デビッド・クルサード

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「デビッド・クルサード」の項目を執筆しています。
デビッド・クルサード(David Coulthard)は、F1で活躍しているイギリススコットランド出身のF1ドライバーである。公式の略称はDCであるが、イギリスでは食パンと呼ばれている。一般的にはそのまろやかな性能からぺヤングのあだ名[1]で親しまれ、1994年以来ずっと愛され続けている。
ペヤング先生クルサード。2chからも絶大な支持を受けている

ペヤング略歴[編集]

F1参戦[編集]

もともと持てるポテンシャルが高く、マクラーレンによって次々にまろやかなバージョンアップがかけられた。そして1994年、ウィリアムズのテストドライバーに選ばれる。テストミサイルになったと思ったら、ウィリアムズにいた音速の貴公子が魔の週末で大破、逝去し急遽後釜として据えられることになった。(実質の後釜はヒルであったが)期待に答えるように、まろやかな走りで活躍するが何としても他を撃墜したいウィリアムズは、旧型の髭ダルマを使用する。この状況に嫌気を感じたクルサードは2年でウィリアムズからマクラーレンへとまろやかに身売りをする。

セコンド時代[編集]

マクラーレンに身売りをすることとなったクルサードだが、マクラーレンでも相当不遇な状況に置かれた。まろやかにチームの底力を上げたのはクルサードなのだが、美味しいところは皆恐妻家フィンランドの酔っ払いが持っていく、あるいはに撃墜されるかして活躍の場所を失ってしまう。しかしそれでもいくつかのレースではいつの間にかまろやかに勝利しているのだが誰も気にしていない

そのかわりにまろやかさは熟成されていった。その後、まろやかではあるが縁の下の力持ちのようなクルサードを、マクラーレンはいつしかジャマ者扱いをするようになる。そして、2004年にマクラーレンから捨てられてしまう。 (なお、2005年以降のマクラーレンは、酔っ払い暴れん坊という過激なセッティングで参戦し、F1を恐怖の渦に巻き込んだ。)

ランチセットの衝撃[編集]

2005年以降、レッドブルによるアップデートを受け、参戦を続ける。この移籍は一部のファンから「ぺヤングとレッドブルのランチセットが確立した」と評価され、更に2005年開幕3戦において、全てまろやかに撃墜ポイントを獲得したため、人々はこれを「ランチセットの衝撃」と呼んだ。明らかにマクラーレンによるセットアップより戦闘力が劣る状態が続いているが、まろやかな撃墜スタイルも相まってコンスタントに撃墜ポイントを持ち帰っている。

ぺヤングの魅力[編集]

何といっても、そのまろやかさが彼の一番の魅力である。まろやかなバージョンアップ方式、まろやかな撃墜方法、まろやかな披撃墜、まろやかなリタイア、まろやかな勝ち方、どれをとってもまろやかである。特に披撃墜時やリタイア時は、自らをできるだけ壊さなかったり、マーシャルに運んで貰いやすいようにマーシャルボックスの前で停止したりなどと、他に類を見ないまろやかさを彼は持っている。

また、自身のポテンシャルが高いことからか、自身に対してのろけた態度を取ることもしばしばある。それもまた彼のまろやかさの一端である。例としては、『ワールド・撃墜・チャンピオンになるまでは結婚しない』などがある。しかしそれが不可能となった今現在、まろやかにあっさりと結婚してしまうのだった。

今後の動向[編集]

2007年もまろやかに契約を更新。表彰台に縁が無かったものの、まろやかに年間ランキング10位と言うレッドブル時代最高位に付けた事が評価され、何とか2008年も正ミサイルの位置を獲得した。

この様な状況下故に、現役引退を危惧された参戦15年目となった2008年シーズン。前半戦こそ不運に泣かされ続け撃墜ポイントを大きく稼げなかったものの、大荒れとなったカナダGPではまろやかに2年振りの表彰台となる3位を確保。まろやかに『まだまだ現役である』事をアピールした。

7月4日、シルバーストーンサーキットにて今シーズン限りの引退を発表した。 だが世間の反応はまろやかである。

引退はするという先生だったが、アドバイザー兼テストドライバーとして今後は若手の教育とレッドブルとぺヤングのランチセットの売り込みに専念するというつもりらしい。

【2009年度ぺヤングのPRツアー】

2009年9月19日 大阪民国のお城前にてデモラン、大学生達が差し出したUFOにサインをした。デモランの際、エンジンがだばあした。

2009年9月22日 だ埼玉県のショッピングモールにてペヤング販売促進のためのデモラン。

2009年9月29日 燕の巣にて行われていた、屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツの試合中にペヤングとまんじゅうの販売促進のためのデモラン。


脚注[編集]

  1. ^ なお、フルネームはデビッド・マーシャル・クルサード(David Marshall Coulthard)と言うが、当人がまろやかな性格故に、どの様な略称で呼ばれても気にしていない模様。

1、ぺヤングと呼ばれるようになった真の理由は、レース中にどうしてもぺヤングが食べたくなり、   エンジンの熱などを利用して体内の小便で湯を沸かして食べたため。   ちなみに使ったお湯(小便)を自分の股間に垂れ流し容器をスーツ内に隠す事によって表ではお漏らしでごまかした 

関連項目[編集]

ビブ君.png この項目「 デビッド・クルサード 」は、ピット作業中です。
一刻も速くコースに復帰させるために給油とタイヤ交換をしなきゃ!さ、急いで! (Portal:スタブ)