ティファニー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ティファニー」の項目を執筆しています。

ティファニー(英名:Tiffany & Co.)は、世界的に有名な宝飾品ブランド。シルバーアクセサリーに特化している。1837年にアメリカで創業され、今日では、ロンドン東京など世界の大都市に直営のブランドショップを持っている。

カルティエ、ハリー・ウィンストン等の同業他社と共同で展開

ティファニー効果[編集]

ティファニーブランドのうちもっとも典型的なアクセサリーは、丸みを帯びたハート型のペンダントである。女の子らしく、飽きのこないデザインでもある。またティファニーは世界のどこに行っても名の通った有名ブランドである。こうしたことから、女性に贈って嫌な顔をされることがないという素晴らしい特徴を持っている。

女性にプレゼントする際に「外したくない」という気持ちが強まるクリスマスホワイトデーにとくに重宝する。また告白の際に用いれば確実に成功率が増す。プレゼントに迷ったら手堅くティファニーというのは良い選択だろう。

ティファニーの落とし穴[編集]

と言われているものの、ティファニーは万能ではない。むしろ以下の落とし穴に注意すべきであろう。

まず女性にはゴールドが似合う女性とシルバーが似合う女性がいる。ティファニーはシルバーのブランドであるから、ゴールドが似合う女性に贈っても似合わないのである。デザインの可愛らしさで補っていると言われるかもしれないが、ピンクゴールドで可愛らしいデザインのジュエリーをデザインしているブランドはいくらでもあるので、実はそのようなものをプレゼントしたほうが一層喜ばれるのである。

またティファニーは無駄に値が張ることが挙げられる。そもそもティファニーでよく用いられるスターリングシルバーは材料も加工賃もそれほど高くないのである。この小さなブレスレットで3~5万円とはもはや詐欺の部類に入る。そのお金があるならゴールドのアクセサリー(探せばその価格帯からでもダイヤモンド入りも存在する)も買うことができるし、プラチナにも手が届く。たとえシルバーが似合う女性でも、シルバーとプラチナなら断然プラチナのほうが喜ばれるに違いない。

ティファニーの実情[編集]

このようにティファニーとは、単に「とりあえず」で購入されることが非常に多い。その原因としてとくに購入者の男性の不勉強が挙げられる。宝飾に無知な男性諸氏でも、2,3のデパートを回れば、4℃フォリフォリスタージュエリーくらいは覚えられるはずだ。そういったブランドも見て品定めする男性は、ティファニーはまず選ばない。

ティファニー購入者の多くは、女性にプレゼントするのは初めてだし、アクセサリーってどこでなに買えばいいかわからないし、でとりあえずティファニーで購入してしまうのだ。そんなわけでむしろいい人タイプが多い。そんな彼らを、直営ブランドショップの重厚な扉とエレガンスな店舗が迎えるのはなかなか酷な話である。怖気づいて帰ってしまう人もいる。しかしいい人が入りやすい店にするとブランド力が失われるので、店舗レイアウトを買えるわけにもいかず、ティファニー社側も悶々としているのである。

なおこれとはまったく別のタイプとして、女性がアクセサリーに無知なことを利用する者もいる。女子高生女子大生と遊びたいと考える者にとっては、なにも考えずに調達できるティファニーは格好の餌となる。しかしもらったほうは世界のティファニーブランドをもらったと有頂天になってしまうのだから哀れなものである。

関連ブランド[編集]

The KISS
高校生大学生カップルがペアリングを買いに訪れる店。これもナントカのひとつ覚えの女性が喜ぶブランドである。目の肥えたカップルはペアリングが欲しくてもまずこのブランドは選ばない。
ゴディバ
ホワイトデーのお返しに贈るととりあえず女性が喜ぶであろうチョコレートブランド。ただお洒落な男性が本命女性に対して贈る場合もある。プレゼントはそこそこに、余ったお金で夜景の綺麗な高級レストランを予約しようという考えだが、ティファニーをプレゼントして自己満足するよりよっぽど賢い。
バーバリー
男性にとりあえずプレゼントするときに重宝するブランド。バーバリーのハンカチなら普段も使いやすいので、ティファニーと違って年配やお洒落な相手に贈ってもそこそこ喜ばれたりする。なおデパート内で無駄にショップに高級感を持たせている点ではティファニーと共通する。

外部リンク[編集]

実際はスターリングシルバーだけではない。隅々まで探して相手に似合うジュエリーを選ぶなら悪くないかもしれない。