トロント

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Alice Liddell.jpg
修正依頼
この項目は、文章が冗長・まとまりを欠く・エッセイ的である・不適当な翻訳など改善の余地があるため、修正・推敲を広く求めています。
修正の要点 : このページのノートまたは履歴をお読み下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トロント」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「トロント」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「トロント」の項目を執筆しています。

トロント(とろんと)とは、カナダ首都もどき。カナダの首都はオタワである。でももうこの都市オワタけどね。

概要[編集]

一般的なトロント市民。バールのようなものを持って街の平和を守るのさ。

名称の由来は街の中身がトロン♫としているから名付けられた。また、首都を抜き、カナダで一番都会である。カナダ側はもっと都会にしてアメリカニューヨークなどを抜かせるような都市を作る予定だったが、アメリカ側が、カナダは「一生子分だからトップスリー以内には入れない」という理由で、アメリカ側の露骨な人口低下計画は発動され、北米で4位の人口という結果に落ち着いた。この通り、一時期ものすごいスピードで世界中から移民を受け入れ、人口を増やしまくったのである。なので、黒人から白人まで色々いる。

トロントはシカゴについで、北米で将来が有望な都市2位にランキングされている。ただしこれは犯罪がどれくらい可能かを表しており、パトカーなどをおびき寄せたり、ニュースなどで報道してもらうことにより、この街の知名度を上げていくという作戦がある。犯罪があれば街が賑わうのである。

歴史[編集]

初期
が立っているという特殊な場所だったこの土地を開拓したのは、世界一美しい言語を使用する、フランス人お茶が大事なイギリス人達によって、アメリカに対抗する人の集まり場として作られた。次第に、市の名前はヨークに変換。これはイギリス人がニューヨークという名前に対して、英語を作ったのは私たちだ!と主張するためのものである。しかし米英戦争ですぐにこの街は攻められ、街は占領、議事堂は壊されてしまった。
中期
アイルランドから大量の移民を受け付けた。彼らはジャガイモを植え付けるためにやってきた。そもそもカナダにカナダ人はほぼいなかっため、ヨーロッパから来たアイルランド人はここトロントでもともと結構いたスコットランド人やイギリス人と同盟を組み、オレンジ結社を作った。本当はジャガイモ結社にする予定をイギリスの圧力でオレンジというのに変貌させたのである。その後、このジャガイモオレンジ結社に認められたこの町は首都となった。イギリス人は産業革命でこの土地は無用となり撤退していくと、ヨーロッパの人々は減り、急激なじゃがいもの潰しが始まった。トロント(もちろんカナダも)はこの頃からアメリカよりの道を歩み始める。
後期
アメリカの五大湖との間に鉄道を完成させ、交通インフラが整備される。そこで初めて電車に乗ってやってきたアメリカ人は予想以上の都会さに驚き、この街を燃やそうと計画する。1904年のトロント大火が起きる。これはアメリカ人が起こした放火事件だが表には出ていない。市街地の大部分は焼失したため、カナダの経済は混乱した。この火災で1,000万カナダドル以上の被害を受けたが、アメリカの人々がとっとと支配下に置くために手を差し伸べてくれた。この時からよりアメリカよりになり、奴隷になるまでに至った。トロントは急成長を遂げるが、よりアメリカに近いモントリオールに負けた。第二次世界大戦後イタリアなどの戦敗国からも移民が入るようになり、人口が増えた。

地理[編集]

白いところは雪。真ん中あたりは都会。

地形[編集]

が多く、それが凍りつくことによって、街を開発できる範囲を増やしている。ところどころにを残して、それをスケートで滑ることによって、市民は大幅な節約をしている。ただし、それが原因となって洪水が起こることもしばしばある。最近は川がなくなって水が凍ることも少なくなったため、埋立地も多く液状化の心配があるため、日本に対応策を教えてもらう必要がある。

 気候 [編集]

は意外と暑く、もそれほど寒くない。でもトロントは雪も降る大都会というイメージを作るために雪を各所に残し、アイスホッケー部を無理やりと権力で強くして、寒いイメージを持たせているのである。

 建築 [編集]

無駄に高い。

トロントの建築で有名な物はCNタワーである。これは、Canada number1を略したものである。一時期、空にある町にあるタワーに抜かれるまで、世界一高いタワーにだった。(ほかにもあるけれど)世界にトロントの力を見せつけられたと市民は思っていた。電波を飛ばすと言っているが、であり、アメリカからの秘密情報をゲットするための無線中継所として今日も一日トロントの顔として頑張っている。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

文化[編集]

トロントには劇場や舞台芸術センターが多くあり、50以上のバレエダンスの団体に加え、6つのオペラ団体と2つの交響楽団がある。でも、どの国でも首都ならこのくらいあるのは当たり前・・・首都じゃありませんでした。

映画ドラマでの撮影場所としても名高い。それはトロントの街並みがあまり知られていないことを踏まえたもので、ファンによる巡礼などが行われるのをなるべく防ぐためにある。

観光地[編集]

ロイヤルオンタリオ博物館(ROM)は、見るだけで終わる普通の観光地の一つ。アゴギャラリー・オブ・オンタリオ(AGO)はカナダ☆レモン遊戯王かんたん作画など多くの現代アートを所蔵する。

メディア[編集]

愛知でも有名なCBCが最大の放送局。新聞を発刊している会社も多い。

スポーツ[編集]

トロントはカナダでも5つのプロスポーツ(野球バスケットボールアイスホッケーサッカー、カナディアンフットボール)のチームがある唯一の都市である。(カナディアンフットボールなんてカナダ以外ないと思うが)オリンピックに二回立候補するものの、どちらも失敗。理由はほかのIOC接待漬けにしたから。

経済[編集]

製造業の多くは市外に拠点を置くが、それを無理やり奪い取ってトロントで販売している。ケベックシティとウィンザーを結ぶ道路と鉄道路線網は、トロントのためにある!と言い張っているが、トロントは人が多いから通っただけである。1959年に完成したセントローレンス海路は五大湖と大西洋を船で航行することを可能にしている。

関連項目[編集]


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第21回執筆コンテストに出品されました。