トルコ料理

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トルコ料理」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「トルコ料理」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「トルコ料理」の記事を執筆しています。

トルコ料理(-りょうり)とは、日本料理と同じく雑多な文化の寄せ集めから生まれた料理である。

概要[編集]

一目でわかる、ケバブの作り方。

トルコ料理の原型が出来たのは15世紀前後、オスマン帝国時代の事とされている。中東地区が、東西文明圏の要衝として大いに栄えていた時代である。その影響は地中海沿岸からアジアにまで及び、中国モンゴルの羊肉食文化にも多大な影響を与えた[要出典]

トルコはイスラム文明圏であるためはあまり用いないが、その他の食肉はほぼ網羅している。肉種を問わず塊肉を焼いた「ケバブ」は日本でもトルコ料理代表として扱われる事が多い。野菜や穀物類は、手に入るものであれば何でも使うのが恒例。ヨーロッパ文化圏の料理の要素は殆ど持っており、その調理手法は中華料理フランス料理に勝るとも劣らず、世界三大美食の一つにも数えられている。またトルコ人はとにかく大食いが多く、米[1]の上にフライやパスタを盛った「トルコライス」も有名である。これは明治時代にはすでに日本に持ち込まれ、「土耳古飯(とるこめし)」という名で親しまれていた。本場トルコでは使わない豚のカツを乗せたりピラフにするなど、多くのアレンジが存在する。

嗜好品など[編集]

上に記したようにイスラム文明圏の食文化だが、何故かアルコールへの禁忌は存在しないという特徴がある。ワインビールも馬乳酒もガブガブ飲み、肉を食らい大いに精を付けるのはトルコ人のたしなみとも言える。これはトルコ風呂へ行く前の景気付けとしての一面もあると言われているが、真偽の程は不明。

また下戸向けのソフトドリンクやスイーツも豊富で、ヨーグルトドリンクの「アイラン」やよく伸びるアイス「ドンドゥルマ」が特に人気。和菓子の一種である牛肥の原型になった「ロクム」やイギリスのプディング文化に影響を与えた「タウク・ギョウスュ」のように、他国の食文化への影響も大きい。

脚注[編集]

  1. ^ 主食として炊いて食べる他、プディングやサラダにも用いる。

関連項目[編集]


Dish.png このトルコ料理は、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)