トマティーナ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ラ・トマティーナ(La Tomatina)とは、スペインとある場所で行われる血祭りの一種である。

概要[編集]

8月末に行われ、参加者は1時間の間だけ他の参加者に赤い悪魔を投げつけることが許される。 開始・終了は役場から放送がある。 投げつけられた参加者は私は死にましたと10回言わないといけない。 なお、終了しても投げつけるのはフェアではないため注意が必要である。

歴史[編集]

この愉快な祭りが始まった経緯は定かではない。記録によると1940年代後半には行われていたらしく、その後同じ日に開始されるようになった。しかし、1951年、突如として禁止される(おそらくはえらいさんがひどい目にあったためと推測される)。しかし、このときは行ったものを逮捕した警察がどこかの国の警察と異なりヘタレであったため、逮捕者は即釈放され、次の年からなし崩しに行われるようになった。しかし、1957年に再び禁止となり、これだけを楽しみとして生きてきたこの街の住民は悲しみのあまり葬式を執り行うものが続出した。協議の結果、この協議に一定のルールを設けることにより復活させることになった(後述)。

詳細[編集]

まず、この祭りの最初には石鹸棒と呼ばれる競技が行われることになっている。 この競技は石鹸を塗りたくった棒の上に付けられた生ハムを、飢えた野獣が奪い合うものである。この競技が終了(おおむね野獣がハムを奪取する)の後、トマト投げが始まる。始まったら準備された赤い悪魔をひたすら投げたりよけたり当てられたりする。協議開始から一時間後、トマト投げは終了する。反省会をかねて参加者全員による町掃除を数時間に渡って行う。

ルールなど[編集]

このトマト投げに関してはいくつかのルールが存在する。これらはこの祭りを継続させるために必要なことであったらしい。

当初定められたルール
  • 1つのハムによって祭りを開始する(ハムを何個も使ってかく乱させたり、そもそも不意打ち的に祭りの開始をしない)
  • 祭りの前後には絶対にトマトを投げない(その後かの国のように暴動に発展させたりしない)
後に追加されたルール
  • 投げるトマトは街が用意したものを投げ、少しつぶしてから投げる(以上に硬いトマトとか、何かを仕込んだトマトとかを投げられないため)
  • 他人(特に女性)の衣服を破らない(しかし、人がゴンズイ玉のようになっているのでこれはある程度は仕方ないこと)
  • ガラス瓶のような危険なものを持ち込まない(えらいさんに向かって投げるのですね、判ります)
推奨事項
  • トマトにより色々と汚染されるため汚れてもよい格好で参加する事。
  • ゴーグルファウルカップなどにて大事なところは保護すること。
  • トマトによる汚染を防ぐため、ビニールを張っているところを触らない。
Imgb4da957b62oe8w.jpg トマティーナは、まだ定食屋の付け合わせ料理です。一品料理にして下さる一流シェフを求めています。 (Portal:スタブ)

問題点[編集]

トマトを愛するイタリアの国民から毎年スペイン政府に抗議のメールが来ていることから毎年継続すべきかスペイン政府をにぎわせている。しかし、この祭りを廃止に追い込むと今度はスペイン政府に赤い悪魔ではなく、黒い悪魔や、小さな悪魔が投入される可能性が高く、そのことについてはスペイン政府の頭痛の種である。また、意図的にルールを破ろうとする危険な団体の存在が明らかに禁則事項です

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トマティーナ」の項目を執筆しています。


ExSport.png この項目「トマティーナ」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)