ドアチャイム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ドアチャイム」の項目を執筆しています。

ドアチャイムとは、ドアの開閉や来客などを視覚的だけではなく聴覚的に伝えるための音、およびそれを送出する機械の事。

歴史[編集]

ドアチャイムと言うと、一般的には住宅用のものが指されることが多い。

住宅用ドアチャイムの発展は、おおむねエクストリームスポーツとともに発展している。その典型はピンポンダッシュであろう。また、鉄道においては表向きは「視覚障害者に音でドアの開閉を伝える」名目で設置されたが、本質的にはかけこみ降車の合図として設置された見方が強い。この項目では、コンビニエンスストアの来客サインとしてのドアチャイムも解説する。

住宅用[編集]

かつて来客を住民に知らせるときは、三河屋のそれのように自ら名乗るかドアを叩くしかなかった。しかし、シャイな来客の出現で自ら名乗る人が減ったので、簡単に来客を伝えるシステムとして開発した。

当初はドアに直結して、その中のベルが直接鳴るというものであったが、現在では機械でチャイムを鳴らす方式が主流。中には、後述するコンビニエンスストアと同じ音色(ファミリーマート式)まで奏でるものすらある。

ピンポンダッシュの歴史には欠かせない存在である。だって、「ピンポンダッシュ」って言う競技名の由来ですからね。ドアチャイムがない住宅でこの競技を行うときは、競技名がトントンダッシュとかコンコンダッシュに変わってしまうからである。

つまり、ドアチャイムあってこそのピンポンダッシュである[テストに出るよ!]

鉄道車両用[編集]

鉄道の車両においては、JR東日本209系電車を本格投入した際にドアチャイムを採用したとされる。それ以前にも京都方面で採用されたらしいがその当時は本格的に普及していない。なお、JR束の東京近郊区間におけるドアチャイムの基本は209系以来ほぼ不変である(E217系、E501系E231系、E331系、E531系、E233系)。その後、私鉄でも投入される。

音色は鉄道事業者ごとに異なり、同じ事業者内でも違いがある。有名な音色はやはりJR束である。2打点の音を3回繰り返す方式(走ルンです式)で、3回繰り返しは他にもJR九州の305系、BEC819系がパクっている。JR西日本は2打点のドアチャイムである。

私鉄では、2打点であるが繰り返しが無かったり(小田急東急5000系・西武鉄道など)、あっても2回繰り返し(東京マゾヒスト・東急9000系など)であることが多い。

他の事業者のチャイムをそのままパクる事もあり、東急9000系電車や西武鉄道の車両は東京マゾヒストの、また小田急4000形電車は走ルンです式のパクりである。ただ最近の東京マゾヒストは走ルンです式のパクりに興味を持ち始めたようだ。

鳴り方は当然ドアの開閉にあわせているが、開閉した後に鳴る場合もある(西武鉄道)。チャイムが長い走ルンです式では、ドアの開閉時間とほぼ一致している。他は開く瞬間・閉まる瞬間であることが多い。東急5000系電車では、2打点であるが最初の音と次の音の間が長い(パーン、ポーン)。

さて、かけこみ降車やかけこみ乗車をする時にドア開閉を妨害したときはどうなるか。走ルンです式だと、開閉中は常にチャイムが鳴るわけなのでいったん開きなおすとチャイムが鳴り続けることになる。閉めるタイミングによってはドアが閉まりきる前にチャイムが終わったり、ドアが閉まってもチャイムが鳴り続けることもある。閉まった後に1回分のチャイムが以下略

実際は、成功がピンポンなのに対して、失敗だから当然ブザーがなり、列車が急停車して車掌に怒られる。

コンビニエンスストア[編集]

利用客が店に入ると、チャイムが鳴り店員がマニュアル通りの挨拶をしてくる。客が店を出るときもチャイムが鳴り店員がマニュアル通りの挨拶をする。万引きしている人はここで気づかれなければほぼ勝ったも同然である。たまに、チャイムが鳴ってもこっちを向かずに挨拶する奴もいるし、レジの処理に明け暮れて挨拶すらない店員もいる。

ちなみに、チャイムの代わりに「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」といってくるものもある。また、これに使用しているチャイムの音色が住宅用に転用されることもある(前述)。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]