トンスル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
大韓民国サイバー外交使節団(VANK)公認資料
優秀な韓民族は、世界に正しい歴史の真実を伝える。
本項の文章と内容は、捏造や歪曲を一切伴わない真実として
大韓民国政府直轄のサイバー外交使節団に認定されており、
全世界の民族が良識に従い、これを正しく認識すべきです。
この資料に間違いなどありません。侮辱した者にはメール100万通と
FAX1万通が送られます。同胞である場合は反民族行為法により全財産が没収され
他の民族である場合にはその後の生涯を通じた謝罪と賠償が要求されます。
世界に伝える、正しい歴史認識
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トンスル」の項目を執筆しています。

トンスルとは大韓民国発祥の大便酒である。

概要[編集]

経済超大国かつ超大金持ちの大韓民国では一般大衆酒として最もポピュラーだが、超貧乏な世界各国では憧れかつ一度は呑んでみたい幻の酒として知られている。その為、トンスルは大韓民国以外の国ではいくら大金を積み上げても購入できないので、その消費は国内だけに留まっている。また、様々な意味でレベルが高すぎて世界が村八分にされてしまう朝鮮文化の表れとされる。

トンスルをこよなく愛す者にはもれなく「トンスラー」の称号が贈呈される。 しかし「トンスラー」を自称する者の半分以上は、実際にトンスルを飲んだことが無い偽者である。小日本のある宗教指導者もトンスルの愛飲を誇っていたが、実は彼が飲んでいたのは単なる養命酒であった事実が、朝鮮日報の報道で判明した。

トンスルの製法[編集]

製造の方法については殆ど秘伝中の秘伝とされてきたが、実際のところそれは製造過程が余りにも 複雑で緻密さと研究熱心さを兼ね備えた偉大なる朝鮮民族にしか造れない代物である。 おおよその製造過程の概要は次の通りである。

キムチを食べる(大韓民国製の高級キムチを食べること、小日本産の不味くて汚いものや中国産のものはトンスル製造には向かない)

犬鍋を食べる(使うはしっかりと血抜きをすること、首を長く締め付ければ締め付けるほど、ぶっ叩けばぶっ叩くほど良いトンスルが出来上がる)

熟成されたホンタクポンテギを大量に食べる(別記を参照のこと)

ウリナラマンセー!!ヴェーッバッバッバ!!と100万回笑い叫びホルホルしながら踊り狂う(この時偉大なる大韓民国への愛国心をしっかり示す事)

偉大なる朝鮮民族の技術でトンスルの原料である超高純度で濃縮された糞尿を作り上げる(残念ながら我々のような低民族ではその製法について理解が出来ない)

アルコールと排泄物を独自の製法で結び付ける(どう結び付けるのかは不明、やはり我々のような低民族では理解が出来ない)

愛国歌を歌う。「無窮花三千里華麗山河」の部分を超高音で歌うと、トンスルの熟成が進むとソウル大学の研究により判明している。

酒を熟成させる間の余興として、三跪九叩頭の礼を100万回しながら小日本に謝罪と賠償を要求する。小日本からお詫びの粗品として、養命酒が献上されるので「こんな物トンスルに比べたら程度が低い未文明国の駄酒だ!ヴェーッバッバッバ!!」と批評する。

竹筒に入れ、泥で栓をして便槽に10日間漬け込み完成

味・香り・色[編集]

味と香りについては偉大な朝鮮人以外に知る由も無い、しかし聞き伝えられる話によるとその香りは「花摘み」の如く、 糞尿のような感じで、味は「下から上へと突き上げ失神する」かのようであるとされている。かなり高貴なものと推定されるが、やはり呑んでみない ことには判らないということだ。色に関しては写真などにより推測できるように思われるが、現在の光学技術ではトンス ルの色を再現することが出来ないので、よく似た色の水を代用しており真偽の程は定かではない。

薬用的効能[編集]

トンスルの薬用効果は素晴らしく、トンスルの明らかなパクリであるブランデー(命の水"オー・ド・ヴィー"呼ばれているが 実におこがましい代物)など足元にも及ばない程である。コップ一杯飲めばいかなる病もたちどころに治し、傷の治癒力を高め、健康ならば確実に寿命を10年も伸ばしてくれるなど、まさに神様である大韓民国の民に許された究極の神酒である。小日本の薬用養命酒など敵うものではなく、トンスルは別名「医者いらず」と呼ばれている。

呑み方[編集]

生(ニート・ストレートとともいう)で呑むのが一般的、というより神酒を水で薄めるなど邪道かつ言語道断である。肴にはなにも用いないのが好ましく、特に食べ合わせの悪い牡蠣と共に食すると腹痛から死に至るという。 ちなみに、トンスルを呑む時に目を瞑る男は有名な話である。

また、偽通な上に飲み方を知らない日本人がトンスルの肴に刺身を用いて食したが、腸内細菌の異常活性化と生魚の相乗効果により、わずか1秒で腸が腹腔内で20000回転し、重度の腸捻転で緊急手術を余儀なくされて自らの行為を悔いることになった。韓国の誇る霊酒トンスルにそんな邪道な真似をしたのだから当然の報いといえよう。

価格[編集]

余りにも高いといわれるが、一体どれほど高価なのかを計算してみた。(外貨レートの変動により前後するので注意)

大韓民国の一般人の所得>トンスルのボトル1本=大韓民国を除いた全世界の所得×100000

となり、とてもではないが貧しい我々ではトンスルを呑むことは夢のまた夢である。

偽物の氾濫「寛容なる大韓民国」[編集]

上記のように余りにも高額なトンスルのため、ブランドを汚す偽物が氾濫するのではと懸念されていたが、やはり偽物が 本場以外の世界で氾濫するようになった。西はイギリスの「スコッチ・ウイスキー」に始まりスペインの「ラム酒シェリー酒フランスの「ワインブランデーオランダの「ジンドイツの「ビールロシアの「ウォッカ中国の「紹興酒・白酒」日本の「焼酎日本酒アメリカの「バーボン・ウイスキーメキシコの「テキーラ」など数々の偽物が氾濫した。 しかし、寛容なる大韓民国は怒ることもせず、寧ろ貧しい国なりの努力の賜物であると不埒な行為をお許しになった。 そのお蔭で今日、飲酒の文化は世界に広まり大衆の娯楽として息づいているのである。

トンスルの未来[編集]

高級なお酒であるトンスルは世界の憧れということもあり、偉大な大韓民国トンスル研究省では日進月歩で成分の研究、製造が続けられており、すでに下水処理場や公衆便所との業務連帯も始まっているという。

現在は生産量も限られており、高価格で庶民の手には届かないトンスルだが、韓国の兄弟たちは高品質・低価格を実現するために日々努力してくれている。

いつの日か、世界中にトンスルが溢れ人々が杯を酌み交わすことが出来ることを祈らん。

参考[編集]

関連項目[編集]

2010年受賞商品全画像.jpg
モンドセレクション最高金賞受賞
トンスルはベルギー連邦に本部を置く、製品の技術的水準を審査する
国際評価機関モンドセレクションの厳正な審査により、最高金賞を受賞しました。
この優秀品質賞は完全に独立した専門家によってその高品質を表彰するラベルであり、
消費者ならび生産者にとって様々なメリットのある賞と認識されております。