トキ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情シュークリーム分が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

トキは、20世紀末から21世紀初頭にかけて、己の身で核兵器の恐怖を訴え、世界中を震撼させた聖人である。

spoiler
spoiler

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、トリトンがポセイドン一族を道連れにしてロケットで宇宙へ飛び出すことや、暁の黒幕はトビことうちはマダラである、と思わせておいて実は死んだと思われていたうちはオビトであることや、本物のキン肉マンソルジャーは既に倒されており、キン肉マンの兄・アタルが成りすましていることや、クリア・ノートは「シン・クリア」の術が破られるごとに完全体へ近づいていくことや、天界に行ったはずのミグミグ族はアラハビカで魔物のコスプレをしていることや、“ともだち”の正体はカツマタでありフクベエは小学校時代に死んでいたことや、司は幾斗をイースター社の追及から匿っていたことや、ゆず子が実はメガネっ子であることや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、単行本を手放さないようにしてください。

悲運な人生・トキ[編集]

心技体どれをとっても完璧とされながらも、生まれながらに悲運の星の下に生まれたため、それを生かせなかった悲劇のヒーローで聖人

幼いころに両親をなくし実の兄・ラオウと共に生きていたところ、リュウケンに養子になるチャンスを与えられたものの、試練の最中に運悪く負傷して危うく一人のたれ死ぬところであったがなんとかラオウと共に養子になることができた。本人は決して戦いが好きなタイプではなかったが、ペットを殺した男をぶち殺したところをリュウケンに見つかり、運悪く北斗神拳の伝承者候補にラオウとともになった。なにかとライバル視してくるジャギやいろいろ残念なラオウケンシロウの尻拭いをしているうちにリュウケンから「お前が伝承者になったほうがいいよ、マジで」と言われ、運悪く伝承者に仕立て上げられてしまう。

大概の場合はその技で、治療行為を行う心優しい青年である。とはいえ戦闘力はかなりのものである。武器は好まない。というか、必要がないほど強い。 その気になれば、片思いの人であるユリア嬢も自分のものにできたのだがそれでは面白くないとケンシロウに譲ってラオウをたきつけるといった少々性格が悪いところもある。

とはいえ、なんだかんだいってもそれなりに充実した生活を送っていたのだが運悪く核戦争が起こり、運悪くシェルターにいたババアが勘違いしてしていたうえに運悪くおかしな設計のせいで自分がシェルターに入れなくなってしまった。その結果、死の灰を致死レベルの何百倍浴びてしまい運悪く病に侵されてしまった。そのため、伝承者の資格がなくなり未熟なケンシロウが伝承者に選ばれたことで一連の大きな悲劇が発生してしまうことになった。

ただ彼にとって不幸中の幸いだったのは、暗殺拳の伝承者でなくなったことや秩序や法律がが崩壊したことで医師免許がなくても医療行為が行えるようになったことであろう。皮肉にも、夢であった医療にこの力を生かすという願いは暴力が支配する世界で実現することとなった。彼が医療活動を行う村は「奇跡の村」と呼ばれるようになり、後に天才と呼ばれるアミバをうみだすこととなる。

しかし、その平穏も兄・ラオウの暴走でまた破られることとなる。仏の顔も三度までと言わんばかりに彼は怒り狂い、自分の身をかけてラオウを始末しようと決意する。その結果、後一歩というところまで追い詰めるが、できの悪い弟の空気を読まない行動で失敗する。そして、残された命で多くの人を救おうとしていたところにユリアの兄を名乗る馬鹿に襲われその生涯を閉じることとなる…はずだった。

その半生は『北斗の拳』と言う作品に描かれており、彼を語るうえで歴史史料的な価値は高い。近年では彼をさらに掘り下げた書籍「トキ外伝」が出版されている。

なお、別の書籍では、核が落ちなかった場合の想定もされている。この場合も、原因不明の病で死にかけ、さらには聖人のイメージすらも破壊されるという悲運を歩んでいる。

関係者[編集]

まさに完璧超人であった彼だったが、それを妬む連中も数多かった。

連中は、何らかの方法で彼が「死」という真実に到達できないようにすることに成功。トキは日々虐待を加え続けられていたという事実が判明する。下記に列挙したものはもちろんほんの一部であり、今現在も奴らの悪行は次々と暴露されている。

リュウガ
ユリアの兄を名乗り、トキの診療所を襲撃しリンの懇願も無視して彼を半殺しにする。その直後にケンシロウに成敗されるが、致命傷を負った彼は助からずに死亡する。なお、この男は周辺の村を襲い虐殺を繰り返している極悪人であり、ユリアにはすでにジュウザという腹違いの兄がいるため彼女の兄というのも嘘である可能性が高い。
ラオウ
トキの実兄であるが、彼のせいでトキが以前滞在していた村が全滅している。それにはあのリュウガも絡んでいるというのだからもう手に負えない。さらにこいつはジュウザも殺している。唯一の救いは彼を殺していないことか。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トキ」の項目を執筆しています。


Kenshirou.png この記事はもう終わっている。死にたくなければこの「トキ」に加筆しろ。 (Portal:スタブ)