクトル・ジバゴの原稿まだですか。
もう、先生だったらこんなのあっという間に仕上がりますよ。全国の読者も先生の秀逸な記事を待ち望んでるんですから、先生もこたえなきゃ。
よろしくお願いしますよ。 (Portal:スタブ)