デイリースポーツ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「デイリースポーツ」の項目を執筆しています。

デイリースポーツは、阪神タイガースを愛する熱狂信者のための機関紙である。

販売地域は信者数の多い関西圏だけではなく、ほぼ全国に広がっている。阪神が勝った翌日と負けた翌日とでは実売数が倍以上違い、さらに阪神が優勝した場合は発行部数を数倍に増やしても即完売となる。

1985年2003年2005年の優勝決定日の紙面は、多くの阪神信者にとって家宝となっている。

なお、デイリースポーツでも中国新聞印刷の広島版はタイガースではなく広島東洋カープの機関紙となっているが、これについて触れることは阪神ファンの間では禁止事項である。

概要[編集]

表向きのライバルチームである巨人にはスポーツ報知、真のライバルである中日には中日スポーツという、それぞれの親会社が関係した機関紙があるが、デイリースポーツは神戸新聞社の系列であり、球団との直接的な資本関係がない。にもかかわらず、阪神信者のデイリーへの忠誠心は非常に高いものとなっている。阪神信者は、他球団のファンと比較してヘソマガリで屈折した人間が多いとされているため、わざわざ球団の関連会社ではないところから機関紙を発行しているあたりが特徴的である。

前述のとおりほぼ全国で販売されているが、阪神の本拠地である関西阪神地域)よりむしろ、関東での売り上げが良好である。ちなみに、最近ではヤクルトの元親会社である産経新聞社発行のサンケイスポーツにその地位をおびやかされつつある、という記述が頭の堅い事典にあるが、それでもデイリーは負けない。なぜならば、暗黒の時代にも阪神ひとすじであったデイリーの恩を、阪神信者は忘れていないからだ。もしサンスポに走った者がいたとすれば、それは「にわか」である。 広島地方の阪神ファンは、いつか紙面の「デイリー」の文字の「ー」の部分に虎の尾が現れる事を願っている。

特徴[編集]

  • 阪神が勝った翌日は、紙面の「デイリー」の文字の「ー」の部分が虎の尾になっている。
  • オリンピックよりも阪神の記事を重視する。
  • 相撲八百長事件など、他紙のすべてに1面を飾る事件があっても、デイリーは阪神の記事を重視する。(終面に載せることが多い)
  • あまりにも阪神に片寄った紙面構成のため、同じ関西のオリックスに在籍していた当時のイチローはデイリーに批判的であったという。しかしこれは「信者向け機関紙」ということを知らないための発言であり、デイリーに非はない。
  • 内藤大助vs亀田大毅の世界タイトルマッチ前日の記者会見を、他紙が「亀田親子の挑発を内藤はスルー」「大人の対応」のに対し、デイリーだけが「亀田に圧倒されタジタジで声も出ない」という論調で報じたことで笑い者となる。しかしこれは、クライマックスシリーズの阪神関係予定稿作成で手が足りなかったために、他紙記者のポケットに入れた盗聴器による音声のみの取材を行ったためと思われ、デイリーに非はない。
  • 1面すべて紹介する朝ズバッ!生たまごでさえ全力を挙げて見逃す

出来事とデイリートップ記事[編集]

今日もデイリーは平常運転
  • 某有名騎手のG1勝利の翌日→新庄腰痛
  • 北京五輪でソフトボール日本代表が金メダル獲得→金本今季20本
  • 南アフリカワールドカップで日本代表がカメルーン代表に勝利→下柳結婚
  • サッカー日本代表無念の帰国→韓国の阪神オタクパク・ヨンハ自殺
  • なでしこ世界一→ブラゼル先制打
  • 世界陸上で室伏広治が金メダル獲得→4番変えず竜倒!新井甦れ
  • 箱根駅伝で東洋大圧勝→高校サッカーの市西宮、奇跡8強!公立の星が快挙
  • 澤穂希、バロンドール受賞→岩田、杉内に全部勝つ
  • ダル、メジャー入り決定→金本、全盛期
  • ダル、メジャーデビュー→予告先発は虎に有利や!
  • 北島ロンドン五輪決定→和田、足攻でヤ倒
  • 森光子死去→藤浪当てた開運グッズ発売
  • サッカー日本代表5大会連続W杯進出決定→藤浪の本音V争いの中で勝つ
  • マー君、日本新21連勝記録樹立→西岡、連日猛打賞
  • 本田ミラノデビュー→福留、倍返し誓う
  • マー君、ヤンキースへ移籍決定→藤浪、宜野座オレ流調整プランへ万全
  • マー君、ヤンキースでの背番号19に決定→オ・スン会で若虎をおもてなし
  • ラグビー日本代表、歴史的勝利→猛虎 意地の8点圧勝 ←NEW!
  • ヤクルト、14年ぶり優勝!!真中7度宙に舞う→金本新監督への交渉難航、決裂も

関連項目[編集]

ExSport.png この項目「デイリースポーツ」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)