トヨタ・クラウン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「クラウンは高くて買えないわ、安くして頂戴」
トヨタ・クラウン について、真のおばちゃん
「クラウンなんぞ私にとっては安い買い物だがな。」
トヨタ・クラウン について、三千院ナギ
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トヨタ・クラウン」の項目を執筆しています。
なかなかカッコイイクラウン。カスタムカーとして大人気である。

クラウン(CROWN)とは、トヨタ自動車が開発している高級乗用車。つまり、庶民は乗ってはいけない車である。

概要[編集]

日産・セドリックとかいうライバルがいたような気がしたがそれさえも破った、日本一の高級車である。

クラウンのバリエーションは訳分からんのが多数ある。クラウンコンフォートなどは実はプリウスより安いしムダにスポーツ性能をのばしたクラウンアスリート、昔は2ドアクーペにバンピックアップトラックまでいた。

また、DQNにも大人気であり、クラウンのラストオーナーはDQNである。

歴史[編集]

クラウンの歴史は長ったらしい。それがクラウンという車の売りの一つである。

初代(RS型-RS20/30系:1955年-1962年)[編集]

  • 1955年1月に登場。他の日本国内メーカーが国外メーカーとの提携で車を作っていたが、トヨタは純国産で高級乗用車を作った。観音開きのサイドドアが外観上の最大の特徴であるが開けないと分からない。
  • この代のパトカー仕様は全くの専用設計である。
  • なんだかんだで残存数はある。
  • この代の個人タクシー仕様の1台が1990年代まで営業していた。

2代目(S40系:1962年-1967年)[編集]

  • 1962年9月に登場。デザインは当時のアメリカ車の影響を強く受けた美しいものであるが今ではどこら辺がアメリカ車? である。
  • バリエーションはこれまでのセダンに加えなぜか「カスタム」と呼ばれるステーションワゴンが加わり、物好きが多数購入した。
  • また、商用モデルのバンピックアップなども出たがやはり物好きのための車である。
  • 初期型は「涙目」と呼ばれるテールランプとトヨタの頭文字である「T」をモチーフとしたジュラルミン製のフロントグリルが特徴的であるがんなこと知らねぇよ。

3代目(S50系:1967年-1971年)[編集]

  • 1967年9月に登場。「日本の美」を追求したスタイリングは先代よりさらに低く、長くなり、だからなんだ。
  • 「白いクラウン」で大ヒットをかました。これは「女の子の肌も服もそしてパンツも白いほうがいいだろ、皆。」というトヨタの一部の人の声でこのキャッチフレーズになった。白いクラウンはこのあと今に至るまでバカ売れしているが北海道では「白い恋人」と間違われ、食べられる事態にもなった。
  • ちなみに、この代でZATのウルフ777のベース車である、2ドアハードトップがデビューした。
  • クラウンのトミカ化はこの代からで、ノーマル車(3-1)、パトカー(4-1)、消防指令車(27-1)、タクシー(28-1)が発売された。
しかし発売後すぐにクラウンのフルモデルチェンジがあったために短命なモデルである。

4代目(S60、70系:1971年-1974年)[編集]

  • 1971年2月に登場。この代から正式名称が「トヨペット・クラウン」から「トヨタ・クラウン」に改称されている。
  • その不気味なスタイリングから一般に「クジラ」「ナマズ」とも呼ばれる。ボディバリエーションは意味不明なピックアップトラックが廃止され、4ドアセダン、2ドアハードトップ、ワゴン/バンとなったがバンは意味不明である。つうかデザインが意味不明。
  • ちなみにトミカ化されたときに、(32-1)何故か商品名が「ニュークラウン」であった、だったらクラウンがモデルチェンジする度に「ニュークラウン」でないとおかしいが、何故か今代のモデルのみであるため「トミカの謎」の一つとされている。
当然ながらバリエーションモデルであるパトカー(4-2)消防指令車(27-2)タクシー(28-2)もモデルチェンジされた。
  • 世界で初めてアイドリングストップ機能を搭載され、EASS[1]の名でMT車にオプション設定された[2]
  • 同時期にモデルチェンジして姉妹車となったセドリック/グロリアの後塵を拝したことに当時のトヨタ開発陣はしばらく泣き叫びこのクラウンで飲酒運転をしたと言われている。1973年2月のマイナーチェンジではとりあえずバンパー部を一部別体化なんかしてみたが、人気の回復に至るわけなかった。これが後世に伝えられるクラウン史上最大の失敗作であるが、その希少性からか未だに愛して止まないファンも少なくない。

5代目(S80-100系:1974年-1979年)[編集]

  • 1974年10月に登場。キャッチコピーは「美しい日本のクラウン」だか、日本以外のクラウンも見てみたいものである。先代の反省からか、一転して重厚感を強調したスタイリングに改められたがだからなんだ。バリエーションはこれまでの4ドアセダン、2ドアハードトップ、カスタム(ワゴン)/バンに加えて、4ドアピラードハードトップという横文字つなげて格好良くしただけのものが加わった。
  • この代から、タクシー用スタンダードが進化した。オプションの冷房は他グレードがエアコンであるのに対し、吊り掛け式クーラーである。別に特に理由はなく、気まぐれである。
  • トミカのバリエーションはパトカー(4-3)、消防指令車(27-3)、ノーマル車(32-2)、タクシー(110-1)とやたら多く、ひっくり返してシャーシを見ると品番のところが凄いことになっている。

6代目(S110系:1979年-1983年)[編集]

  • 1979年9月に登場。キャッチコピーは「日本の薫り」「美しい日本の新しいクラウン」また美しい日本のクラウンであるが、どう見ても外車にしか見えないのは禁句である。執筆者もとてもじゃねぇがトヨタ車にはみえねぇんだよ。
  • トミカもこの日本車離れしたスタイルを程よく再現している。
ノーマル車(55-3)の他にパトカー(58-2)が発売された他ヘッドとテールが点灯するモデルも発売された。
  • 1980年11月には排ガス対策がどうにかなったので、無駄なパワーアップに力が注がれたのと日産・セドリック/グロリアに対抗して無駄にターボ車が追加される。
  • このモデルの後期型4ドアハードトップは、鬼面のような形相であることから「鬼クラ(鬼面のクラウン)」と呼ばれ、節分になると豆を投げられ故障が続発。さらに初代ソアラクレスタ同様に無駄に暴走族に好まれた。そのため現存数は少ないと思われる。

7代目(S120系:1983年-1987年)[編集]

  • 1983年9月に登場。もはや伝説である「いつかはクラウン」のキャッチコピーはこのとき作って今も流用している。
  • なお特別仕様車として、前期型のみエクレール」が先代に引き続いて設定されたがプラレールと間違われ安っぽいと言われた。後にスポーティーグレードとなる「アスリート(Athlete)」の名称もこの時に初登場するが、要らないと思う。
  • タクシー仕様も無駄に高いグレードに「スーパーデラックス」を追加、個人タクシー・ハイヤーなど、暇な連中の車両がグレードアップしたきっかけにもなった。したってさ、最終的にはこんな感じに壊れるだから意味ない気もするがセドリックよりは乗る側にその気はあったらしい。
  • このS120系から次のS130系にかけて謎のハイソカーブームが勃発し、今に至る若年層のヘンテコな支持を得る(すでにトミカで得ていたのは禁句である)。豪勢にも免許を取って最初にマイカーにしたクルマがクラウン、という例も少なくなかったという。
  • そのトミカもノーマル車(55-4)の他は、久々にタクシー(28-5)がラインナップされたが今度はパトカーがなくなった。
  • 「戦車クラウン」がこのクラウンの通称である。そのためイラクではテロ活動によく使われるといわれている。

8代目(S130系:ハードトップ1987年-1991年/セダン1987年-1995年/ワゴン・バン1987年-1999年)[編集]

これがそのクラウン。使いまわしだよ文句ある?
  • 1987年9月に登場。キャッチコピーは「満たされて、新しいクラウン。」「日本の誇りと歓び」。「いつまでも、クラウン。」と、もう高級車だよ文句ある?の一言である。
  • 1991年10月に4ドアハードトップは140系にフルモデルチェンジされたこれにより変に丸っこいクラウンが出来、嫌われる。またワゴン・バンは面倒だったのでフロントノーズ周辺のみの刷新した。セダンは飽きられたので1995年12月の150系の登場と共にモデルチェンジ、ワゴン・バンにおいてはなぜか飽きられなかったので1999年12月の170系クラウン・エステート登場まで作っていた。
  • このモデルのセダン、ワゴン、バンのヘッドライト、バンパーをタクシー純正パーツ(丸目ヘッドライト、メッキバンパー)は特徴的であり、それに交換する「安っぽいクラウン化改造」が巷で流行している。

9代目(S140系:1991年-1995年)[編集]

  • 1991年9月登場。キャッチコピーは「すべては、クラウン」。すべての車はクラウンだとでもいいたそうである。
  • 新たな試みとして上級モデルに「クラウンマジェスタ(CROWN MAJESTA)」が発売され、クラウン史上初の超絶モノコックボディを採用したが見た目で分かるかそんなモン。
  • ロイヤルシリーズは、前期型のリアスタイルが「クラウンじゃねぇよふざけんな」という批判が殺到した。ナンバープレートをバンパーに配し、テールランプを横一文字に繋げたスタイルは素敵だが当時のカムリやカローラ、コロナ、カリーナなどに見られた手法で安っぽく見えたからである。10年落ちは安いだろうが。それでも、4代目のクジラクラウン程ではないが(あれはどこかイカれているのである)失敗作なのである
  • 1993年8月にマイナーチェンジを受け、わがまま言う奴のためにリアスタイルは先代に似たイメージへ戻され、古臭くなった。キャッチコピーは「新しいクラウンが、動き出す。」「あの人が、乗っているのはセドリックかも」。

10代目(S150系:ハードトップ1995年-1999年 セダン1995-2001年)[編集]

  • 1995年9月登場。キャッチコピーは「美しく、走る」。「どこから見てもクラウンだからクラウンに見えなかったらセドリックかも」。この代の最大の特徴は、ロイヤルシリーズに待望のフル超絶モノコックボディーが採用されたことである。これにより、奥様と同レベルのダイエットに成功した。ハードトップ(個人向け、その他)、セダン(法人・公用車、キャブ仕様、その他)のフルラインナップ化はこのモデル以来、面倒くさいので行われていない。プラットフォームは試しに1クラス下の90系マークIIをベースとしている。
  • 1997年8月にマイナーチェンジを実施。キャッチコピーは「クラウンを教えてください」。教えてやるから安くしろといっても安くならない。

11代目(S170系:1999年-2003年)[編集]

  • 1999年9月登場。キャッチコピーは「21世紀へ、人生の新しいドアを。」「21世紀へ、このクラウンで行く」「新世紀クラウンゲリオン」。
  • 今回はヤマハ発動機の手により「アスリートVX」というスープラの足回りを移植し無駄にパワーアップしたモデルが登場している。どんなのかはお察しください
  • 後継の12代目 S180系が2003年12月に登場した後も、しばらく面倒くさいので警察のパトカー向けに生産が継続されていたんだぜ。パトカーは特別なんだよ。

12代目(S180系:2003年-2008年)[編集]

  • 2003年クリスマス前に登場。トヨタからのクリスマスプレゼントとして無理矢理3日で納車させるキャンペーンを実施した。「静から動への変革」をテーマに「全てをゼロから発想するクルマ造り」という訳の分からないことを行い、いろんなもの(カーナビ等)が搭載された。
  • 「いつかはクラウン」のキャッチコピーのように、憧れと終着点としての目標だったが、もう飽きられたので、「ZERO CROWN(ゼロ・クラウン)」というもうどうだっていいベンツみたいなキャッチフレーズでイメージを一新させている。ただし、「ZERO CROWN」は車名ではないから気をつけろ。
  • このように、もう訳分からない変貌を遂げ、最初こそ一部からは「こんなのはクラウンじゃない、クラウンスピリットだ」などと不評だったが、結果的にはいろいろあって大ヒット作となった。
  • 前期型のCMは、「ZERO CROWN-かつてゴールだったクルマが、いまスタートになる。-」のキャッチコピーと共に、CMはただ単にただっ広いとろをクラウンが制限速度を無視走り回るもので、「トヨタらしからぬ外車みたいなCM」としてくどかった。
  • 2005年10月4日に退屈しのぎにマイナーチェンジを行う。キャッチコピーは「ZERO CROWN,第2章」。もうぐどいMMORPGゲームみたいである。

13代目(S200系:2008年 - 2012年)[編集]

2008年、クラウンアスリートだからという理由で5人のアスリートを連れて記者会見がスタート、発売された。その姿は先代よりもスポーティーだがどう見てもアルテッツァにクラウンマークをつけただけに見えるのは気のせいである。

何故か、ハイブリッドカーのクラウン・ハイブリッドも登場させた。っていうかSAIを買え。

キャッチフレーズは「超えてゆく、ブランド」。だがクラウンに超えるべきブランドはそんなに無いのは言うまでもない。なのにこうゆうキャッチフレーズにしたのはただのかっこつけである。タクシー仕様車は相変わらずシカトされておりいい加減新型が見たいとクレームが殺到している。

アスリートのブレーキキャリパーの流用ネタで盛り上がる可能性高し。

2010年、何気にこそっとマイナーチェンジ。ハイブリッドが何か知らんがロイヤル顔に。でももう間違い探しレベルで変える意味なし

2011年パトカー仕様が登場。もう一般車と区別が付かないだろうととか恐れられていたが、実際の所は純正アルミを装備しただけだった。 覆面パトカー仕様は中の人による国民への配慮によってグレードを示すエンブレムのみ今までと同様に付いていない。 ちなみにいきなり覆面パトカー仕様1台が殉職している。

余談だが、カセットテープ再生機能付きラヂオを標準搭載している「クラウンセダン」が若者に大人気なのにもかかわらず、他のが13代目にフルモデルチェンジをしたのは、日本七不思議の1つである。

なお、クラウンセダンは、2.0L FR 低コストの3原則を守るために、現存する最古のトヨタ製プラットホームを使用している。そろそろ、踏ん切りをつけてMCプラットホームにして、更なるコスト削減を図ったらどうだろうか。

14代目(S210系 2012年 - )[編集]

Winding tower of Shime.jpg
この記事は、かつて“現在進行中の事に関する記事”と呼ばれており、誰もが先を争って編集していたホットな記事でした。
しかし、今はどうでしょう。この記事が最後に編集されたのは、もう6ヶ月も前のことです。みんな、この記事のことも、この記事で扱われていた主題のことも、忘れてしまったのです
どうか、せめて54.81.210.99さんだけでも、この記事のことをいつまでも憶えていて下さいますように。

2012年12月25日に新発売。トヨタからのクリスマスプレゼントといわんばかりである。

「ロイヤルサルーン」に廉価グレード「ロイヤル」が登場。そのせいでクラウン・ロイヤルサルーンの名称は、クラウン・ロイヤルになった。

ついにクラウンも、近年のトヨタのデザイン迷走のレイプを受けてしまった。ロイヤルのフロントグリルが鼻垂れ小僧のごとく、バンパーレベルまで間延びしてしまった。中の人曰く、王冠を意識したとの弁明だが、まあそのー…お察し下さい。そしてアスリートのフロントグリルに至っては「イナズマ」である。な…何を言っているのか、わからねーと思うが、おれも何をされたのかわからなかった…。頭がどうにかなりそうだった…。リアデザインはどっちもレクサス・LSっぽい。詳細はググレカス

CMキャラクターには世界の北野×国民的猫型ロボットという、わけのわからない人選で起用。

このタイアップにより、どこでもドアのピンク色が、カラーラインナップに追加されさんざんcmに出したくせに50台限定販売するとか(マジ)。誰得。おそらくどこかのDQNか林家ペーパー夫妻にしか需要がないと思われる。この色は2013年末に発売らしいから、その間に評判があれなら発売が立ち消えになるかも…。

あと、ハイブリッドカーもしぶとく設定しているが、こいつはロイヤルとアスリートに遅れて2013年1月下旬から生産する感じである。あんまりやる気がないらしい。

現行型の対抗車種[編集]

もはや敵ではない車種[編集]

取り扱いディーラー[編集]

トヨタ店で東京だけトヨペット店で買える。ごくまれに暇なカローラ店やネッツ店も売ってくれることがある。また、中古車ならどこでも買えるがそれは当然である。

タクシー仕様もトヨタ店のみである。クラウンは高いのである。トヨタ店でしか売っていないのにいちいち文句つけるな、ということである。

脚注[編集]

  1. ^ 「Engine Automatic Stop and Start System」の略称。
  2. ^ CAR GRAPHIC 2014年11月号 192頁 THIS MONTH'S TOPIC「日本初、世界初の技術録」より。ギアがニュートラルにある状態で自動的にエンジンが停止し、クラッチペダルを踏むと再びエンジンがかかる仕組みである。ただしヘッドライト点灯時は作動しない。

関連項目[編集]

ペダルが引っ掛かります この「トヨタ・クラウン」は、リコールのDMが届いていますアクセルペダルの交換をして下さるディーラーを求めています。 (Portal:スタブ)