トニックウォーター

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

トニックウォーター (Tonic Water) とは、頭髪用化粧品であるヘアトニックに水を加え調製した飲料[要出典]である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トニックウォーター」の項目を執筆しています。

概説[編集]

ロシアでアルコールが規制されていた時代に、代用品として飲まれるようになったのが始まり。ヘアトニックはそのままでは引火するほどのアルコールを含むため、水を加えることで扱いやすいよう、また飲みやすく加工されていった。

当時はヘアトニックへの着色料の規制が存在しなかったため薄青色に発光するものが主流だったが、現在は無色透明のものがほとんどである[1]

水以外の成分に関しては、ヘアトニックに含まれる多量のアルコール、および香料として添加されたメンソールが主である。口にした際に甘く感じるのはグリセリンによるものである。その他にも殺菌剤などを含むことがあり、調製に使用する水があまり清潔でない場合にも腐らせずに保管することができた。

主な銘柄[編集]

レシピ[編集]

規制[編集]

日本ではヘアトニックの食品への添加は認められていないため、国内で通常流通しているものは砂糖シャンプーを使用して調味されている。また、日本以外の国でもヘアトニックの食品添加に関する規制は行われており、代用トニックの普及が進んでいる。

そのため、本来のトニックウォーターは強いアルコール度数となるが、2016年現在、簡易に手に入れられるものはアルコールを含まず、清涼飲料水としての扱いとなる。

代用トニックは青く光ることがないため、判別は容易である。

脚注[編集]

  1. ^ 規制の項も参照のこと。

関連項目[編集]