テンプレート:ポケモン解説

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事は、他言語版のアンサイクロペディアから翻訳されたものです。

このページは、ポケモンのコンテンツを形成するのに使用してください。あなたがこのページを編集しているなら色が正しく表示されるように、リンクは必ず[[リンク先|<span style="text-decoration:underline;color:{{{2}}};">リンク名</span>]]で作成してください。

ポケットモンスター {{{1}}}[編集]

ポケットモンスター {{{1}}}
POKEMONbright.jpg
開発元 任天堂
発売日 検閲により削除
ジャンル 子供向け
対応機種 DS
ランク {{{1}}}
オスカー・ワイルドはプレイしたことがある? これは紛れも無い名作だ。

生物兵器「ポケモン」を巡るヤクザの抗争とそれに巻き込まれていく主人公の物語である。基本的に主人公目線で話が展開される。今作は、今まで作中で語れなかった赤の真実がメインテーマであり、サブ作品として今までの謎(血)を洗い流すという意味がある青の2種類が発売された。

かつて関東一帯を制覇したオーキド博士は味方であったロケット団の裏切りにより一田舎までおいやられていた。オーキドは再び関東奪還を目指し151体の実験体を作り出す。それがポケモンである。ポケモンは実戦に投入され瞬く間に効果を上げるが、制御が利かず徐々に野生化し生態系を荒らしていった。ロケット団はポケモンの脅威を感じ、幽霊会社となっていたシルフカンパニーで制御装置である「マスターボール」の開発に乗り出す。

関東各地でもポケモンによる被害は拡大していった。ポケモンの被害を防ぎ調教する人々は、人々から尊敬の意をこめてジムリーダーと呼ばれるようになってゆく。オーキド博士はこの有事を乗り切るべく愛人の子供である主人公と、自分の娘との子であるライバルに図鑑完成を名目にしたジムリーダーの無力化、ロケット団壊滅、そして新興勢力である四天王の打破を依頼するのであった。全てを実行した主人公とライバルは、「ミュウツー」と呼ばれる人類の悪魔と激突することとなる……