トーク:読売新聞

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

コメント[編集]

  • ひねりのないあけっぴろげの嫌味をそのまま主張することは、愉快なものというよりは、政治的な怒りや不満のように聞こえる。のように見えるのですが--WWK 2006年12月17日 (<>) 08:45 (EST)
  • なんでみんな中傷に走るんだ……。本来攻められるべきネタを皮肉や湾曲でポジティブに捻じ曲げるのが面白いんじゃないか。--怪人うさみみ御面 2007年1月23日 (火) 00:51 (JST)
  • 確かにそのとおりだが賛美が過ぎるのも、はっきりいって面白くない。やっぱり皮肉でしょう。2007年1月26日 (金) 11:11 (JST)
  • 皮肉の意味を間違えていませんか? 責められるべき点をそのまま書くのは皮肉ではなく嫌味だと思いますが。あと、自分の書いた内容は決して賞賛ではありません。よく読んでください。--怪人うさみみ御面 2007年1月26日 (土) 16:22 (JST)
  • では言いますが、渡辺恒男を主筆は百戦百勝の鋼鉄の霊将であり、読売ジャイアンツオーナーでもある渡辺恒男  という表現ですが、確かに巨人ファンならそうでしょうけど、他球団の応援者なら眉をひそめるのではないでしょうか?また何年か前のプロ野球のゴタゴタもあったし・・・。少し行き過ぎた表現もあったので、そこは謝ります。2007年1月27日 (土) 14:17 (JST)
  • 「巨人は金で解決してきた球団」というイメージを持つ身からすれば…鋼鉄の霊将=血の通わない亡霊、くらいのニュアンスとも…。まあ、自分の守備範囲とは異なるベクトルのユニークさを求める人も居るので、なんとも…。--だいひまじん 2007年1月27日 (土) 14:37 (JST)
  • どっちかが引っ込むか朝日新聞みたいに同じ名前の別の記事を作るのがいいんじゃないですかね。--怪人うさみみ御面 2007年1月27日 (土) 14:57 (JST)
  • 僭越ながら申し上げます。「百戦百勝の鋼鉄の霊将」ってのは、北朝鮮の報道における金正日の枕詞のひとつ(他に「21世紀の太陽」など)のパロディなのだと思うのです。つまり独裁者っぽさの強調表現というか右翼的ユーモアというか何というか、ぼくこどもだからよくわかんない。 --by(あ) 2007年1月27日 (日) 15:20 (JST)
    • 「主筆は百戦百勝の鋼鉄の霊将であり、読売ジャイアンツオーナーでもある渡辺恒男」-(あ)さんが書かれているとおり、ここまで賞賛する形容詞をつけると十分に痛烈な皮肉になると思います。例の国の将軍様を呼ぶときの賛辞を本気で聞いている日本人(ひょっとしてかの国の人も)が何人いるでしょうか?むしろ嘲笑している向きが多いはず。それと同じですよ。-- by Muttley 2007年1月27日 (日) 15:26 (JST)