トトロ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、ふわふわな灰色の毛をした可愛いトトロについて記述しているばい! スタジオジブリの人気アニメ映画につ・い・て・は「となりのトトロ」をCHECK IT OUT!! はい!!!


Danger
WARNING!!
この項目を一通りお読みになると、本来あった価値観を下げる可能性があります。
そのようなことを無くしたい場合には、この項目を改ざんさせるか、
それが面倒ならば思い切って白紙化・削除しちゃって下さい。
「トトロは“いる”んだよ」
トトロ について、草壁めい
「このへんな生きものは まだ日本にいるのです。たぶん」
トトロ について、キャッチコピー
「雨降り~バス停~ずぶ濡れオバケがいたら~♪」
トトロ について、主題歌
「そなたはシシ神の森に住むという古い神か?!」
トトロ について、アシタカ
「トトロというのははね、実は、死神なんです。信じるか信じないかはあなた次第
トトロ について、関暁夫
「龍猫?あんた、ぜいたくな名前だね、あんたは今日からトトロだよ。」
トトロ について、湯婆婆


トトロ(ととろ)とは、千葉県に住むと言われている、生物なのかオバケなのか死神なのかさえよく分からない、ネコのようなネズミのようなクマのような生命体のことである。

生態[編集]

主に千葉県にある狭山丘陵(トトロの森)に生息。珍しく二足歩行が基本。オカリナなどの道具を利用したりするので、並みの頭脳を持っていると思われる。とある大木の根元を住処にし、現在3匹だけ確認されている。ドングリキノコ葉っぱを食していることから、一種の生物だという説が有力だが、詳しくは不明。

確認されているもので体長は最大1.2hydeぐらいある。体重は2tでかなり重い。全身灰色の毛に覆われ、胸は白くの字の模様が幾つかある。時によってその「へ」の模様の数が変わる。幼少の頃の毛並みは、もしくは。灰色のトトロは「トトロ」、青色のトトロは「トトロ」、白いトトロは「チビトトロ」という。「トトロ」ではないので注意。[テストに出るよ!]また、体を透明にする能力があり、大人には見ることができず、時には子供さえ見れないこともある。

クマのような尻尾を持ち、耳はとんがりコーンみたいにとんがって、ヒゲを生やし、爪は倖田來未より長く、メタボ体型で、歯はすきっ歯。大声で鳴く。うるさい。移動手段は、空飛ぶ独楽ネコバスを利用していて徒歩は滅多にない。どうしてトトロがあの体型なのかは、これで明白である。中国では、「龍猫」と表記されるが、全然には見えない。

大人には見えないのに、何故これ程の情報があるのかは、お察し下さい

注意[編集]

トトロは大人から全く見えないので、もし誰かがトトロに押し潰されたり、食べられたりしても、何が起きているのか一切分からず、どうすることもできない。また、そのようなことから、人の恐怖を掻き立て、様々な都市伝説も飛び交っている。 一節には、ネクロノミコンの著者アブドル・アルハズラッドを貪り喰った「透明な怪物」も、このトトロの眷属だと囁かれている。

また、トトロは死神で、死に際に現れるというものがある。サツキとめいも例外ではなく、実際、物語の途中からサツキの影が無かった。この噂では、その時にはサツキがもう死んでいて、ネコバスは死者の国への送迎バスとされている。また、サツキとめいは五月を当てているだけでなく、「殺気」と「命」または「冥」も当てているのではないかという噂もある。また、めいの言った「オジャマタクシ」は「お邪魔私(私は邪魔者なので殺して下さい)」、「トウモコロシ」は「十も殺し(私は十人もの人を殺した殺人者です)」を表していると言われている。

劇中には他にも、「池に浮かんでいた靴は誰のものだったのか?」等、幾つもの未解決の点が残されており、今日でも論議を呼んでいて、かの柳田理科雄までもがトトロに注目する始末である。

しかし、宮崎駿監督は事実を明らかにしていない。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トトロ」の項目を執筆しています。

外部リンク[編集]