ティッシュペーパー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ティッシュペーパーとは、主に男性の肉体の一部から射出分泌される生殖に不可欠な粘液の分泌促進に運用されると共に、分泌後の粘液処理にも使用される極めて合理性有用性の高い消耗品の1つである。 一般では略称として「ティッシュ」と呼ばれることが多く、鯖が傷まない様以下の文章では「ティッシュ」で統一することとする。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ティッシュペーパー」の項目を執筆しています。

概要[編集]

製造元及び販売ルートなどにより多少の差は存在するものの、一辺20㌢前後の薄目の紙2枚により構成されている。紙製であるにも関わらず、その肌触りは高価な布地並みに極めて良好で、粘膜などの脆弱な部分を除けば人体に悪影響を与える危険性はほとんど存在しない。吸水性も非常に優れており、体積比で10倍以上の水分を吸収保水することも可能。

一方で、紙の繊維の組み合わせによりその強度はずば抜けており、通常時でも充分な強度をもっているが、折りたたんだり捻ったりすることにより繊維の方向を複雑に絡み合わせ更にその強度を増加させる事が可能であり、鋭利な刃物なしでは切断不可能とまで強化することもできる。また本来、紙は水に著しく弱いという特性をもつが、ティッシュの多くがその吸水性保水性をより高める為、水に濡れた後でもかなりの強度を維持し続けることが可能となっており、状況によっては、水を含んだ状態の方が強度が増すという現象も確認されている。

これらの極めて高水準といえる性能は、全て円滑に男性からの粘液の分泌運動を助けるために作り出されたものだが、その高性能故に他用途にも有効なことが認められ、以降、清掃や化粧、衛生処理など日常生活に不可欠なものとなった。このおかげで、それまで気恥ずかしい思いをしてティッシュを購入していた男性も、表向きは日用品として購入が可能になり、残り枚数を気にせず、思う存分、分泌活動に集中できるようになったが、近年このことが少子化に拍車をかけている要因ではないかという説がもちあがっており、特に社民党からの突き上げが大きくなっている。

使用に関して[編集]

一応、建前及び製造元の社会的評価の問題として「なんでも屋さん的な白い紙」となってはいるものの、やはり実際的には男性の粘液分泌活動の促進と処理において多用愛用されている。

市販されているものは、据え置きを前提にしたBOX収納タイプと、携帯を重視した小型パッケージタイプがその多くを占めるが、サイズや容量、品質の問題からBOXタイプを愛好する者が多い。ただし、これはあくまで比較的な意味にすぎず、BOXタイプのソフトな触感に物足りなさを感じたものが、パッケージタイプに転向するケースも少なくない。

なお、小型パッケージタイプは前などでよく広告付きで配られている。その広告内容は、サラ金からアーン♥♥にいたるまで実にさまざまである。ティッシュに限っては、配られたものだけで生活している人も確認されている。

通常は、4枚前後を重ねて使用する事が多い。これは分泌された粘液を確実に吸収しきるための保険的な意味合いが強く、極端な話1枚でも使用可能である。ただし予想の範囲を超える分泌活動が起こった場合、その吸収能力に関して100%の保証はできないため、メーカー側は4枚以上での使用を推奨している。

ティッシュはそれ自体でも、優秀な粘液分泌促進器具であるが、蒟蒻や調理後意図的に時間を経過させたカップラーメンなどと組み合わせる事により、単品とは違ったアプローチによって分泌を促進させる事も可能であり、今後も研究開発は進められていくものと考えられている。

その他の使用法[編集]

しつこいようだが、紙とは思えないほど高性能故に実に広範囲で使用されており、理論上は船や1階建て家屋の製造も可能とされている。ここでは比較的一般的な使用法に限定して紹介する。

  1. 女性が自分自身の肉体特に生殖器官に対して、アーン♥♥の前戯に該当する行為を行った場合に分泌された愛液の処理。
  2. 子孫を必要としないが生殖活動は行いたい男女によるアーン♥♥によって分泌された精液の処理(中出しや顔・胸射ち)。
  3. 子孫を必要としかつ別の意味でも生殖活動を行いたい男女によるアーン♥♥によって出た精液を含む、コンドームの処理。
  4. 子孫の事は全く考えていない上にとにかく生殖活動を行いたい男女によるアーン♥♥によって出た愛液の処理。
  5. 子孫の事は多少頭の隅にあるがとりあえず生殖活動等を行っておきたい男女によるアーン♥♥によって出た潮吹きの処理。
  6. 子孫の事などどうでもいい男同士の不毛な絡み合い後の処理。
  7. 子孫の事などどうでもいい女同士の不毛とは一概に言い切れない絡み合い後の処理。
  8. 鼻血および吐血時の処理。
  9. 肉体にて直接叩き潰してしまった、蚊やハエやGKBRなどの処理。
  10. 花粉症発症時における分泌物の処理。
  11. 青春の汗の処理。

これらはあくまで一例にすぎないが、前述したように高性能故の日用品化によりその活用範囲は極めて広すぎるため、ここでは割愛する。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「オナニー」の項目を執筆しています。


Abe いいこと思いついた お前 テンプレ貼った この項目「ティッシュペーパー」に加筆しろ
男は度胸 !  何でもためしてみるのさ きっといい文になるぜ
ほら遠慮しないで 書いてみろよ (Portal:スタブ)