デビルメイクライ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「デビルメイクライ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「デビルメイクライ」の項目を執筆してくれています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「デビルメイクライファン」の項目を執筆しています。

デビルメイクライDevil May Cry)はカプコンから発売された(自称)スタイリッシュ〇〇アクションゲーム。〇〇の部分は“クレイジー”だったり何もなかったりする。戦国だったりはしない。 タイトルは「悪魔だって泣くんだからね!!」という意味である。

概要[編集]

基本的に、剣や銃で悪魔を惨殺するゲームである。主人公が悪魔の力を身につけた、いわゆるデ◯ルマンなキャラクターで、ゲーム中の堂に入った殺戮劇の爽快感に魅せられたプレイヤーも少なくない。 最高難易度のDante Must Die!においては敵も文字通り悪魔となるので、あっという間に殺されるプレイヤーが後を絶たない。 4においてはHeaven Or Hell(相手も自分も一撃死亡)に加えHell And Hell(相手は強いのに自分は一撃で死亡)というまさに鬼畜モードも設定されている。しかしそれをクリアしたからと言って何か特典があるわけでもない。因みにこの難易度をクリアすると、ダンテ(と思われる)から「お前、外出ろよ?」という有難迷惑有難い言葉が贈られる。 このゲームのスタンスは倒れている敵を足蹴にするものでルールなどない。中盤ではレディすらもボコボコにできるのでストレス解消になる。  ダンテの双子の兄・バージルだと剣と刀によるコンボはより辻斬り度を増し、離れた女子供もバッサリである。

右腕が寄○獣状態になった新主人公ネロはその腕でぶん投げ遊びを楽しんでいる。 魔人化すればスタンド使いにもなれる。それどころかどっかの生物災害の変態眼鏡よろしくベリィ・トゥ・ベリィや主人公(膝)なアレックスよろしくボッてたりする。

とにかく、何でもアリなゲームである。

登場キャラクター[編集]

よく出てくる人と半魔と悪魔達[編集]

ダンテ
赤いコートを着た半魔。大剣と大型拳銃で日々悪魔を殺し続けている主人公。『Devil May Cry』という事務所を構えているが、まともな客はいない。やってくるのは、せっかくだからと赤を選ぶイカレた奴ら。しかも事務所を壊していくような。さらに女のせいで借金まみれ。どうも女運がないらしい。
オヤジは魔界の大悪魔であり、ダンテはオヤジの評価の所為でいつも苦労している。親父の遺品を巡って双子の兄貴と腹貫きあう兄弟喧嘩をしたり、勤め先(魔界)での人間関係の軋轢から息子に報復が向かったり、散々である。そのうえ幼少時に息子たちへ容赦なくその魔帝すら封じた剣技を向けていたという(小説版2巻参照)。そのせいもあってダンテは微妙に親父を怖がってる、だけどやっぱファザコン
また事務所に母親の写真を飾っていることから、マザコンであることもわかる。母親似のトリッシュに「いいのかい?ほいほいついてきちまって。俺は(ry」されたが、それなりに幸せそうだった。部屋のポスターなどから金髪・巨乳好きであることがうかがえる。要はマザコン
アニメではょぅι゛ょと縁深いことが分かり、ロリペド疑惑もある。そういえばこいつも金髪だ・・・胸は無いが。
真の姿を現すとなんか、仮面ライダーの怪人みたいです・・・。奇しくもアニメ版の脚本家は平成ライダーシリーズを手がけた井上敏樹
食べても太らないからオリーブ抜きのピザ(生ハム&ガーリックポテトミックスピザ)とストロベリーサンデーが好きだ。「I'm absolutely crazy about it!!
空を蹴ったり、キングクリムゾンが使えたり、素手で鎌とか防御できる色々ヤバイ。どうも斬られたり刺されたりした瞬間に高速再生が始まるらしく、頭ブチ抜かれても死なない。心臓を太剣でブッ刺されるのはもはや恒例行事。
無免許運転常習者であり、大型バイクから小型飛行機、果てはロケット弾から悪魔まで乗りこなす。物理法則も完全に無視する事もしばしば。
彼の操る二丁拳銃エボニー&アイボリーのベースはコルトガバメント。が、あまりの強化カスタムのため常人が片手で持ち上げることができる重量限界を上回ってるとか。よく見ると彼がこの拳銃の製作を依頼したときの偽名が彫り込まれている。エボニー&アイボリーの名の由来は「鍵盤」。白だの!黒だの!
形見のアミュレットの台座は銀色だが、本来はバージルのものと同じく金色だったのかもしれない。ダンテが母親の形見をいかにぞんざいに扱っていたかが伺い知れる。
4では3以上のクレイジーさを誇る。髭が生えたりイチローになってみたりサッカーしたりキャシャーンになったり薔薇も咥えたり劇団ごっこやったりとまさにやりたい放題である。
合言葉は「Jack Pot!」または「Let's rock!」。
最新作でも出る事が判明したが、髪の色は違う、顔の造りがあまりにも(名倉)違う、「悪魔と人間のハーフ」から「悪魔と天使のハーフ」に改変されてるなど、余りの手抜きぶりに悪魔はおろか腐女子すら泣き、反対署名運動まで起こった(実話である)。ちなみに新ダンテは銀髪を「ダセェな」と評した。伝統的ダンテを馬鹿にするようなこのセリフに全てのファンが激怒したのは言うまでもない。
ただし、これは誤訳である。その証拠に、ダンテの本当のセリフ(原文)はダサいとは一言も発しておらず「Not in a million years(100万年早いな)」と言っている。本来は「俺にはまだ早い」「俺にはまだ似合わない」といった意訳が適切とする者が多い。つまりニンジャセオリーに従来作を馬鹿にしようという考えはなく、翻訳を担当した者の責任であるといいなぁ。「Not in a million years 意味」とかでググるなよ。絶対にググるなよ!
バージル
ダンテの双子の兄貴で半魔な蒼い典型的厨二病患者。美学に反するとかいう理由で得物は日本刀オンリー(最初だけ)、欧米圏のクセに技名は一部を除き漢字と徹底している。ゲームだけでなく、小説にも甲斐甲斐しく出ており案外目立ちたがり屋な面が窺える。スカァーンム。弟にツンツンされると、すぐに刀を突きつけて脅す。むしろ刺す。ダァーイ
厨二患者ゆえ、頑なに力を求めている。それが原因でせっかくオヤジが2000年前に封印した魔界とこの世を繋ぐ的な塔を復活させるなど近所迷惑どころでは済まない大惨事を引き起こす。3の最後にはオヤジの故郷で弟にボロ負けしたのが恥ずかしくてそのまま魔界に残り、魔界の帝王(自称)に挑むもまたボロ負け。挙句はその死体を改造・洗脳され怪人「ネロ=アンジェロ」として復活。1にてダンテと再び戦うことになる。そして消滅。実に踏んだり蹴ったりな人生。まぁ殆ど自業自得な訳だが
3にてバージルが持っていたアミュレットの台座は金色。が、1でダンテの手に渡った時には銀色になっていた。ミステリー。
3SEではプレイヤーとして使える。モーション問わず幻影剣を飛ばせたり一度に魔具が三種類使えるなどダンテにはない利点があるが、エアハイクが無いのが初心者にとって致命的。「舐めるな!」
4だと彼の愛刀兼遺品閻魔刀がキーアイテムになる。閻魔刀を持てばダンテも見様見真似でダークスレイヤーを使えるようになる親切設計。
腐女子に大人気だが非童貞の子持ち(笑)。色々とカプコンは腐女子にやさしくない会社や。まぁやさしくすると某スタイリッシュ世紀末戦国アクションみたいな惨状になるんだけど。「愚かだな!ダンテ」
I need more power…!
何?例のOSR漫画と要素が色々被ってる?知るか!
弟同様、続編といっておきながら上記の騒動でヒヨッた製作側が慌ててパラレル(笑)と言い放った最新作にも登場。
銀髪闇魔刀持って悪魔の血を引いて双子の弟がいれば、とりあえずバージルという事にな…らないことをプレイヤー達は身をもって知ったとか。
スパーダ
通称パパーダ
ダンテとバージルのオヤジで真性の悪魔。作中最強のキャラクター(過去形)。愛剣に自分の名前を付けていることから相当なナルシストだったのだろう。
かつては魔界の帝王に使えていた右腕的な存在の冷酷でつよーい魔剣士だったが、人間の「」なんてものに惑わされて魔界で勝手に謀反を起こして暴れまわり、色々と面倒な因縁を残した挙句にそのまま人間界に引っ越した。息子にしてみれば何処の誰とも知らない悪魔どもに因縁を付けられるのだからたまったモンじゃない。
以降2000年間は人間界の各所で中途半端に名を残すような活動をしていた。2000歳年下の娘と子供を作ったことから、かなりのロリペドであることが知られている。なお、覚醒遺伝について語ってはいけない。
“魔剣士”の肩書きを持つくせして銃二挺を乱射するDQN。なお、その性質は片方の息子に引き継がれたとか・・・。ちなみに銃の名前はルーチェ&オンブラ。フルーチェとドンブラコではない。イタリア語で「光と闇」。オヤジがいつ頃銃を使い始めたのかは謎。この辺の設定は現在のカプンコにとってはどうでもいいらしい。さすがに2000年前にこんな近代的な銃使ってたってのはねーよなぁ…。このフルーチェドンブラはマキャベリーだかキャベ太郎とかいう名前の魔界の銃職人(故)が作ったという設定がアニメ版のドラマCDで初出したが、いかんせんマイナー過ぎてあまり知られていない。おそらくアルテミスやパンドラ等の魔銃もこのキャベ太郎が作ったのであろう。
悪魔としての正体はゴキブリみたいな風貌をしている。仮面ライダーの怪人みたい。人間形態の片眼鏡は伊達という噂。
あんたが息子共に勝手に未来託して失踪しなけりゃエヴァ死ななかったんじゃねーの?
トリッシュ
ダンテ達の母親「エヴァ」にそっくりの女性。実は魔帝に作られた女悪魔。ダンテのマザコンぶりを加速させた人物。
とはいえ出会ってすぐにダンテに放電した上、ダンテのフォースエッジを心臓に刺したりバイクを投げつける所はまさに鬼女。さらに魔剣スパーダやルーチェ&オンブラをいつの間にか私物化している。スパーダはいいとしてその銃はどっから持ってきたんだ。服代もダンテにツケ。だけどダンテは文句なんていえません。
2では隠しキャラで登場しているが、モーションは1のダンテをほぼそのまま流用している為実はダンテよりも強かったりする。女はいつの時代も強いのだ。
4で変装の達人であることも判明した。あれ肌が綺麗なIKKOにしか見えないんだが。
レディ
アーカムの娘なデビルハンター。本名、壁に耳有り障子に「メアリ」。ダンテ以上に変な動きをする、悪魔的少女。岩に銃剣を易々と突き刺すし、爆風にも耐えるし、バズーカと銃を乱射するテロリストで、初対面のダンテにいきなりミサイルや銃弾を撃ち込むキレ具合は、ある意味人間の範疇から外れていると感じるのは気のせいだろうか。この辺はオヤジに良く似ている
3におけるお色気要員。一見ミニスカに見えるがただの弾倉帯。しかしピチピチスパッツでお尻の形がくっきり丸見えなのに加え、やたらと大股開き。その上カメラも彼女の股間あたりを狙ったように動くので、ストーリーそっちのけで彼女のお尻を目で追ってしまった男性プレイヤーも少なくないはず。実は巫女属性持ち。
4では、やたらと乳がゆれる。何食ったら貧乳が巨乳になるのか?ダンテも眼が乳に…。
オヤジ同様オッドアイ。しかし右が青で左が赤なので蒼い子ではない。
ネロ
製作者肝いりで登場した4からの新主人公。スパーダ教団の若き騎士だけど勤務態度悪い。
違法改造の噴射機能付き大剣・レッドクイーンと巨大二砲リボルバー・ブルーローズを携えて戦うが、なんといっても戦いの中心になるのはその悪魔の右腕・デビルブリンガーである。右腕が寄◯獣状態で、ゴムゴムの実を食べたかのように伸びたりつかんだりぶん殴ったり色々できる。
途中で閻魔刀を手に入れるとバージルみたいなネロアンジェロみたいな背後霊みたいなのに取り憑かれる。
終盤、高齢者をタコ殴りにした挙句心臓を剣で貫くという、外道という言葉すら生温い行為をやってのけた。
銀髪で悪魔の力を持ち、ついでに「スパーダの血族」なんて言われているからスパーダ隠し子疑惑が持ち上がった。だが、あまりに謎が多すぎるため良く分からない。たぶん右腕はバージルの悪魔体。とかいう憶測が飛びかったが小説ではバージルの息子らしいようなことが……というか確定である。これで違うならなんだっていうの?死ぬの?腐女子乙(笑)
とにかくキリエキリエで戦い続けるので、厨坊な青臭さが嫌いな人には見てるのが辛い。キャマァーン。実はセリフとか技とか色々とバージルにそっくり。さりげないけどそっくり。「Give me more power…!
小説の後日談ではダンテを真似してフォルトゥナで事務所を始めた。どうやらアレな便利屋と違って悪魔退治専門らしい。そんでもって事務所兼自宅でキリエと本当の意味で同棲も始め、半魔と人の間の子をつくるという世界初の試みに毎晩挑戦中である。チッリア充め…××××でもしてろ!!

その他の人間(自称・過去形含む)[編集]

キリエ
スパーダ教団の騎士長クレドの妹。4におけるピーチ姫ポジション。ネロにとっては母親なんだか姉なんだかよくわからん存在の人。実は中の人はレディと同じ。
中盤にはネロの鬼の手右腕を見て一旦は引いてしまうが、最後になったら慣れた様子で手をつかみ合ったりしている。キリエキリエと叫んでいたネロにうんざりしなかったのだろうか?
ゲーム本編の最後や小説版の後日談ではネロとの関係は見事恋人にランクアップした。それにしてもDMCシリーズでは真っ当なヒロインの存在がこうも貴重だとは…。おかげでちょっと空気化してたけど。
クレド
スパーダ教団の騎士長でキリエの兄。いつも眉間にシワを寄せたしかめっ面。色々と苦労してます。実は中の人はバージルと同じ。ネロにとっては、父のような兄のようなこれまたよくわからん存在の人。しかしやんちゃぼーずを叱りつける姿はまるで教育ママの様である。つまり、キリエとクレドはどちらもネロにとって、お母さんポジションというかなり珍しい兄妹なのである。そりゃまぁ、タイプがまったくちがう2人のお母さんにそだてられりゃ、反抗期の1つや2つ入りたくなるわな(笑)。
中盤では帰天(要するに変身)で右腕が盾と同化した悪魔に変身してネロと対峙し、後に囚われたネロとキリエを助けようとするも、サンクトゥスの手に掛かり、天に召される。兄貴は死ぬ法則なのか?
迷いもあったが、最後は守るべき者の為に戦った、誇り高き騎士である。
変身すると正統派天使でなかなかカッコイイが、よく見ると天使の輪は途切れており翼が片方しかない。兄貴ネタ繋がりなのか幻影剣もどきを使う。
アグナス
スパーダ教団の技術局を統括する人。通称アゴナス。興奮するとラッパーのようにどもる。
ネロ=アンジェロの鎧の欠片から量産型モビルスーツ・アンジェロシリーズの大量生産に成功した。教団騎士の使うバイク剣も彼製作。女は嫌いらしいが裏魔剣祭では仲良くやってるぽい。ネロにいじめられてキリエの後ろに隠れるなど、案外弱虫。
帰天で天使化したと自称する、その変身姿は悪魔召喚を行う白い虫。ハエというかバアル・ゼブルか。ネロと対峙して一時撤退、後にダンテと劇団ごっこを演じたことから意外に役者の素質に恵まれていることも判明した。ヘッドショットされて退場。
サンクトゥス
「スパーダは新世界の神になる」教団―通称:魔剣教団(スパーダ教団)の現教皇。物語初っ端からダンテにヘッドショットされ、物語と人生両方から退場したかと思いきや、実は帰天と称してデビルマン化しており復活を果たす。
年寄りの冷や水で、地上の楽園建設に向けて悪魔の襲来とウ◯トラマン風の神の降臨をせっせと準備。「最後の審判」を自作自演したが、ダンテとネロのタッグプレイに及ばずアイアンクロー死亡。オッドアイのハゲといい思想がワンパターンだが、こちらの方がアホな信者を沢山抱えたカルト宗教という点で始末が悪い。
ネロのバスターで殴られまくる姿は下手をすると老人虐待にしか見えない。実に清々しいよ諸君。
アーカム
ハゲ。妻を生贄にして悪魔の力を手にはしたもののバイキンマンモドキのピエロにしかに変身できない程度の中途半端野郎。存在そのものがピエロ。得意なものは自演。
いい歳して厨二病をこじらせ、ネ申になろうとしたが結局は出来損ないのスライムにしかなれず、最後には母親の仇討ちに来た実の娘に鉛弾をブチ込まれて死亡。身分不相応な夢を見るからそういうことになる。
アリウス
ハゲだがアーカムよりは髪がある。口ヒゲも生やした顔は某平八っぽい。国際企業の経営者だが誇大妄想で島の乱開発&環境破壊に手を染めて大悪魔の力を手に入れようとした。ペテンにかけられたことに気づかないうっかりさんで、最後肩から触手を生やしたり怪獣化したりした。通称サリーちゃんのパパ。
ルシア
赤毛&腹出しファッションの女戦士。まわりくどい方法でダンテに故郷の島を救う助力を依頼した。白い鳥人のような姿に変身できるが、その姿の由来は特に説明されない。彼女がもっと慎重だったら魔界開放の儀式自体を防げた気もしないではない。

悪魔の方々[編集]

ムンドゥス
魔界の王。正体はキモいスライム。魔界の王も失恋するのか、胸に大きな穴が。ダンテのおふくろに似せた悪魔(白人の成人女性)をわざわざ作るなど相当なムッツリである。目玉一杯手も一杯。はた迷惑な巨体で現れたせいで城の崩壊を早めていた。いやー複葉機さまさまで。
アルゴサクス
ムンドゥス弱体化中のどさくさに紛れて魔界の大部分を支配していたこともある大悪魔。本体は男女両方の姿を持つ炎の魔人のような姿。過去のボスとかその辺の人々の絶望とかを吸収してごった煮状態になっていた。アリウスに力の一部を呼び出され、ちゃっかり乗っ取った。火事場泥棒が得意?
ネロ=アンジェロ
バージルがムンドゥスに殺されて改造され、重厚な鎧を身に纏いバカでかい剣を振るう。フォッフォッフォッと笑うので、バルタン星人ではないかとの情報もある。ダンテとの数度の対戦の末死亡確認される。更に4では「スパーダが新世界の神」なカルト教団によってその鎧の欠片がどっかの怪獣細胞みたいに量産兵士製造に利用されるはめになる。
3SEでは使用可能となったが、強すぎてゲームバランスが崩されてしまった気がする。しかもスーパーバージルの場合、ずっとネロ・アンジェロになれる上に体力回復までする為完全にバランス崩壊している。
ファントム
でっかい蜘蛛。一応おとなしい悪魔らしいがそうは見えない。デビューして早々、串刺しにされる。
基本的にやられ役だが、某スタイリッシュ痴女アクションでは日頃の鬱憤を晴らすかの如く活躍した。
ジェスター
やたらうるさいピエロ。殴りてぇ。
その正体は検閲により削除である。
ボルヴェルク
隻眼の骸骨剣士。某地域の主神クラスの存在が宗教戦争に敗れておちぶれた姿らしい。昔スパーダと戦って敗れたことがある。その辺の因縁をダンテと挑発交えて語らせればいいのにお互い無言なんだもんなぁ。白い狼二匹をペットに連れているが、攻撃の巻き添えにするのを躊躇しないひどい飼い主である。
ベオウルフ
ムキムキな獣の悪魔。悪魔なのに光属性、何故。
スパーダに目を潰された怒りをスパーダの息子達に八つ当たりするが最終的に目がぁ~な状態にされ、綺麗にスライスされた。かませ犬。
ネヴァン
ほぼマッパの淫乱サキュバス。電撃と蝙蝠を操る。カプゲーを知る人なら誰もが思うその通りモリガン・アーンスランドを意識して作られたキャラクター。
昔はスパーダと肉体関係を持っていた。しかしその後奥様もウットリの太い塔ちゃんに封印される。2000年後くらいに息子のダンテにも色仕掛けをするが、アソコを銃でブチ抜くというSっ気に思わずM属性が開花し、体をギターに変えて隷属と化す。
ベリアル
魔界の過酷な炎獄で育った(牛+人)÷2×悪魔。焼き肉奉行気質。灼熱の網を体に纏わせ、手にしたトングであらゆるものを破壊する。良くも悪くも他のテーブルをあまり意識していないようなところがあるが、挑戦や挑発(生肉・焦げ肉食いや一気飲みコール)と思われる行為には敏感で非常に御奉行的。見た目はカッコいいが、ネロには右手でボコられダンテには針をブスブス刺されて絶頂させられる(小説版)などまるでイイトコなし。最後はダンテ相手にM属性に目覚め屈服しかけるが、魔具になって借金のカタされて質屋で余生を送るのはさすがに嫌だったので自殺した。
ダゴン
オヤジ口調のでっかいカエル。城みたいなところで飲み会を開いており、飲みすぎてるのか終始汚いGEROを吐く。頭か顔だかに2体の人間型の女性のストラップを付けており、それでネロを誘惑し、おびき寄せ、酒のつまみに喰おうとしたが失敗に終わる。最期はネロのパンチでベイブレードにされて、その生涯を終えた。かと思いきやどこでもドア地獄門から遅れて飲み会にやってきた兄弟たちが、ワラワラと押し寄せてきている。一体いくつ子だよ!!ネロによって門の扉は閉じられ、飲み会はおひらきになったはずだが、なぜかまた現れている。酒飲みの成せる執念か。今度はよりちょろそうなダンテを狙うも、あまりの周囲の酒臭さにばれてしまい、パンドラでまとめて虐殺された。ちなみにギャグマンガ日和に擬音として登場している。
エキドナ
森にすむ女王様な悪魔。人の様な花の様なDRAGONの様なよくわからない生命体。エロエロな性格で、子作りをしようとネロやダンテを襲うものの、ガキなネロには逃げられ、ダンテには下の方ではなく本物の銃で撃ちぬかれる最期を遂げる。女性と言えども、悪魔に対しては厳しい狩人であった。

歴史[編集]

1から始まって好評を得たが、2にて大暴落する。しかし3にて大逆転を果たす。で、流れで4も。重厚さの1、魅せるプレイ・爽快感の3、鈍重、弱体の2という位置づけであろう。が、一部ながらも2の他のシリーズ作品に比較して容易な(特に回避)操作性を評価する声もある。

2の評価が芳しくない原因として挙げられるのは次の通り。多分、その理由の大半はモッサリッシュ剣アクション・・・・・・。

  • プレイヤーキャラクターを二人にしルシアをスピードタイプと位置づけたことでダンテの近接戦アクションがなんとも爽快感に欠けるモッサリ感あふれたものになってしまったのだった。
  • 剣戟の弱体化。攻撃力が低い上に遅い。よって、必然的に銃撃メインの戦闘方法になる。ゴロゴロバンバン。
  • しかも中盤あたりからダンテ編で手に入るサブマシンガン(2丁)でさらに射撃偏重ゲー化。「剣だって?ハッハー、これ(ばかり)でもくらいな!」状態に。
  • 異様に視点が引いたカメラワークの場所があり、こちらの攻撃アクションが判りにくくなってしまうことがある。
  • 最後のボスは避けるパターンが読みやすく、銃撃と避けの繰り返しで比較的楽に攻略でき弱めに感じてしまう。
  • ダンテの性格の変更。寡黙で敵の挑発をしないなど、軽いノリがなくなっている。本当に同一人物か?ただし、こちらのダンテの方が良いという声も。四十代との噂もある。4よりも若く見えるのは気のせいか?
  • 偏った隠し要素。ダンテには真魔人があるがルシアにはない。代わりに魔力無限の「スーパーモード」を入れるべきだったろう。スパーダコスはどうした。

上記の点から公式にはシリーズ作品扱いされているもののファンには黒歴史とされている。それなのに金儲けに走るカプコンはあろうことかPS3箱○でリマスター版として出ることになった。どうしてこうなった。

4のテーマソングには156cmと愉快な仲間達が起用されている。曲名は「飲み下し」。身長が156cmしか無いhydeが190cm強のダンテの気持ちになって歌詞を作ったという。[1]ちなみに作曲者のソロCDが1作目の付録に付いてた。

プレイスタイル[編集]

最新作(特に名倉ダンテ)に頭を抱えるファンの皆さん

剣と銃が基本だが、3以降ではスタイルが追加された。極めると、え? こんなんアリ? どうやんの? ってぐらい凄いアクションが見られる。

初代
  • フォースエッジは何故かスティンガーが使えない。そのため、アラストル入手後は用済み。形見の剣も形無し。3ではキーアイテム扱いなのに・・・・・・。
  • イフリートは敬遠しているという人も、炎に弱そうな奴には良く効くので試してみよう。驚くほど違ってくるから。
  • 伝説の剣、スパーダもアラストルとデビルトリガーで事足りるという理由で殆ど使われない。伝説なのに……
  • 敵の動きを止めてしまう時の腕輪は、シャドウに使うと動きは止められるもののダメージは与えられない。
  • 1はスコア判定方法が2、3と異なるため比較的高ランクが狙いやすい。
DMC2
  • ダンテは剣よりもまず射撃系のメイン武装のパワーアップにレッドオーブを注ぐことである。ゴロゴロバンバン強し。
  • 真魔人は驚くほどの攻撃力とダメージ無効化を誇る。攻略に苦労する場面ではあえて体力をギリギリまで減らして真魔人で速攻突破を狙う手もあるだろう。
DMC3
  • ベオウルフの攻撃力増強効果はベオウルフ以外の攻撃にも反映される。例えば、ロイヤルガードとか。
  • たとえスーパーモードでもトリガーバーストを使ってしまうと魔力は減ってしまう。(SEのSスパーダコスは使い放題)ご利用は計画的に。
DMC4
  • スナッチ・バスター強すぎ。空中の敵を上手くつかんで回ると空中移動テクも使える。
  • ネロよりダンテの方が攻撃力が高めに設定されている。が、スナッチに慣れてしまうと飛ばした相手を追いかけてコンボをするのに嫌気がさすことがある。
  • 途中で閻魔刀をネロもダンテも使えるようになる。つってもネロは直接使えないんだけど。ダンテは兄貴の見様見真似なのは分かるけど疾走居合くらい使ってくれよ!

PSP版も製作予定だったが発売中止になった。まぁカプコンだし仕方ないか。

最新作が発表されてはいるが、内容が内容で、ダンテも今までのダンテとは全然違うという理由で反対署名まで起こった始末。まぁカプ(ry

関連項目[編集]