テンプレート:秀逸な記事

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

風が吹けば桶屋が儲かる』(かぜがふけばおけやがもうかる)とは、一陣の風を巡って巻き起こる人間模様を緻密な描写と大胆な構図で描き出した問題作。

この作品によって多くの社会問題が浮き彫りとなり、日本は崩壊の危機に陥ったが、勇敢な人々が全国各地で始めた地道な活動が全国規模の一大ムーブメントとなり、最終的には桶屋が儲かった。

このような出来事が順番に起こらないとも限らない。

風が吹く 砂が舞う 眼に入る 失明する 三味線弾きが増える 三味線が大量生産される 三味線に猫の皮が使われる 猫が捕らえられる 街から猫がいなくなる ねずみが増える 不二家の工場をねずみが走りまわる 不二家がエクストリーム・謝罪に参加する……